老眼体験

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

ボクは目が悪く遠くのものを見るときにメガネをしないと全く見えません

その代わりに近くのものはめちゃくちゃよく見えます

細~い糸でも綺麗に見えるし保険の約款みたいにめちゃくちゃ小さな字がびっしり書かれていてもバリバリ読めます

見えても約款は読まんけど

なので俗にいう「老眼」という状態が全くわかりませんでした

文字がぼやけて見えるので眼から話さないと見えないと聞いていました

そして老眼は小さな文字を見る時に老眼鏡をかけて見えるようにしてるけどボクの場合全く問題なく小さな字が見えるんです

ここ最近ボクの目が更に悪くなっているようで遠くが見えにくくなっています

なので新しくメガネを作ることにしました

遠くが視力1.0まで見えるようにメガネを作って遠くを見てみたらものすごく見えるようになってます

まるで別世界のようによく見えます

メガネ屋さんでもかなり目が悪くなっていると言われました

早く作り直すべきだったと反省

そしてそのメガネをかけてスマホをフッと見てみました

そしたら小さな文字がぼやけて見えないんです

うぉ~~~これが老眼か~~~

老眼ってこんな風に字がみえないんやぁ~~~

初めての感覚でした

めちゃ不便

新しいメガネしてご飯を食べるときも料理がよく見えない

テレビはハッキリ見えるようになったけど料理がよく見えないです

今までと全く逆の生活です

そしてこの状態、いわゆる老眼状態がかなり不便だというのも実感しました

普段の生活で遠くも見るけどやっぱり近くを見て生活することが多いです

遠くは見えるようになったけど結構不便になってしまいました

それともう一つ嫌なことが…

メガネを作り直して従来のものよりかなり度数が上がってます

その結果レンズが分厚くなってしまいました

なのでメガネが重たく感じます

それと一番嫌なのがレンズが分厚くなってメガネをかけた状態で顔を見ると目がすごく小さく見えるんです

カニみたい~

変な顔~~~

今までも変な顔だったけど更に変な顔になってしまいました

でもこれはもうしょうがないです

目が悪いボクが悪い

これからはこの変な顔で生きていきたいと思います

それではまた

マニュアルのススメ2

location:福岡県福岡市西区大字西浦

糸島からお届けしています

昨日に引き続き「カメラのマニュアル撮影のススメ」です

今のカメラはオートでも十分綺麗に撮れます

十分に綺麗に撮れるというよりは、カメラが勝手に綺麗に撮ってくれています

これはスマホでも全く同じです

そして最近のスマホはカメラ機能の性能が素晴らしく、一眼レフやミラーレスで撮った写真を見比べても全く区別が付きません

なのでせっかくカメラを手に入れたのにスマホと同じ程度ではもったいない

カメラにはもっといろんなことができる能力があるんです

例えば「絞り」で「F値」という数値を変えて写真のボケの度合いを変えてみたり、「シャッタースピード」を変えて速い動きのものをピタッと止めてみたり

オートではなかなか出来ない写真の表現をマニュアルでカメラを操りいろいろな表現で写真に出来るんです

そこで絞りの「F値」を小さい数字にするとボケの度合いが大きくなります

それと同時に写真が明るくなります

状況によっては写真が真っ白になります

そこで写真を少し暗くするためにシャッタースピードを速くしてカメラのセンサーに取り入れる光の量を減らしてあげます

そうすることでセンサーに適正な量の光を取り込み綺麗な写真にします

カメラのオートはこの光の調整を自動で感知して適正な明るさの写真を撮ってくれるんです

でもそこの光の調整がマニュアルで撮るカメラの醍醐味でもあるんです

カメラのマニュアルは光の量を自分で自在に操ることなんです

お花の写真を撮るときにオートで撮ると誰でも同じように写せます

それをマニュアルでお花をふんわり明るく柔らかくするようシャッタースピードを調整して光の量を操るんです

そうすることで人とは違う自分だけのお花の表現が出来るんです

真っ白な画用紙にオートは絵のハンコをボンと押すような感覚がボクの中にあります

それと違ってマニュアルは同じ画用紙に筆で太い線、細い線、淡い色、濃い色を自分で描くような感覚があります

実際に撮る写真の線を太くしたり細くしたりするのではないですが…

オートは写真を「撮る」、マニュアルは写真を「描く」という感じに思っています

そんな感じで是非マニュアルの撮影で自分の感性と感覚で写真を撮ってみませんか

きっとオートで撮っていた時よりカメラを操っている感覚が出来始め、どんどん撮ることが楽しくなってくると思います

カメラのマニュアル撮影

是非オススメします

二日に渡り長くなりましたが読んでくれてありがとうございました

それではまた

マニュアル撮影のススメ

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

最近カメラの質問をちょくちょくいただきます

「一眼レフはマニュアルがやっぱりいいですか?」「いつもオートで撮影してるけどマニュアルを勉強すべきですか?」といった感じの質問が多いです

