ドラゴンの刑

location:福岡県糸島市雷山

糸島からお届けしています

今日の写真は雷山の山道から撮影したものです

雷山千如寺のすぐ近くのカーブミラーと紅葉を撮ってきました

もう少しカーブミラーに紅葉を映り込ませたかったけどこれが限界でした

来年の紅葉時季にまたチャレンジしてきます

そして話は変わりますが

最近仕事で「怒る」という行為をほとんどしなくなりました

昔は部下がミスしたときに怒ったりもしてたのですが最近は何故ミスしたのか話をよく聞いて反省させる感じになってきました

単純に歳を取って怒るパワーがなくなったのかもしれません

そんなことを考えてたらまだ20代の頃の罰を思い出しました

「今度ミスしたらあの罰をしてみようかなぁ?」とも思っちゃいました

その罰の名前は「ドラゴンの刑」です

20代の頃にいつも遊んでた仲間内でよくやってました

いろいろな時にあってたのですが、例えば飲み会などの集合時間に遅れたら理由次第で「はい、ドラゴンね」と言ってドラゴンの刑になるんです

ドラゴンの刑になった人が理由もなく遅刻するのが悪いのですが

それはその場で刑があるのではなく後で人がたくさんいるところでいきなり始まります

みんなで人通りが多いところを歩いていると刑を受ける人がいきなり大きい声で「おい!ドラゴンじゃないか?」「お~!ドラゴン元気にしてたか?」など大きな声で「ドラゴン」と呼ばれるんです

その時から一日ずっとその人は「ドラゴン」です

飲み会が始まって飲み物を注文するときも必ず「ドラゴンは何にする?」と聞かれたりするんです

ドラゴンがトイレに席を立って戻ってくるときも大きな声で手を振りながら「お~い!ドラゴンこっちこっち!」「ドラゴンはやく戻ってこいよ~」と叫ばれるんです

周りの人は「えっ、ドラゴンってどの人?」って感じで見られまくります

そしてその日の会計係もさせられます

お店を出るときに皆からお金を集めて会計をしにいきます

そこで必要ないのに領収書をお願いしなければいけません

お店の人から「宛名はどうしましょう?」と聞かれたら「ドラゴンでお願いします」と言わなければいけません

その領収書を皆に見せたら刑は終了

それがドラゴンの刑です

ちなみにボクはドラゴンの刑を受けたことはありません

そのドラゴンの刑を部下にしてみようかと思うけどこの歳になったらボクが恥ずかしい

あの頃はパワーがあったなぁ~

あの頃に戻ってまたドラゴンの刑をやってみたいです

それではまた

車の給油口

location:福岡県糸島市雷山(雷山千如寺大悲王院)

糸島からお届けしています

今日の写真も雷山の千如寺の撮影です

ここ最近は千如寺が続いてますが今回で最後です

そして話は変わりますが

意外と知られていない話です

自分の車は左右どちらに給油口があるかは分かっているけど他の車は左右どっちか分らないです

レンタカーや自分以外のを運転していて給油するとき左右どちらか分らないこともしばしば

車内からミラーで確認できればいいけどまず見えません

なので車から降りて確認なんてこともあると思います

外車は左右どちらかにメーカーが決めて統一されているけど国産車はメーカー内でも左右バラバラ

昔から統一してれば給油のとき迷わないのにと思っていますが今更しょうがない

ただその給油口が左右どちらにあるか車内にちゃんと表示されているんです

それは燃料メーターに表示されてます

燃料メーターの給油マークがあります

ガソリンスタンドの給油する機械みたいな絵のやつです

そのマークの左右どちらかに三角のマークが表示されてます

それが給油口が左右どちらにあるかの表示です

三角マークが左にあれば給油口は車の左側

右にあれば車の右側です

古い車などまれに三角マークがない車もありますがほとんどの車に表示があります

意外とこのことを知らないでガソリンスタンドの入口で車から降りて確認してる人を見ます

でもちゃんと表示されてるんですよね

今日は意外と知られていない話でした

それではまた

憧れのもの

location:福岡県糸島市雷山(雷山千如寺大悲王院)

