一口目のコーヒーは戦い

location:福岡県糸島市志摩小富士

糸島からお届けしています

写真は志摩小富士の畑にポツンとある木です

前からずっと気になっていたので撮ってきました

こんな木の枝の先が細かくなっているところが昔から好きで木を見つけてはすぐ目が行ってしまいます

そして話は全く変わりますが

今日は仕事で用があって車で出かけました

その行きがけにコンビニでコーヒーを買うことに...

今日はちょっと寒かったこともありホットコーヒーを買って車に乗り込みました

家や会社でコーヒーを飲むときはコーヒーカップかマグカップでホットコーヒーを飲むのですがコンビにでホットを買うと紙コップか樹脂製のコップにつがれてテイクアウトします

そのコップに冷めないようにフタをします

そして飲むときにフタのちっちゃい飲み口をポチッと開けて飲みます

その飲み始める一口目が毎回怖いんですよね

あのちっちゃい飲み口が厄介です

最近のコップは良く出来ていてコーヒーを入れた後で手に熱さが伝わりにくくなっています

逆にそのことでコーヒーがどれくらいの温度かが持った感覚で分らない

そのコーヒーがめちゃくちゃ熱いのか、まあまあ熱いのか、ぬるいのか

なので一口目を飲むときにボクなりの戦いがあります

実はボクはちょっとだけ猫舌なのです

買ってすぐは絶対に熱いと思っているので買ってすぐは飲み口だけポチッと開けて飲みません

だいたい5分くらいはまずほっときます

そして飲み始めるのですが車を運転しているときには一口目は飲みません

一口目は絶対にドバッと口に入らないように信号待ちで慎重に飲みます

まず飲み口にゆっくりと口を持っていき、ほんとにゆっくりとコップを傾けます

そして心の中で「来るぞ~来るぞ~熱いのが来るぞ~危ないぞ~」と緊張しながら傾けます

その後、唇にコーヒーがついた瞬間にスッと傾きを戻します

そこでめちゃくちゃ熱くないのを確認してまたゆっくりカップを傾けて飲み始めます

何度もホットコーヒーをテイクアウトして飲んでますが未だにこんな感じの戦いが毎回あります

コーヒーカップやマグカップは平気なのにあのちっちゃな飲み口になると戦ってしまうんですよ~

誰かと一緒に車で出かけてあの飲み口からコーヒーを飲むときは人と会話してても頭の中は一口目のことで頭がいっぱいになります

ただ一口目だけなのでずっと続くわけではないのですが...

みなさんはあの一口目は全く問題なく飲めているのでしょうか?

あの一口目の戦いはボクだけなのだろうか?

ボクみたいに戦っている人いると思うのですが...

今度探してみます(笑)

それではまた