懐かしい駄菓子

location:福岡県糸島市二丈福井

糸島からお届けしています

今日に写真は二丈福井の海岸から撮影しました

毎回こんな感じの撮影をするとき「長靴履いてくるべきだった」と思ってしまいます

この撮影位置からほんとはあと2歩前に進みたかった

長靴だったら進めたんですよね~

そして話は変わりますが

昨日会社で昔よく駄菓子屋さんで買って食べた「すももキャンディー」をもらいました

子どもの頃に食べたっきりでずっと食べてなかったから懐かしくてたまりませんでした

そしてあのキャンディーが今でも売ってる事にビックリ

子どもの頃に駄菓子屋に行くといろんな駄菓子をチョイスして買ってましたが毎回このキャンディーは選んでました

口に入れた途端にホッペがキューンと痛くなるほど甘酸っぱくて美味しいんです

子どもにしてはちょっと大玉で半透明の白いキャンディーにピンク色の線が一本だけ入っているんです

なめていたらそのピンクの線のところが先に溶けて何故かそこの部分がカミソリのように薄くなって舌が切れて血が出るんです

毎回チクチク舌がしてちょっと痛いのにあまりに美味しいので毎回買ってしまうんです

そのキャンディを会社でもらって食べました

やっぱり口に入れた瞬間にキューンとホッペが痛くなり子どもの頃の記憶がよみがえります

食べ方が上手くなっているのか舌が切れることはありませんでした

でもあのキャンディーがまた食べられるとは

佐賀県にある中原製菓という会社が作っているそうです

今度お店で売ってたら大人買いして知り合いにばらまきたいと思います

それではまた

location:福岡県糸島市二丈福井