糸島からお届けしています

今日の写真も昨日に引き続き千如寺の紅葉です

もう少し撮ってきたので紹介します

そして今日の話は、憧れのものです

ボクが小学生の頃めちゃくちゃ憧れていたものがあったんです

今では当たり前にあるものなんですがボクが小学生のころボクの家には無かったものがありました

それは「シャワー」なんです

その当時どれだけシャワーというものに憧れたか

いつもお風呂に入るときに湯船から洗面器でお湯をすくって頭からお湯をかぶってました

あまりの憧れから「シャワーごっこ」というのをしたりしてました

弟と二人でお風呂に入って頭を洗うときにジョーロでシャワーみたいにお湯を弟にかけてもらうんです

そうやって頭を洗うのが「シャワーごっこ」

「シャワーってこんな感じになるんや~」とアホみたいにしょっちゅうやってました

そんなころ新しいもの好きな父上から訳の分らんものを買うことを聞きました

それは「24時間循環風呂」です

24時間常にお風呂が沸いていてお湯を循環させて洗浄し常に綺麗なお湯のお風呂に入れるという怪しいもの

父上から「どうだコレすごいだろ、いつでもお風呂が沸いてるんだぞ!」と言われたけど子どもからしたら全くうれしくも何ともないものです

一応子どもとして忖度して「へぇ~すごいね~、いつでもお風呂が沸いてるんやね~」と言っときました

ただ言わないけど本心は「何を訳の分らんもん買っとんじゃい!昼間に風呂が沸いとっても嬉しくも何ともないんじゃ!そんなものよりウチにも早よ~シャワーを付けんか、このドアホが!」が本心です

それから数年はそれを使ってた記憶があるのですが結局使わないようになってました

昼間の父上は仕事で母上はパートでボクと弟は学校だから夜以外にお風呂が沸いてても全く意味が無いものなんです

そんな使わなくなったころにやっとウチの家にもシャワーが付きました

シャワーが付いたときは24時間循環風呂が付いたときより1億倍嬉しかったです

今の若い人はシャワーがお風呂にあるのは当然と思っているだろうけどボクのウチには無かったんだよなぁ~

そして今の若い人は湯船から洗面器ですくったお湯をきちんと頭に命中させてかけれるのかなぁ~

ボクはめちゃ上手いです!

というボクが小学生の時にウチの家にはシャワーが無かったというお話でした

それではまた

風邪薬が苦手

location:福岡県糸島市雷山(雷山千如寺大悲王院)

糸島からお届けしています

今日の写真も昨日に引き続き千如寺ぼ風景です

あと数日ここ千如寺の風景を紹介します

そして話は変わりますが、 風邪を引いたときに飲む風邪薬がありますが、どうもそれらの薬が苦手です

頭はボ~~ッとなるし眠くなるし口と喉が渇いた感じがして最悪の気分になってしまう

風邪を引いて具合が悪いより風邪薬を飲んでボ~~ッとした方が具合が悪く感じてしまいます

ただし薬でも鎮痛剤は別であれだけ地獄のような痛みから救ってくれる神様のような薬だと思って飲んでいます

バファ○ン

いつもありがとう

話は戻りますが

前に教えてもらいましたが、あの風邪薬っちゅう奴を飲んで風邪が治った人は今まで誰もいないそうです

あの風邪薬は風邪の症状を和らげる薬で治すものじゃないらしい

風邪を引いて出る鼻水や喉の痛みや熱などを和らげる薬で風邪のウイルスをやっつける薬ではないらしい

結局そのウイルスをやっつけるのは自分の免疫ということ

だから鼻水が出ても、喉が痛くても、熱が出てもい~の、という人は飲まなくても治るまでは同じらしい

それを聞いてから風邪薬を飲みたくなくなったんです

ただこのことを奥様にずっと言うと「お薬飲みたくないから言い訳しないでちゃんと飲みなさい」と怒られるのでこの辺でやめときます

ただやぱり風邪薬を飲んで早く治ることはないらしいよ~

それではまた

海外は全開MAXが多いような 2

location:福岡県糸島市雷山(雷山千如寺大悲王院)

