誰にも話せない話

location:福岡県糸島市島久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから撮影した風景です

この日の雲はすごく綺麗だったので空を目いっぱい入れてみました

なかなかイイ感じの雲に出会えないからこんな雲に出会えるとテンション上がります

また会いに行こう

そして話は変わりますが

ボクは子どもの頃に「タケノコ」は「竹の子ども」で大きくなったら竹になると思っていました

そんな感じで「キノコ」は「木の子ども」で大きくなったら木になると思っていました

「○○ノコ」というのは全部そうだと思っていたので「カズノコ」も「カズ」って魚の子どもと思っていました

子どもの頃は本当にバカやった~

あまりに恥ずかしくてこのことは一生誰にも話せない

あっ...

それではまた

原料が面白い

location:福岡県糸島市白糸

糸島からお届けしています

今日の写真は白糸の滝ふれあいの里で撮影してきました

今年の紅葉はいつもに比べてかなり遅いような気がしてます

例年の今頃はかなり紅葉して葉が落ち始めている頃なのですがまだ緑のところもあります

ここ最近ずっと暖かかったからかなぁ~

そして話は変わりますが

明日くらいから一気に冷え込んできそうです

だんだんと寒くなってきて暖かい食べ物が欲しくなる時季がやってくるようになりそう

おでんや鍋が欲しくなる季節なのですがマクドナルドが毎年期間限定で販売するアレがもうそろそろ始まります

その期間限定商品とは「グラコロ」のことです

毎年この寒い時期になるとCMや広告で目にして食べたくなってしまいます

アツアツでトロ~ッとしてめちゃ美味しいです

バンズにはさんであるグラタンコロッケだけ大量に食べたいと思うほど美味しい

その「グラコロ」なのですが、よ~く考えてみたら原料となるものがすごく少ないんです

グラコロの上から順に原料が何か考えてみたら面白かった

では行きます

上のバンズの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの中のクリームソースの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの中のマカロニの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケのパン粉の原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの下に敷いてあるキャベツはそのまま「キャベツ」