今までボクはカメラのことはほとんど書いたことがありません

ボクはプロではないし、うんちくを語れる程でもないです

ですがもしボクが書いたことを読んで「よし!マニュアル頑張ってみよう」という方がいたらと思い少しだけカメラ(一眼レフ・ミラーレス)のことを書きたいと思います

このカメラの話は今日と明日で書きたいと思っています

それでは、まずストレートに言うと絶対にマニュアルで撮ったほうがイイです

そしてマニュアルは全く難しくないです

車の運転や料理のほうがボクは難しいと思っています

そしてマニュアル撮影は全てを手動で操作する訳ではありません

ピントを合わせるのはシャッター半押しのオートフォーカスです

たまに特殊な撮影で手動でピントを合わせますが基本はオートで合わせます

では何をマニュアル(手動)で行うかというと「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つだけです

細かく言うと他にもありますがこの3つの動作がマニュアルの基本です

さらに言うと「ISO感度」は暗い場所での撮影時に補助的にセンサーの感度を上げるものなので時と場合によって手動で切り替えます

このISO感度に関してはマニュアルに慣れるまで「ISO感度オート」に設定していいと思います

ですの先ずは「絞り」と「シャッタースピード」の2つだけです

この2つをマニュアルで設定するようになるとオートでの撮影に比べて驚くほど撮影の幅が広がります

そしてオートに比べて比較にならないほど撮影が楽しくなります

最初に一眼レフやミラーレスを手にしてオートで撮影した時すごく楽しかったと思います

だけどマニュアルで撮影するようになるともっともっと楽しくなってカメラにハマルことは間違いありません

そしてオートの撮影は撮影する構図を自分で決めてシャッターを押して写真を撮るというスマホの撮影と同じで「撮影に関する設定」のほとんどのことをカメラがやってくれてます

この「撮影に関する設定」がカメラの一番楽しいことなのですが全部カメラに楽しいことを取られちゃってます

オートから一歩進んで「絞り優先モード」や「シャッタースピード優先モード」など絞りかシャッタースピードのどちらかを自分で設定してどちらかをカメラが合わせているモードもあります

オートからステップを踏んでいくのはもちろんアリです

いずれは「絞り」も「シャッタースピード」も両方マニュアルで設定してカメラを操っている実感が持てると何倍も撮影が楽しくなると思います

というところで、続きはまた明日書きたいと思います

それではまた

安い防寒着

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

ボクが会社で防寒用で汚れても大丈夫な安いダウンジャケットみたいなのを使っていました

寒い日に会社の外でちょっと着て何かするときにと思って使っていたものです

清掃作業をするときに使ったりするので汚れてもイイしガンガン洗えればと思って買ったダウンジャケットみたいなのです

それを買ったときの価格はなんと3,000円

価格から考えて間違いなくダウンではなく綿か何かなんだろうけどモコモコしてて多少の防寒にはなると思い買って使っていました

寒いときに着てましたが価格だけあって全然温かくないです

でも見た目は温かそうで会社の人からも「それ温かそ~」とよく言われてました

全然見た目ほど温かくないけど

それでもまあ着ないよりはイイかなと思って冬場に着てました

そのダウンジャケットみたいなのが先日とうとう破れてしまいました

事務所の片付けをした時に出た不燃物をゴミ置き場へ運んだ際に腕の部分が何かに引っかかってビリッと音を立てて破れちゃったんです

まぁ安かったし今までよくもったとも思いました

そしてその破れちゃった部分から中身が見えてて「ん?!何コレ!」となりました

どうせ捨てるからと腕の破れたところをビッと更に破って中を見てみたんです

そしたら中は綿と思っていたら違ってました

なんと中身は「スポンジ」だったんです

チロルチョコくらいの大きなのキューブ状のスポンジがいっぱい入ってるんです

「こんなんアリか?」と思いました

どおりで温かくない訳です

だってスポンジなんやもん

次はスポンジジャケットを買わないようにします

それではまた

黒っぽいのと白いの

location:福岡県糸島市雷山

糸島からお届けしています

同じような種類の食べものの中で色を選ぶときに何故か黒っぽいものを選んでしまいます

単純に食べものの好みなのでしょうが…

「黒あん」と「白あん」だったら黒あんを選んでしまします

別に白あんが嫌いという訳ではないのですが

「茶色いチョコレート」と「ホワイトチョコ」だったら茶色いチョコレートを選んでしまいます

別にホワイトチョコが嫌いという訳ではないのですが

「ビーフシチュー」と「クリームシチュー」だったらビーフシチューを選んでしまいます

別にクリームシチューが嫌いという訳ではないのですが

「コーラ」と「サイダー」だったらコーラを選んでしまいます

別にサイダーが嫌いという訳ではないのですが

「コーヒー牛乳」と「牛乳」だったらコービー牛乳を選んでしまします

牛乳は死ぬほど嫌いです

なぜか黒っぽい方を選んでしまいます

なんでだろう?