糸島からお届けしています

今日の写真は雷山にある千如寺の大楓を撮ってきました

ここはこの時季すごく混んで大渋滞にもなりますが何とか今年も行ってきました

やっぱり多かった

そしてこの大楓が赤い絨毯になるまで待ってやっと行けました

今年は赤い絨毯になるのが遅かった

やっぱり暖かいからですかね

また来年も行ってきます

そして話は変わりますが、前回の話のつづきになります

その焼肉屋さんに入ってまず驚いたのが個別のテーブルが一切無いんです

ずら~っと長いテーブルに4人分ごとにお肉を焼くロースターが設置されてます

そしてその長いテーブルに隣の席との間仕切りが一切ありません

ボクが座った席の隣の家族と仕切りが一切無しです

ボクたちは3人で席に着いたのですが4人に一人にロースターがあるから隣の知らないオッサンがボクたちが肉を焼いているところにお肉を乗っけてくるんです

アテンドしてもらってる社長に「これって当たり前の光景?」と聞くと「そうだよ」って言ってました

文化の違いにかなりビックリ

そしてお肉は普通に美味しいのですがテーブルに出されたキムチが日本で食べるものと全く違ってめちゃ辛い

そして出されたお酒が今度はめちゃ甘い

お肉食べて、めちゃ辛いキムチを食べて、めちゃ甘いお酒飲んでの繰り返しです

その後「口がサッパリするからこれ食べたらいいよ」と頼んだのが「青い唐辛子」みたいなのです

「これ辛いよね?」と聞くと「それほど辛くなくてお肉食べながらこれを食べるとサッパリするよ」と言われました

絶対にウソだと思ってほんのちょっとだけかじってみました

やっぱり辛い~~~

辛いキムチと比較にならないほど辛い~~~

そのまま信じてパクって食べてたら即死するところでした

とにかくそのお店では辛い、辛い、甘い、辛い、辛い、甘い、みたいな感じでお店を後にしました

その日はその後BARに飲みに行ってホテルに戻りました

翌朝ホテルのレストランで朝食だったのですが口の中が辛い甘い病になってて食欲がありません

そこで見つけたのが「おかゆ」です

「これなら安心だ」と思って食べようとしたらアテンド社長が「味しないからこれ入れたほうがイイよ」と変な赤い味噌みたいなのを耳かき1杯くらい勝手におかゆに入れました

それを少し食べてみたらこれまた死ぬほど辛いんです

勘弁して~~

辛さと甘さが全部MAXなんよ~

ちょっと辛いとかちょっと甘いとか無いんか~~~い

日本人向けのお店ならそんなことないのかもですが現地の人の行くお店はホントに全開MAXというのが分りました

話はここまでなのですが、その後行った魚市場の魚料理屋のお刺身

それと一緒に出てきた粘土みたいに固められたワサビ

色が半端なくド緑色

というかほぼ蛍光緑みたいな色のワサビ

食べませんでしたが、おそらく死ぬほど辛い物体だと思われます

それではまた

海外は前回MAXが多いような

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩芥屋にある立石山から撮ってきました

立石山には紅葉する木があまりないから綺麗な赤がほとんど見えませんでした

でも山から芥屋の海を見ると青くてすごく綺麗です

赤がなくても青があるとちょっと満足しちゃいました

そして話は変わりますが

韓国の食べ物でキムチやプルコギ、チヂミなどどれもすごく美味しくて大好きです

ただ本場の料理がどれも全開MAXで驚いた話です

今回の話はちょっと長くなるので二日にかけて話します

仕事で韓国に初めて行った時のことですがプサンまで飛行機で行ってそこから韓国の取引先の社長にアテンドしてもらい車で商談先の会社まで移動しました

ボクは韓国語が全く分からないのですが取引先の社長が日本語ペラペラなので全て頼りっきりで移動しました