最後に下のバンズの原料は「小麦粉」

グラコロの原料のほとんどが「小麦粉」で出来ている

小麦粉を全て変身させてあんなに美味しい食べ物にするマクドナルドは素晴らしい

言い換えると「原料は小麦粉キャベツバーガー」

絶対売れんわなぁ

そんなグラコロがもうすぐ発売になります

去年は食べれなかったから今年は食べたいです

それではまた

是非 確認を

location:福岡県糸島市篠原

糸島からお届けしています

今日の写真は篠原の畑から撮影しました

コスモスも時季が終わろうとしていますが、ここのは頑張っています

そして薄いピンクのコスモスより白いコスモスが沢山咲いていました

白いほうが透明感があってイイ感じに

また白いコスモス探してこよう

そして話は変わりますが

確認することでラッキーがあるかも知れない話です

いつも使っている小銭の事なのですが数十倍に化けるものがあるようです

それは「昭和62年の50円玉」

この昭和62年の50円玉は発行枚数は少なく希少な50円玉だそうです

材質の違いでプルーフ硬貨と白銅貨とあるらしくプルーフ硬貨の方が価値があるそうです

未使用の状態が一番価値があるらしく50円玉一枚が数千円に化けるらしい

ただ未使用の状態で手に入ることはまず無いので普段の小銭の中から昭和62年を探すくらいしか出来ないと思います

普段使っている小銭レベルの状態でも数百円~千円程度にはなるそうなので確認はした方がいいかも

上手くいけば50円玉が10枚で一万円になる可能性も大です

そのことを教えてもらって早速小銭入れを確認してみたら50円玉自体が無かった~

これからはお釣りをもらう度に確認して昭和62年の50円玉を探します

そして10枚ほど貯まったらコインショップに行って買い取ってもらいます

買い取ってもらった金額を全部50円玉に両替してまた昭和62年を探します

こうやってお釣りを確認して買い取ってもらって両替してを繰り返したらお金持ちになるかも

そうやって増やしたお金でフェラーリ買おっかな~

頑張るぞ

イヒヒ

それではまた

睡眠不足

location:福岡県糸島市瑞梅寺

糸島からお届けしています

今日の写真は糸島の水源の瑞梅寺ダムです

ここのダムの周りも少しは紅葉してるかと思って言ってみたけどまだでした

今年の紅葉は全体的に遅いような…

もう少し寒くなってまた行ってみます

そして話は変わりますが

ボクは昔、完全な夜行性動物だったのに歳を取ると真逆になりました

朝がめちゃ強いんです

そして夜が弱い

毎朝勝手に5時頃に目が覚めて起きて動き出してしまいます

ですがここ最近は夜寝るのが少し遅め

ボクの中ではかなり遅い方なのですが1時くらいまで起きてたりします

それでも朝は5時に起きてしまう

なのでこれが続くとだんだんと睡眠不足になってバカが更にバカになっちゃいます

バカ → 大バカ → 超バカ → スーパーバカ → ハイパーバカ → 仏

こんな感じで進んでいきます

最近ちょっと寝不足なので今日は早めに寝ようと思います

それではまた

食用花は食べるのか

location:福岡県糸島市志摩小富士

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩小富士の通り沿いのヒマワリを撮ってきました

ここにもヒマワリ頑張ってます

前からここはヒマワリが冬になるまで咲くところ

ずっと咲いていられるのは何か訳があるのか気になります

そして今日の話しは食用花のお話

先日お客さんと夕食を一緒にすることがありました

プチ接待みたいなものなのですが

そこで刺身の盛り合わせや単品料理をいくつか注文しました

そして飲みながら仕事の話をしていて刺身の盛り合わせのお皿が空いたのでお店の人から「こちらお下げしてよろしいですか?」と聞かれました

ボクは普通に「お願いします」と言ったのですが一緒に飲んでたお客さんが「あっ!ちょっと待って!」と言って刺身のツマのワカメとタンポポみたいな黄色い花をサッとお皿に取りました

