中指の怪我

location:福岡県糸島市瑞梅寺

糸島からお届けしています

今日の写真は糸島の水源である瑞梅寺ダムからの撮影です

今年は梅雨入りが遅かったこともあり福岡のダムはかなり貯水率が下がっていました

その中でこの糸島の瑞梅寺ダムは比較的貯水率が高かったようです

梅雨の雨はほんとに嫌なものですが水不足のことを考えると梅雨の雨は大事な雨

嫌だ嫌だとは言っていられないです

水を大事にしなければ

そして話は変わりますが

先日うちの奥様が「中指を怪我しちゃった」とうちの娘様に見せていました

うちの娘様に手の甲を見せ中指だけを立ててました

そしたらうちの娘様から「その手の形を人に向けたら怒られるよ」と言われてました

するとうちの奥様は「えっ?」って感じでした

うちの奥様はそういう人です

それではまた

location:福岡県糸島市瑞梅寺

フォトグラファーの紹介

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

写真のこの日はすごく天気も良くてそれほど気温も上がらず過ごしやすい日でした

これくらいの気候の撮影が一番撮影しやすいです

これ以上暑くなると汗も出るしちょっと大変になってきます

それでもやっぱり夏の景色が撮りたいです

そして今日はまた世界のフォトグラファーを紹介します

MURAD OSMANNです

女性に手を引かれながら写す風景の表現方法で有名になりました

最近では同じようなスタイルでインスタ投稿する人が増えてきたのですが、その表現方法を世界中に広めたのがMURAD OSMANNです

ちなみにこの手を引いている女性は奥様です

この表現方法で世界を旅し世界中の名所で撮影された写真はどれも素晴らしいの一言

色使いといい奥様のファッションといいまさに芸術品です

この表現での撮影の最初はiphoneでの撮影からでした

今では一眼レフでの撮影ですがもともとはiphoneからというのもすごいです

写真を撮るのは一眼レフじゃないといけないなんてことは全くありません

一眼レフをフルオートで撮影するならiphoneとほぼ同じ写真になります

iphoneでも十分綺麗に撮れるということを教えてくれたのもMURAD OSMANNでした

今日はそんなMURAD OSMANNの紹介でした

それではまた

location:福岡県糸島市志摩久家

ツイッターでみつけた面白い中学生

location:福岡県糸島市志摩新町

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩本町の海岸から撮影しました

空が夏の青さになり海の色がますます綺麗な青になってきました

夏になるとこの色になるから嬉しい

明日からどうも梅雨に入りそうなのでこの色は少しの間お預けになってしまいます

その梅雨が明けたらこの青さがまたやってくる

嬉しい限りです

そして話は変わりますが

先日ツイッターで面白い人の存在を知りました

その人はまだ中学生なのですが

その中学生が英検2級の試験でのお話です

英検2級は一次試験と二次試験の二段階方式です

まず一次試験で筆記とリスニングがあり、それにパスすると二次試験で面接形式のスピーキングテストという流れです

まず試験の申し込みをする際に二次試験の希望地を選択できます

そして一次試験の合格通知と一緒に選択した希望地の試験会場が記載されて送られてきます

例えば「福岡」を二次試験の会場として希望していたら一次試験の合格通知に「二次試験の会場は○○高校です」みたいな感じで簡単な地図とともに書かれています

その中学生は「どうせ英検2級なんて受からない」と思いながら申し込みをしたらしいです

もしかしたら親から受けるように言われたのかもしれません

そしてあきらめモードで試験を受けたんだと思います

そして一次試験の結果が送られて来て結果を見てみると、あきらめモードだったにもかかわらす見事合格

その合格通知に先ほど話した二次試験会場が書かれてありました

その会場名は「カピオラニコミュニティーカレッジ」と書かれてありました

その中学生は二次試験の希望地の欄に「どうせ受からないから」ととんでもない地名を書いていたそうです

その地名は「ホノルル」

その試験会場はホノルルの学校になっていたんです

実際にその合格通知がツイッターで写真をアップしていたので間違いなかったです

きっと相当親から怒られたことと思います

でもボクはこんな中学生がめちゃくちゃ好きです

このセンスがたまりません

是非友だちになって欲しいと思う中学生のお話でした

それではまた

location:福岡県糸島市志摩新町

知らなかった道路のこと

location:福岡県糸島市雷山

糸島からお届けしています

今日の写真は雷山の山中で撮ってきました

この時期は日中の気温は30℃近くなるけど山の中ってすごく涼しい

時間帯によっては寒いときもあります

この写真を撮影した日の山の中は20℃ほどだったので少し肌寒くも感じました

暑いときに山に行くにのはアリですね~

そして話は変わりますが

ボクが知らなかったことを話します

日本には国道、県道、市道、区道、町道、村道それぞれありますがボクが暮らす糸島で標識を見るのは国道と県道がほとんど

市道、区道、町道、村道の標識は見たことがないです

標識も出てないのでどれが市道か町道かよくわかりません

まぁ全部の道路を表示しても大して意味が無いからそれはいいのですが...

