残念なキムチを

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩芥屋の海岸通りで見つけたプチ紅葉です

また糸島のほとんどの海岸沿いでは緑が青々しています

そんな中でたまたま見つけたプチ紅葉

日中の気温がまだ25℃くらいまで上がるのでもう少し紅葉は先になりそうですが見つけたらまた撮ってきます

そして今日はキムチに魔法をかけるお話です

会社で「残念なキムチを美味しくする方法」というのを教えてもいらいました

教えてくれた人が言うには「残念だったキムチで確実に美味しくなる」とのこと

そしてその人が作ってくれるということで、その人はわざわざ残念なキムチを買ってきてました

実際にその残念なキムチを食べてみたところ確かに残念です

単純に少し辛いだけでコクというか旨みが少ないです

その作り方を話します

その人はかなり大雑把なのですが作りながら話してた通りに書きます

まず残念だったキムチを用意します

作ってもらったときはパックに入ってた量が250gでした

それを全部ビニール袋に入れます

それに「ごま油」を大さじ4杯入れます

次に「粉末だしの素」を大さじ1杯入れます

そして次は「味の素」をパッパッパッパッと4振り入れます

最後に「粉末の一味唐辛子」をパッパッパッパッパッと5振り入れます

これは辛さの好みによって適当らしいです

そしてそれらを入れたビニール袋をよくモミモミします

約30秒くらいモミモミしてました

その後、冷蔵庫で約30分ほど置いておきます

そしてそれを冷蔵庫から出して食べてみました

一口パクっと食べてみると「うぉ~~~~」ってくらい美味しいです

ビックリするくらい美味しい

あの残念なキムチがここまで激ウマになるとは

是非お試しください

残念だったキムチが激変しますので

というかメーカーが初めから残念なキムチを作って、それらを入れて美味しいキムチを作ればいいのに

でも残念なキムチの開発者は美味しいと思って世に出したんやろうなぁ~

しゃ~ないな

それではまた