その取ったお皿には緑色のワカメと赤紫色のワカメとタンポポみたいなのが2個あります

「なんでお花まで取るんだろう?」と思ってみていた次の瞬間、タンポポみたいなのをちょっと醤油つけてパクッと食べちゃいました

「ゲ~~~!食べた~~~!」と見てビックリ

そのまま見ていたら2個目のタンポポみたいなのをパクッとまた食べました

思わず「その花っていつも食べるんですか?」と聞いてみたら

「出てきたら普通に食べますよ」とのこと

ちなみにそのお客さんは東京から来ました

「福岡では食べないですか?」と聞かれたので「今まで食べてる人みたことないです」と答えました

「これは食用花だから普通食べますよ」と言ってました

普通にタンポポに見えるんやけど…

食べれないことはないだろうけどボクはちょっと遠慮しとこうかなって感じです

そもそも福岡で食べている人を見ないからお店も「まさか食べないやろ~」と思っている気がします

だからあのタンポポみたいなの綺麗にしてあるのかなぁ~とちょっと不安です

でもお客さんは目の前で食べちゃった

食用花は聞いたことあるけど刺身の盛り合わせで付いてくるタンポポみたいなのは普通たべるのかなぁ~

お店によってだけど冷酒を頼んだらガラスの急須みたいなので持ってきてくれて中にお花が入ってる時があるけど、あのお花も引っ張り出して食べるのかなぁ~

地方によって文化が全然違うからよく驚かされます

その日はすごくギャップを感じた接待でした

それではまた

ミシュランガイドをゲット

location:福岡県糸島市篠原

糸島からお届けしています

今日の写真は3日前に篠原で撮った写真です

まだここのヒマワリは元気に咲いていました

もう冬至も過ぎたというのに…

でもこれだけ頑張ってくれると見ていて元気がもらえます

ボクも頑張らなければ

そして話は変わりますが

ドラマ「グランメゾン東京」でミシュランガイドが気になっていたところで今日それを運よく入手しました

ボクが入手出来たのは「2019ミシュランガイド 福岡・佐賀・長崎 特別版」というやつです

その中で糸島のお店を早速見てみたところ3件載っていました

残念ながら料理の評価でミシュラン星を取ったお店は無かったです

だけどビブグルマンとミシュランプレートを取っているお店がそれぞれ1件ずつありました

それと旅館で紹介され快適度が5段階中「3」をもらっているところが1件ありました

この旅館の快適度は、

5:豪華で最高級

4:極めて快適

3:特に快適

2:快適

1:適度な快適

となるそうです

どれもすごいことだと思います

先ほど書いたビブグルマンとミシュランプレートのことを説明します

ビブグルマンは「価格以上の満足感が得られる料理 良質な食材で丁寧に仕上げており、5,000円以下で楽しめる」となっています

ミシュランプレートは「ミシュランの基準を満たした料理 適正な食材で作られている」となっています

そして料理の評価とは別で付くのが「快適度」です

旅館やホテルは5段階で評価されます

これらの評価が付いてミシュランガイドに載るということだけでも十分すごいと思います

それではそのミシュランガイドに載った糸島の3件を紹介します

【ビブグルマン】

手打蕎麦すみくら : 糸島市二丈吉井3729-1

【ミシュランプレート】

そば処山崎 : 糸島市二丈松国102

【旅館 快適度3】

僧伽小野一秀庵(さんがおのいっしゅうあん): 糸島市志摩久家2143-2

どちらも行ったことがな~い

なので是非今度食べに行きたいと思います

今日はミシュランガイド2019に載っている糸島のお店の紹介でした

それとミシュランと食べログなどの評価の違いも面白い

それではまた

ガチャピンとムック

location:福岡県糸島市志摩岐志

糸島からお届けしています

今日の写真は姫島と糸島を結ぶ市営渡船「ひめしま」です

糸島唯一の離島である姫島へ行くにはここ岐志漁港から出ている「ひめしま」に乗っていきます

ボクはまだ一度も姫島へは行ったことが無いので近いうちに一度は行ってみたいと思っています

そしてこの船に乗りたいです

話はいきなり変わりますが

今日もくだらな過ぎて意外と知られていない話です

子ども向けテレビ番組の「ひらけ!ポンキッキ」に出ていたガチャピンとムックの事なのですが、あの二人は仲良さそうにしていますが友だちではないんです

あの二人は実は師弟関係なんです

ガチャピンが師匠でムックが弟子です

何についての師弟関係なのかは分りませんが…

二人は師弟関係なのでムックはガチャピンに敬語で話しますが、ガチャピンはムックに敬語で話しません

その二人の会話をテレビで観たときに「何でムックだけ敬語で話すんだろう?」ということから調べてみたことがあったので知ってました

それを調べてみた時に結構面白いことが分ったので紹介します

ガチャピンは何かの生き物から設定されたのですが、それが何かというと恐竜です

そしてムックの設定は雪男です

それらが何故それらになったかは分りません

そして年齢は二人とも永遠5歳です

それと調べていて一番興味深かったのは二人にはモデルとなった人物がいるんです

それは誰かと言うとガチャピンのモデルはビートルズのポール・マッカートニーです

そしてムックは同じくビートルズのジョン。レノンなんです