その中で県道のことで先日まで知らなかったことがあります

県道は都道府県知事が認定し都道府県が管理する道路なのですが、その道路は全国どこでも「県道」と思ってました

この歳になって初めて知ったのは北海道は「道道」、東京は「都道」、大阪と京都は「府道」ということを知らなかったです

ボクが暮らす福岡県の周りはほとんどが「県」なので道道、都道、府道を車で走ることがまず無い

なので標識などでも見たことがなかったから全国すべて県道と言うとばかり思っていました

バカ丸出しです

ほんとボクは世の中のことを知らない

この歳になって知ることばかりのような気がします

こんなこと書けば書くほどバカがバレてしまうけど、これからも知らなかったことをちゃんと書きたいと思います

ボクみたいに知らない人のために

それではまた

location:福岡県糸島市雷山

フォトグラファー紹介

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は久家の海岸通りから撮影したものです

ここの夕暮れは季節によって太陽の涼む角度か変わるので季節ごとの表情が見れます

ボクとしては秋の夕暮れが一番綺麗に見える気がします

また秋になったらこの場所から撮影した写真を紹介したいと思います

そして話は変わりますが

先日ボクが写真の勉強のために世界のフォトグラファーの写真をめちゃくちゃ見ることを話しました

せっかくなので他にボクが写真を撮る上で参考しにているフォトグラファーを紹介したいと思います

いつも参考にしているフォトグラファーは30人ほどいますが、これから時々紹介していきたいと思います

先日はJACOB RIGLINを紹介しましたが今回は女性フォトグラファーを紹介したいと思います

Hello Emilieです

オーストラリアを拠点に世界で活躍するフォトグラファーでメルセデス・ベンツやカンタス航空、アドビシステムズなどの写真も手がけているフォトグラファーです

Emilieが撮る写真は常にクリアで独自の色合いの個性がありとにかく綺麗

構図も天才的な感覚で自然を切り取り独自の表現方法で完璧なまでの芸術品にしてしまいます

ボクはEmilieの写真の中の数点は一枚に30分ほど細かく眺めてたことがあるほど好きなフォトグラファーです

風景写真の概念をすべて変えてしまうほどの魅力があり、Emilieの写真を見てカメラを始めたいと思う人もたくさんいると思います

これからもEmilieの写真を観て勉強して行きたいと思います

今日はHello Emilieの紹介でした

それではまた

location:福岡県糸島市志摩久家

立派な葉っぱです

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

今日の写真は野北にあるタバコ畑の風景です

ボクは前からここの畑の存在は知ってました

ただこの葉っぱは何だろうと思ってました

というのもこの葉っぱはすごく大きくて一枚一枚がすごく綺麗です

野菜なのか何なのか

そして最近になって教えてもらって知ったのですがこれはタバコの葉っぱ

タバコの葉っぱってこんなに綺麗なんだと驚きました

ボクは昔タバコを吸っていて数年前にタバコをやめました

やめてからボクの周りの人もやめる人が一気に増えてほとんど居なくなりました

ボクが社会人になったころはほとんどの男性がタバコを吸っていていつの間にかタバコを吸うようになってました

そしてタバコ吸う人のほうが大人っぽい気がしてました

カッコ付けのアイテムだったような

それが今となってはタバコはみんなの嫌われモノのようになっています

街でもタバコを吸っている人をほとんど見ないし喫煙所自体がほとんどないです

一昔前は街自体が喫煙所みたいなものでそこらじゅうで吸ってました

そんな今の時代はタバコの需要も相当少ないはず

なのでタバコ畑自体も少なくなっているはずです

しかしタバコの葉っぱってこんなに綺麗です

いろんな野菜の畑はあるけどこのタバコ畑は育っている風景自体がめしゃくちゃ綺麗です

かなり手をかけているのが伺えます