高速道路で移動中にサービスエリアでコーヒーを飲もうということになりました

そこのサービスエリアにはオススメのコーヒーショップがあるとのことで行ってみるとカウンターだけの小さなお店でオススメのコーヒーをお願いしました

そして出てきたのがグラスに注がれたカフェオレのようなもの

それを何の迷いも無く飲んだところ死ぬほど甘いんです

飲んだ瞬間に全部の歯が虫歯になったかと思うくらいめちゃくちゃ甘い

びっくりするほど甘過ぎるんです

何とか頑張って飲み終わって車に乗る前にサッパリしたものが欲しくて自販機を見てみるとハングルでなく漢字で書かれた「烏龍茶」が売ってました

かなりホッとして1本買って車に乗りました

また何の迷いも無く缶をプシュッと開けて口直しに一口飲んだ瞬間「ギョエ~~~なんじゃこりゃ~~~」となりました

ウーロン茶なのにめちゃくちゃ甘いんです

ウソやろ~と思って缶に書かれている文字を見たところ漢字で「烏龍茶 有糖」と書いてあるんです

「有糖ってなんじゃ~~い」って思ったけど口の中が甘くて凄いことになってます

取引先の社長に「どこかでブラックのコーヒー飲ませて、口の中が死ぬほど甘い」とお願いして少し先のサービスエリアに寄ってもらいました

そこにあったコーヒーショップでブラックのコーヒーを買ってきてもらって次は何も迷わずじゃなく恐る恐る飲んでみました

すると今度は死ぬほど苦いんです

エスプレッソを煮詰めたような、とろみのあるスープみたいなコーヒーでした

口の中が、甘い、苦い、甘い、苦いがぐちゃぐちゃでパニックです

ほんとはそこで水が欲しかったけどこれ以上お願いするのも悪いと思って耐えました

その後、商談先の会社についてテーブルにお茶が運ばれてきました

運ばれてきた瞬間、柚子の香りがふわ~っとしてきました

これ絶対普通のお茶じゃな~~~い

そして一口飲むと柚子の香りがしてやっぱり甘~~~い

普通の液体が飲みたひ……….

商談を終えて宿泊先に行きチェックインしてから商談先と夕食を一緒にすることにしていたのでお店へ連れて行ってもらいました

名前は忘れましたがプサンでは有名な焼肉屋さんだそうです

すごく大きなお店で山の斜面に建てられたド派手なお店だったのを覚えてます

それまでは甘いMAXで来たのですが、ここからはまた違ったMAXを体験しました

今回の話はちょっと長くなるので続きはまた次回書きたいと思います

長い話になってすみません

それではまた

パートさんの休暇届

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈吉井の山中で撮ってきました

やっともみじが赤くなってきたような

やっぱり今年は遅いです

山に偵察に行ってるけどなかなか撮るところがないです

今週末もまた行って確認してきます

そして今日の話は 正直に話すのは良いことだけど、限度ってもんがあるんじゃね~のってお話です

先日出社したらボクのデスクの上に休暇願いの用紙が置いてありました

うちの会社は休みを取るときに専用の休暇願いの用紙に記入し提出することになっています

そしてその用紙に休暇を取る日付や理由を書いて担当長へ提出して許可をもらい2~3人を経由してボクのところに回ってきます

その理由の欄については「私用」とだけ書くのではなく差し支えない範囲で詳細を書いてもらうようにしています

そういう社内ルールがある中で、やたらとリアルに理由を書いてくれる年配のパートさんがいます

先日デスクにおいてあった届けは、そのパートさんからのでした

毎回そのパートさんの部署の担当長には「ここまで理由を書かなくていいし、そのまま届けを受け取るな」とは言っているのですが、今回もリアルな理由のまま提出されてきました

