救急車のやりとり

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家にある二丈パーキングエリアから撮影しました

ここはサーフスポットで有名なのですが風がある日はウィンドサーファーもやってきます

観ててすごく気持ちイイ

サーフィンとはまた違った写真も撮れてイイ感じです

そして話は変わりますが、通勤中の出来事です

車を運転中に遠くのほうで救急車のサイレンが聞こえてきました

そのサイレンはどんどんボクの方に迫ってきているようでした

そしてミラーで後ろを見ると赤いピカピカが近づいてきています

その時ボクは車が離合出来ないくらい細い一方通行の橋の上で信号待ち

しかもその橋でボクの前に20台ほど信号待ちをしていてボクは最後尾でした■ついにボクの真後ろに救急車がピタリと停まりました

大音量でピーポーピーポーと鳴りながら真後ろにいます

「ゲゲゲ~、ボクが車を端に寄せても救急車通れんや~ん、何でこの救急車はここを通ろうとする~」と思いました

どうすることも出来なくて微妙に気まずい感じに

するとボクの前に並んでいる車がみんな一応少しだけ車を端に寄せ始めました

救急車が全く通れないのに

「一応気持ちだけ端に寄せとくね~」って感じです

ボクも気持ちだけ端に寄せました

救急車は絶対通れないのに

ボクも含めて信号待ちしている車みんな気まずい感じだったと思います

すると救急車自身も気まずい感じになったのかサイレンの音量をめちゃ小さくしました

小さい音でピ~ポ~ピ~ポ~と鳴ってます

何故だかひ弱な音でイ~ノ~イ~ノ~って聞こえます

そして信号が青に変わったのですが先頭の車は「救急車が来てるみたいだから端に寄せて停まっておかねば!」という感じでじっとしてます

なので青信号なのに全く進まず更に気まずい感じに

並んでいる車が何も動かない訳にもいかないと思ったのか更に端に寄せ始めました

全く救急車が通れないのに

すると救急車がスピーカーで「端に寄せなくていいから進んでくださ~い!」と言い出しました

先頭車にまで聞こえていないようでまだ端に寄せてじっとしてます

救急車は聞こえるように更にでかい声で「端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!」と連呼してます

それもボクの真後ろで大音量スピーカーで叫んでいるので鼓膜がやぶれそう

この状況で不謹慎ですがボクは車の中でこのやり取りに大爆笑してました

その後やっと先頭の車に状況が伝わって前に進み出し橋を渡り終えました

救急車はそれから猛ダッシュでボク達を抜き去り消えていきました

そのどうすることも出来ない状況で社交辞令的にみんなが端に寄せたのに、その社交辞令を蹴り飛ばすかのような救急車の「端に寄せなくていい」という言葉があまりにおかしくて

今朝の救急車よ~面白すぎるぞ~

それではまた