そのタバコの葉っぱはタバコ以外になにか使う方法はないのでしょうか

こんなに綺麗なのだから何か別の形で生き続けて欲しいものです

別の利用方法が出来ればずっとこの綺麗な畑が存続します

この綺麗な風景をずっと残して欲しいと思って写真に収めてしまいました

それではまた

location:福岡県糸島市志摩野北

世界のフォトグラファーに習って

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は久家の松原からの撮影です

ここは先日話したとおりいつも人が少ないです

その少ない中で松原に人がいることはほとんど無いです

だから撮影がしやすい

人がいるとプライバシーの問題があるから人を写真に入れるのはNGにしています

そういうときにここのようなマイナーな場所があると助かります

また話は変わりますが

ボクは風景写真を撮る勉強のために世界のフォトグラファーの撮る写真をめちゃくちゃ見ます

チラッと見るんじゃなくてスマホに穴があくくらいじっくりと見てます

長いときは1枚を5分以上眺めることもザラにあります

その世界のフォトグラファーの中で特に好きで見続けている人がいます

JACOB RIGLINというフォトグラファーです

JACOBの撮る写真は緻密に計算されていて一枚の写真を見れば見るほど引き込まれていく力があります

ボクの写真なんて到底足元にも及ばない

ボクも計算しながら風景を切り取り撮影していますがレベルが違います

いつも糸島の写真を撮りに行くと風景を目の前にして「JACOBならこの風景をどう切り取り、どう撮るか」

こんなことをいつも考えてしまいます

JACOBのマネをしようとは全く思ってないのですが糸島の風景をJACOBレベルまで感性を上げてボクの個性で写真が撮りたい

その感性を上げるためにJACOBや世界の好きなフォトグラファーの撮った写真を見まくってます

さぁ今からまた写真を見まくって感性を高める修行を頑張ろう

それではまた

location:福岡県糸島市志摩久家

自転車の確認を

location:福岡県糸島市志摩岐志

糸島からお届けしています

今日の写真は岐志漁港からの撮影です

もう6月後半に差し掛かっているというのに糸島はまだ梅雨入りしていません

おかげでこの写真のように青空が撮影できて助かってはいますが水不足が心配です

いつもは梅雨時期になると撮影に行けなくて「今日もダメだ~」というのを繰り返しますが今年はずっと撮りに行ける

でもやっぱり梅雨が来ないと困る人がたくさんいるから雨がふらないと

そして話は変わりますが

昨日のニュースで自転車に乗った高校生が高齢男性と正面衝突して高齢男性が後頭部を強打し死亡したというのを見ました

その高校生が乗った自転車は無灯火で夜間走行していたようです

そして自転車はロードバイクタイプだったようでスピードも出ていたんだと思います

事故が起きたのは昨日の午後7:50ごろということで、このくらいの時間はライトが無いとすごく見えづらい

二日前にボクが時速30キロ制限の広めの道を用心しながら走っていました

すると民家の路地から信号無視した高校生くらいの少年がノンストップでボクの目の前を横切ったのです

「うぁっ、マジか」とかなりビックリしました

その後その少年は何食わぬ顔で走り去っていったのですがもしあの時制限速度を守らず50キロほど出してたら完全に事故だったと思います

他にも先日は家の近所に長い下り坂があるのですがそこを高校生の二人がバリ立ちこぎして全速力でダッシュで下っていました

それもボクの車を追い抜いてダッシュしてたので時速40キロ以上は出ていたと思います

その下り坂の下り切ったところに交差点があるのですがノンストップで信号無視して走り去って行きました

あれで車に接触したら死んでもおかしくありません

またあのスピードで歩行者に接触でもしたら怪我では済まないと思います

そして事故にあった車もたまったもんじゃない

そういう光景をよく見かけると高校生くらいの少年が多い気がします

確かにヤンチャな時期ではありますが...