また今回の理由は何度読み直しても意味がわかりません

そして今回、理由の欄に書かれていたのは「愛の様子がいつもと違って最近おかしいので病院で診てもらうため」と書いてあります

今度はとうとう頭がおかしくなったのかとも思いましたが正直わけがわかりません

部署の担当長がたまたま近くにいたので「意味が分らんのだけど~」と聞いたところ、「愛」とは飼っているマルチーズのことで動物病院へ連れて行きたいということらしい

また担当長へ笑いながらですが「書き方考えてもらうのと、そのまま届けを受け取るんじゃない」と言いました

その担当長の後で2~3人の人が届けを見るのですがスルーしてボクのところへ届くのもどうかと思います

でもちょっと次を期待してたりしてしまうのですが…

他に過去にあった理由ですごかったのは「5歳の孫をボリショイサーカスに連れて行くため(私も見たいです)」と書かれていました

孫の年齢まで書かんでいいし

ボリショイサーカスって書くなぁ~

それに(私も見たいです)って普通絶対に書かん

あと「家族に迷惑かけずにポックリ死にたいので友だちと奈良のポックリ寺へ行くため」というのもありました

たぶんそのパートさんはふざけているのではなくウソがつけない正直な人なんだろうと思います

でも限界ってものが…

でもそんな正直なパートさんはうちの会社の宝です

それではまた

誰にも話せない話

location:福岡県糸島市島久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから撮影した風景です

この日の雲はすごく綺麗だったので空を目いっぱい入れてみました

なかなかイイ感じの雲に出会えないからこんな雲に出会えるとテンション上がります

また会いに行こう

そして話は変わりますが

ボクは子どもの頃に「タケノコ」は「竹の子ども」で大きくなったら竹になると思っていました

そんな感じで「キノコ」は「木の子ども」で大きくなったら木になると思っていました

「○○ノコ」というのは全部そうだと思っていたので「カズノコ」も「カズ」って魚の子どもと思っていました

子どもの頃は本当にバカやった~

あまりに恥ずかしくてこのことは一生誰にも話せない

あっ...

それではまた

原料が面白い

location:福岡県糸島市白糸

糸島からお届けしています

今日の写真は白糸の滝ふれあいの里で撮影してきました

今年の紅葉はいつもに比べてかなり遅いような気がしてます

例年の今頃はかなり紅葉して葉が落ち始めている頃なのですがまだ緑のところもあります

ここ最近ずっと暖かかったからかなぁ~

そして話は変わりますが

明日くらいから一気に冷え込んできそうです

だんだんと寒くなってきて暖かい食べ物が欲しくなる時季がやってくるようになりそう

おでんや鍋が欲しくなる季節なのですがマクドナルドが毎年期間限定で販売するアレがもうそろそろ始まります

その期間限定商品とは「グラコロ」のことです

毎年この寒い時期になるとCMや広告で目にして食べたくなってしまいます

アツアツでトロ~ッとしてめちゃ美味しいです

バンズにはさんであるグラタンコロッケだけ大量に食べたいと思うほど美味しい

その「グラコロ」なのですが、よ~く考えてみたら原料となるものがすごく少ないんです

グラコロの上から順に原料が何か考えてみたら面白かった

では行きます

上のバンズの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの中のクリームソースの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの中のマカロニの原料は「小麦粉」

グラタンコロッケのパン粉の原料は「小麦粉」

グラタンコロッケの下に敷いてあるキャベツはそのまま「キャベツ」

最後に下のバンズの原料は「小麦粉」

グラコロの原料のほとんどが「小麦粉」で出来ている

小麦粉を全て変身させてあんなに美味しい食べ物にするマクドナルドは素晴らしい

言い換えると「原料は小麦粉キャベツバーガー」

絶対売れんわなぁ

そんなグラコロがもうすぐ発売になります

去年は食べれなかったから今年は食べたいです

それではまた

是非 確認を

location:福岡県糸島市篠原

糸島からお届けしています

今日の写真は篠原の畑から撮影しました

コスモスも時季が終わろうとしていますが、ここのは頑張っています

そして薄いピンクのコスモスより白いコスモスが沢山咲いていました

白いほうが透明感があってイイ感じに

また白いコスモス探してこよう

そして話は変わりますが

確認することでラッキーがあるかも知れない話です

いつも使っている小銭の事なのですが数十倍に化けるものがあるようです

それは「昭和62年の50円玉」

この昭和62年の50円玉は発行枚数は少なく希少な50円玉だそうです

材質の違いでプルーフ硬貨と白銅貨とあるらしくプルーフ硬貨の方が価値があるそうです

未使用の状態が一番価値があるらしく50円玉一枚が数千円に化けるらしい

ただ未使用の状態で手に入ることはまず無いので普段の小銭の中から昭和62年を探すくらいしか出来ないと思います

普段使っている小銭レベルの状態でも数百円~千円程度にはなるそうなので確認はした方がいいかも

上手くいけば50円玉が10枚で一万円になる可能性も大です

そのことを教えてもらって早速小銭入れを確認してみたら50円玉自体が無かった~

これからはお釣りをもらう度に確認して昭和62年の50円玉を探します

そして10枚ほど貯まったらコインショップに行って買い取ってもらいます

買い取ってもらった金額を全部50円玉に両替してまた昭和62年を探します

こうやってお釣りを確認して買い取ってもらって両替してを繰り返したらお金持ちになるかも

そうやって増やしたお金でフェラーリ買おっかな~

頑張るぞ

イヒヒ

それではまた