知らないところでの苦労

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

写真は芥屋にある黒磯海岸からの風景です

黒磯海岸というだけあって石が黒い(笑)

たぶんそこから名前を取ったんだと思います

そして今日はボクが知らないところで誰かが苦労してくれているという話です

久しぶりに博多の飲み屋の予約をしました

今週末の夜にお仕事の取引先の人と二人で食事をしながら打ち合わせをすることにしています

普段の接待のときは会社の誰かにお店を予約してもらってます

ただ今回は会社の人には知らせないで今後の取引の話をするので内緒で食事会をします

そのため自分でお店を決めて予約することに

数日前から「ここいいなぁ~」と見つけたお店3店決めていました

せっかくの食事会なので相手にいい気分でお酒を飲みながら食事をして欲しくて

そして「そろそろ予約しないと」と思い夕方になってお店に予約の電話をしました

まず一番お気に入りだったお店に電話

すると予約いっぱいでダメ

あら...

次にお気に入りのお店に電話

またもや予約いっぱいでダメ

あらら...

嫌な予感はしていたけど見つけていた最後のお店に電話

予感的中で予約いっぱいでダメ

あららら...

全滅です

それからというもの一気にネットで雰囲気がいいお店を検索して電話するものの全く空きがなく

「甘かった~、週末の雰囲気いい店は数日前くらいでは取れんのか~」

完全に甘く見てました

それから何とか希望の時間に予約が取れたのは、最初の3店を含めて27店目で予約が取れました

しかも個室は一切取れずテーブル席でやっとです

甘く見てたのもですが普通簡単に「お店取っておいて~」と、いろんな条件を付けて会社の人に予約してもらってたことに大反省

ボクが頼んだ条件でお店を取るなんてほぼ不可能ということがよく分かりました

それなのにちゃんと予約してくれてたんですよね~

相当な苦労だったと思います

心からゴメンねと言いたくなりました

これからはボクが思っているより世の中みんないろんなことに大変な苦労をしているんだと考えるようにします

今回すごく勉強になりました

それではまた