ボクにも高校生の息子がチャリで通学しているので十分言い聞かせねばと思いました

息子の自転車のライトがちゃんと付くのか、ブレーキちゃんと効くのか、確認しなければ

もしお子様で自転車を利用している人がいるなら今一度確認してみてはいかがでしょうか

防げる事故を防いで命を守らなければいけない

そして子ども達が一生背負わなければいけない事故をなくさないといけない

昨日はその事故のニュースを見て他人事じゃないと痛感した日になりました

それではまた

location:福岡県糸島市志摩岐志

久家の海岸は穴場です

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから撮影したものです

ここ久家の海岸は知らない人が多いです

糸島のことをあまり知らない人はまず訪れないと思います

ここは大きな通りに面している訳でもなく案内表示が道路にあるわけでもないので知られていません

ただここは昼間の海が綺麗なのは言うまでもないのですが、糸島でもトップクラスの夕暮れスポットです

その夕暮れでも夏場より冬のほうが太陽の角度がイイ感じに日が沈みます

ですので一度行ってみてください人も少なくてイイですよ

この写真を撮った場所への行き方を説明しときます

まず加布里漁港付近からが分りやすいのでそこから説明します

加布里漁港付近から志摩小富士を通って加布里湾を左手に芥屋方面へ向かいます

その小富士あたりの左手に海岸に面した鳥居があります

その鳥居を通過したら50メートルほど先に左へ入る道があります

そこを左折

その後は左手に加布里湾、右手に用水路になっていると思うのでそのまま直進

1キロほど進むと湾に面しながら左のほうへ進んでいきます

そのまま道なりに行くと石屋さんが見えます

そこをそのまま通過し今度は道なりに進むと右のほうへ進むようになります

その後、畑や民家のある道を直進すると「玄海マリーナ」というマリーナがあります

そこを道なりに右へ進んだらこの写真を撮影した場所に着きます

ナビでこの玄海マリーナを行き先に設定するのもいいです

少し分りにくいですが、その分人も少ないということでここの場所はオススメです

是非夕暮れ時に行ってみてください

それではまた

location:福岡県糸島市志摩久家

二見ヶ浦公園聖地からの眺めは是非

location:福岡県糸島市志摩桜井

糸島からお届けしています

今日の写真は二見ヶ浦公園聖地の広場から撮影しました

ここ二見ヶ浦は数多くの観光客が訪れて糸島といえばココというほどメジャーな場所です

インスタ映えするようなおしゃれなお店も数多くまるでハワイかグアムにでも着ているかのように感じる場所です

その二見ヶ浦は車が4~50台ほど停めれる駐車場があります

もちろん無料なのですがお店の駐車場は有料にしているところもあります

それらの駐車場に車を停めて海岸に出て夫婦岩や鳥居を見に行ってちょっとお店を回って食事してここを後にするというのがほとんどです

ただそれだけではもったいない

今日の写真のように二見ヶ浦を上から眺めて帰って欲しいです

ここの場所を知らずに帰る人も多いので今回はここへのアクセスを簡単に紹介しときます

二見ヶ浦の夫婦岩と鳥居がある真正面の場所から山のほうへ登っていく道路があります

海岸通りからその上っていく道へ曲がります

それから約50メートルほど上ると二見ヶ浦公園聖地の門が右手に見えてきます

その門から入ります

ちなみに二見ヶ浦公園聖地とは墓地のことです

そしてその門を入って30メートルほど進むと右手に墓地を管理している建物が見えてきます

その右手に見える建物のほうへ右に曲がります

すると建物を右手に奥まで進めるようになっているのでそのまま30メートルほど直進

その先に駐車場があるのでそこに車を停めます

駐車場は無料

その駐車場の目の前に綺麗な芝生の広場があります

ずらっと並んだヤシの木が目印

その広場の一番奥がら眺めたのが今日の写真です

そこからの眺めはほんとに気持ちいいです

ただその場所は霊園が開いている時間しか行くことができません

二見ヶ浦公園聖地の営業時間は8:00~17:00

なので夕暮れの一番いい時間には行くことが出来ないのが残念

ですが昼間に二見ヶ浦を訪れたときは是非立ち寄ってみてください

オススメです

それではまた

location:福岡県糸島市志摩桜井