それを知ってガチャピンとムックを観たときにかなり納得してしまいました

今日もくだらない話してすみません

ガチャピンとムックのお話でした

それではまた

ニセハッピパウダーのレシピ

location:福岡県糸島市加布里

糸島からお届けしています

今日の写真は加布里の海岸から撮影しました

今回はホワイトバランスで青紫がかった色調にしてみました

この色がすごく好きだけどちょうど良くこの色に久しぶりになってくれました

そして話は変わりますが

今日は会社であることを教えてもらって検証したことを紹介します

それはハッピーターンの粉「ハッピーパウダー」の作り方です

正確には「ニセハッピーパウダー」の作り方です

教えてくれた人はお餅を焼いて、そのニセハッピーパウダーをかけて食べているそうです

まずはそのレシピから

砂糖:20g、塩:6g、コンソメ3g、コーヒーに入れる粉ミルク:3g、味の素:1gです

それらを全部すり鉢に入れてゴリゴリします

もしミキサーがあったら楽です

それで完成~~

実際にニセハッピーパウダーを味見してみたらかなり本物に近いと思いました

もし興味がある人は是非作ってみてください

何にかけて食べるかはみなさん次第ということで

ボクはハッピーターンにかけてるかなぁ

それではまた

確認は大事です

location:福岡県糸島市白糸

糸島からお届けしています

今日の写真は白糸の山中から撮ってきました

紅葉もやっと色づき始めて赤と緑が混じってます

全部が真っ赤になるよりは緑と混じった紅葉も綺麗です

竹との相性もイイ感じです

また観に行ってきます

そして今日の話は確認は大事思うことがありました

確認を怠って手を抜いちゃダメですね

ホントに反省です

先日息子様から来週発行されるマンガ本をAmazonで買ってくれと頼まれました

ボクがAmazonのプライム会員になっているのでよく頼まれます

そしていつものようにマンガのタイトルを聞いてポンポンポンと先行予約して発行日に届くように注文しました

すると確認のメールが送られて来てちゃんと注文できているかチェックして終了

だけど今回は「いつもの通りだから大丈夫だろう」と思い確認のメールをチェックしなかったんです

そして数日が経ちスマホに溜まった必要ないメールを削除しようとしました

そして先日確認のメールが来た内容をふと見てみるとお届け先が自宅じゃないんです

「げっ間違えとる~~」

Amazonでこのマンガ本を買うひとつ前に友だちの誕生日祝いにビールを1ケース買って友だちの自宅に送るようにしてたのです

なので今回は前回の送り先と同じにしてマンガを注文してました

そのマンガは先行予約だったので運よくキャンセルできたので良かったです

先行予約じゃない本だったら今頃は友だちの家に訳の分らないマンガが送りつけられていくことに

しかも送り先は友だちの家で送り主はAmazon

どこにもボクの名前は出てきません

たぶん友だちは「あれ?私は何でこんなマンガ買ったんやろう!!酔っ払ってポチッたか!!」と注文履歴を必死に確認することになってたと思います

そしてボクは息子様から「まだマンガ届かないんだけど」と言われて初めて送り先を知って友だちに連絡してたと思います

やっぱり確認をちゃんとして注文しなければと反省です

そしてせっかくAmazonが確認のメールを送ってくれるんだからちゃんと確認しなかったのも反省です

便利になった世の中なので確認くらいはちゃんとせねば

そういえば前にもあったなぁ~

家庭で使う消耗品をAmazonで買って何故か毎月送るように設定してしまって毎月毎月送られてきたことがありました

その時も反省したんだけどなぁ~

これからもAmazonでちょくちょく買いものするので気を付けよ~

それではまた

死語が早い

location:福岡県糸島市白糸

糸島からお届けしています

今日の写真は白糸の滝です

久しぶりに紅葉の状況の確認をかねて行ってきました

マイナスイオンが出まくりでめちゃくちゃ気持ちよかったです

そして今日の話は、死語になるのが早すぎるということです

先日おどろくことを聞きました

仕事である会話の中でボクが「それ、ヤバくない?」と話したときです

その時に言われたのが「ヤバイってもう死後らしいですよ!」と部下から言われました

「ウソやろ~、めっちゃ言いよるぞ~」って言ったら「めっちゃ、も死後らしいですよ」と言われました

マジか~~~

その部下の娘様が高校生でよく自宅で「それ死語」と指摘されるらしい

他にも「超」も死後らしく若い人は使っていないそうです

ボクは明日から何語で話せばいいんや

そしてそれらが死語になっているならボクが気づかず使っていて既に死語になっている言葉がめっちゃある気がします

あ、いかん、「めっちゃ」って書いちゃった

おそらくボクのキャプションは死語を使いまくってる気がする

でも十代の若い人がボクのキャプション読んでる気がしないのでボクはそのまま使おうかなぁ~

もしボクより年上の人から「それ死語やぞ」って言われた言葉から使わないようにしようと思います

そして新聞かニュースで「この言葉は今日から死語になりました」って教えてくれんかなぁ~

じゃないとボクはバカだから永遠に使い続けるので…

それではまた