母の携帯電話

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

うちの母上の携帯電話すごいんです

なんと15年近く前から同じ携帯電話を使い続けているんです

もちろんスマホじゃなくてガラケーです

今まで何度も何度も「もういい加減に新しいのにしたら?」と話すのですが「これがイイ」と言って絶対に新しくしないんです

新しくしたら使い方が分からんとのことで変えないんです

使い方を教えると言ってもダメ

しかもその携帯には1年に数回しか電話がかかって来ないというもの

誰かから何かの用事があって連絡が入る時はほとんど自宅の固定電話に電話があります

そんな状態なので「携帯電話は要らんやろ」と聞くと「要る!」と言うんです

意味がわかりません

バッテリーなんて完全にイカれているので常にコンセントから電源を取って年に数回の携帯電話で話すときは電話は無線なのですが電源は有線です

携帯電話なのにコンセントの近くから離れられません

今時は家の固定電話もコードレスになっているけど母上の携帯電話は有線なんです

それでもあの携帯電話を持ちたがる

先日母上を病院に連れて行くことがあってコロナ対策のためボクは病院の駐車場の車の中で待機していました

そして「診察が終わったら電話して」と、あの携帯電話の持ち主ということをすっかり忘れて話しました

そしたらしばらくして母上が病院の広い駐車場を徘徊してるんです

すかさず母上のところへ行って「電話してって言ったじゃん」と言いました

すると母上は「あなたに電話しようとして携帯電話で電話かけたら1秒でバッテリーが無くなっちゃった」とのことでした

バッテリーが無くなったのでボクのスマホの電話番号を調べたくても調べられず「とりあえず駐車場に行けば何とかなるやろう」と思い徘徊していたそうです

それでもあの携帯電話を持ちたがる

あれはもはや携帯電話じゃなく何の利用価値も無いプラスチックのカタマリです

さてさて今後は出先でどうやって連絡を取ったらいいものか

新しい携帯電話が嫌ならポケットベルなら持ってもいいか今度聞いてみようと思います

それではまた