それではまた

ウエマツ課長

location:福岡県糸島市志摩新町

糸島からお届けしています

取引先の人と電話で話しているときになかなか親切な人を発見しました

前にも電話で何度か話したことはある人なのですがここまで親切な人とは思いませんでした

うちの会社の商品サンプルを指定の会社の担当者まで送って欲しいとのことでした

会社名と住所を電話で聞いて担当者名を聞くと「ウエマツ課長」宛にとのことでした

一応「ウエマツ」とカタカナで書くわけにもいかないので「ウエマツ課長の漢字はどう書きますか?」と尋ねたんです

すると「木へんに直角の直、そして木へんにハム」と言われました

「植」はイイのですが「松」を「木へんにハム」と言われたのは初めてです

なかなかのセンスの持ち主です

そしてそれだけでは終わりませんでした

その「植松」という漢字の書き方に続けて「ごんべんにフルーツの果実の果」と言い出したんです

そうなんです

「課長」の漢字の書き方まで説明し始めたんです

一応最後まで聞いて「ありがとうございます」と言いました

ボクはバカだけどそこまでバカではないんだと思うけどなぁ~

でも優しさは頂戴しました

それではまた

カマキリさん

location:福岡県糸島市瑞梅寺

人の名前はちゃんと日頃から呼ばなければ危険ということがありました

仕事の取引先の人で茅切(かやきり)さんという方がいます

すごく温厚な方でイイ人です

身長も180センチくらいあってスラッとしてます

うちの会社の従業員もみんな茅切さんのことを知っていて社内ではあだ名で呼ばれています

そのあだ名は「カマキリさん」です

先日、茅切さんが年始の挨拶に来たときにボクの部下も同席しました

そして応接室で挨拶から始まり仕事の話よりプライベートの話などで盛り上がりました

そこでボクの部下が会話の途中で茅切さんに思わず「カマキリさん」と呼んでしまったんです

ボクはずっと茅切さんの顔を見てたので分ったのですが「カマキリさん」と言った瞬間に眉毛がピクッと動いたんです

「ゲッ、、、絶対に聞こえた」と思いました

そして思わず言っちゃった部下は「カマキリさん」と言った事に気づいてません

気づいてないということは2発目が出る恐れがあると思って、その後ずっとボクが茅切さんにマシンガントークして部下が話さないように危機を脱出しました

挨拶が終わって茅切さんが帰ったあと「さっき茅切さんにカマキリさんって言ったやろ~」と聞くと「え~~っボク言ってませんよ~」とのことでした

ボクの聞き違いだったのかなぁ~

でもハッキリと「カマキリさん」と聞こえたんだよなぁ~

そして茅切さんの眉毛がピクッて動いたんだよなぁ~

見間違いだったのかなぁ~

部下が絶対に言ってないというから言ってなかったと思うけど会社で茅切さんのことは「カマキリさん」と呼ぶのはやめようということになりました

今後思わず言っちゃったということが無いように

応接室でひとりで焦ってた出来事でした

それではまた

抗菌の意味

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

仕事がら滅菌や殺菌、除菌などという言葉をよく耳にします

それらの言葉は日常でもたまに耳にするけど意味を間違って認識している人が多いようです

先日も「抗菌マットって書いてあるから菌を寄せつけない」という人がいました

でもコレは間違いです

意外とそう思っている人も多いようです

ですので今日は簡単に「滅菌・殺菌・除菌・抗菌・消毒」の意味を書いてみます

本気で詳しく書くとめちゃくちゃ長くなるので分りやすく出来るだけ簡単に書きます■まず「滅菌」

滅菌は、すべての微生物やウィルスを全部殺しちゃって除去することです

菌をやっつけるという意味ではMAXです

次に「殺菌」■殺菌は微生物やウィルスを殺すこと

ただこの言葉には殺す対象や程度を含んでいないので、その一部のを殺しただけでも殺菌といいます

どれだけの効果があるかはハッキリと分からない

そして「除菌」

除菌は、微生物やウィルスをある程度減らすということ

完全にどっかにやっちゃった訳ではないんです

そして「抗菌」

抗菌は、菌が増えるのを抑えるということ

菌を寄せつけなくするんじゃないんです

抗菌加工と書いたものなどは、製品の表面の細菌が増えるのを抑えるような加工がしてあるよってことです

ただ、抑えるということで増えるのがゼロということではないです

最後に「消毒」

消毒は物や生体にくっついたり含んでいる病原性の微生物を殺したり除去して害の無い程度まで減らしたり毒性を無くしたりすることです

こんな感じがそれらの意味です

本当は菌やウイルスを殺すのに「滅菌」がイイけど人の手を滅菌することはできません

もし人の手を滅菌するとなったら人体の細胞ごと殺さないといけないので実際には無理なこと

滅菌は器具などについた菌やウィルスをやっつけるときに使います

なので殺菌や除菌、消毒といった方法で手を綺麗にします

風邪の予防の手洗い・うがいはこういうことです

これらの言葉の違いを仕事で従業員に指導したりするけど結構多くの人が誤認識しているようです

もしよかったら普段の生活の中でもよく出てくる言葉なので参考にしてみてください

それではまた

カップめんのちょい乗せ

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

先日お昼ご飯でうちの会社の人がすごい食べ方してました

カップのきつねうどんに粉末スープを入れてお湯を入れて、さらにそこにファミチキをカップに中に入れたんです

「えっマジ!」と思って観ていたら5分経ってかき混ぜて食べ始めました

そこでそれを食べている人に「それ美味しいの?」と聞くと「だまされたと思ってやってみてください」とのことでした

ということで、だまされたと思ってやってみました

食べた感想は「この食べ方アリ」です

それを教えてくれた人が言うには、カップのうどんを作ってその上にファミチキを乗せるよりも粉末スープをカップに入れてお湯をそそいで、そのカップにファミチキを入れて5分経って食べるのがコツだとか

好みはあるのかもしれませんが、意外とボクの中ではアリでした

それと別で最強のレシピがあると言い出しました

それはカップうどんではなくカップヌードルです

カップヌードルの定番のレギュラーなやつ

あれを通常通りに作ってその上にとんでもないものを乗せるらしいんです

その乗せるものは「プリン」

そのプリンをカップヌードルとぐちゃぐちゃに混ぜて食べるそうです

すると甘しょっぱくてめちゃくちゃ美味しいらしい

かなり進められましたがちょっとして心の準備が出来てから食べてみたいと思います

ただその心の準備にはかなり時間がかかりそうです

それではまた

虎の置物

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

ボクが子どもの頃に金属で出来た「虎」の置物が自宅の居間に置いてありました

全長約30センチほどの大きさの置物で虎が四つんばいになってシッポがピョーンと伸びて顔がガオーってしてる置物です

金属で出来ていて全体が黒っぽい茶色のような色です

ボクの弟が寅年生まれなので弟の誕生の際に父上が購入したのかお祝いでもらったのかよくわかりませんがボクが小さい頃からずっと自宅にありました

ボクが中学生だったときのある日、父上が「この虎の置物は命が宿っているかもしれない」と訳の分らんことを言い出しました

ボクが「何で?」と父に尋ねると「ここ数ヶ月ずっと見ているが、この虎の胴周りがどんどん黒くなって来ている」と言うんです

そして最初はお腹の胴回りの中心部が少し黒っぽかったのがだんだんと黒い色が濃くなっているとのことでした

またその黒っぽくなっているのが広がって来ていていつか全体が黒っぽくなりそうだとのことでした

父上も真剣に「これは何かの前触れで置物に命が宿っているかもしれない」とちょっと宗教じみたことを言い出し始めました

その後も父上はその虎の置物をジロジロ見ていて置物を触るときは白い手袋までして大事に扱っていました

そしていつも「不思議だ~、不思議だ~」と言っていました

その虎の置物は重さがちょうど3キロあることをボクは体重計で量ったことがあったので知っていました

その虎の置物はちょうど3キロなので実はボクが胴回りを握ってダンベル代わりに数ヶ月前から筋トレしていたんです

おそらく胴回りが黒っぽくなってきているのはボクがダンベル代わりに素手で握ってたからだと思います

というか間違いなくそうです

父上がずっと気にしていることを知ってからは流石に虎の置物で筋トレするのをやめました

それからは胴回りが黒くならなくなりました

その後父上は真剣な顔で「止まった」と言ってたのを覚えています

さすがにあの時の父上の真剣な顔を見たら「それボクが筋トレ用にダンベルの変わりに使いよるからだよ」とは言い出せず、ずっと内緒にしていました

父上ごめんよ、あの時に虎に命を吹き込んだのはボクなんだよ

もうしないから

それではまた