休校はビックリ

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

昨日、安倍総理がコロナウィルスの感染拡大を防ぐため3月2日から春休みがあけるまで全国の小中高や特別支援学校を臨時休校するように要請したと発表がありました

ボクが今まで生きてきてこんなこと初めてです

この時期に子ども達がひと月も休むなんてすごいことですよね

そしてこれからが心配です

企業に対してどこまでの要請があるのか

それが一番心配です

子ども達は「学校休み~、イェーイ」となるかもしれませんが仕事をしている人はそうはいかない

「仕事休み~、イェーイ」となる人もいるかもしれないけど、確実に会社は減益です

最悪の場合は会社が存続できなくなる

そうなるとイェーイと思った人も仕事がなくなるんです

お金が稼げない

生活できなくなります

そして自給でお仕事している人は休みになると給料が出ない

収入減は避けられなくなります

景気が良くなるわけがない

なのでこれからが心配です

とにかく一日でも早く終息してもらわなければ

コロナ感染の脅威はあるけど経済的な脅威も怖いです

とんでもないことになってきました

それではまた

コロナの影響

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

日の昼のPOSTに少し書いたのですが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため卒業式や入学式を中止する学校が出てきています

うちも娘様と息子様がもうすぐ卒業式があるのですがどうなるんだろう

娘様が通う大学はマンモス大学で学生もとてつもなく多いから感染予防で中止になるのかなぁ

うちだけじゃなく卒業式に着る袴や美容院の予約ってどうなるんだろう

それに卒業式の後である謝恩会に着るドレスも買ってたからどうなるかなぁ

できれば何事もなく行わせてあげたいのですが…

4月になると息子様が娘様と同じ大学に進学するのですが入学式もどうなるんだろう

エンタメ界ではいろいろなアーティストが軒並みライブなどを延期や中止の発表しています

今までボクはコロナウイルスにかかわることをほとんど触れてきてなかったけど流石にとんでもないことになってきています

これからどうなっていくのか見えてこないのが不安です

一日でも早く収束しますように

それではまた

イリコ嫌い

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

ボクが小学校のころよく父上から「イリコ食え、イリコ食え」と言われていました

カルシウムを取れということだったのでしょうが…

言われるだけならまだイイのですが、行動に移されるんです

晩御飯の時にしょちゅうイリコが出てきて食べさせられたんです

それがとんでもない料理

というか料理なんてもんじゃないです

うちの家はお味噌汁をイリコからダシを取って作っていました

その時にダシを取ったイリコの残骸に酢醤油をかけて小鉢に入ったのがボクの晩御飯の一品に入っているんです

正直言ってクソマズです

それを晩御飯の時に父上から「イリコ食え、イリコ食え」って言われて食べさせられるんです

まぁ~にがいの、すっぱいの、まずいのったりゃありゃしません

よくもあんなクソマズいものを考えてボクに食べさせてたなぁと思います

ほぼ毎日のように出てくるのですが、いつも「食べたくない」と言ってました

でも食べさせられるのですが…

母上からは「食べたくないのに食べなくてイイ」と言ってもらってたのですが父上からは「ダメ、食べなさい」と言われて食べさせられるんです

そんなやり取りが毎日のようにあって嫌々食べてました

おかげさまで今になって骨が強くなったとも思えず、単純にイリコが嫌いになりました

そしていつものように「食べたくない」から始まり、「ダメ、食べなさい」のやり取りの時に「ホントに美味しくないから一度食べてみて」と父上に言ったことがあります

それで父上が食べたかどうかは覚えてないのですが、その反乱からイリコが晩御飯に出てこなかったのは覚えてます

きっと父上はイリコ食べてクソマズかったんだと思ってます

そんな経験からボクは子どもに食べものを強制したことは一度もありません

今でもスーパーでイリコを見るたびにあのクソマズい味を思い出してます

ホントにクソマズいかどうか信じるかはあなた次第です

それではまた

シルバー川柳

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

サラリーマン川柳というのが面白くてたまにネットで見ていたりします

その老人版の「シルバー川柳」というのがこれまた面白いんです

いつかボクもそうなるんだろうなぁ~と思いながら読んでます

その数あるシルバー川柳の中でかなりツボにはまって面白かったのを3つだけ紹介したいと思います

それでは

「なぁお前 はいてるパンツ 俺のだが」

「大事なら しまうな2度と でてこない」

「ひ孫の名 読めない書けない 聞きとれない」

この3つがボクの中ではツボでした

これらを書いた方の名前と年齢も公表されているのですがかなり年配です

その歳でこれだけユーモアがあることを書けるのがスゴイです

身体は老いても脳のある部分が新鮮なんだろうなぁ~

ボクもそんなユーモアがあるジジイになりたいです

それではまた

昔のCM

location:福岡県糸島市志摩芥屋(芥屋海水浴場)

糸島からお届けしています

先日ここ最近のテレビ番組が面白くないことを書きました

その流れの話になりますが、ここ最近のテレビコマーシャルもインパクトがあるものが少ない気がします

YouTubeで「80年代CM」や「90年代CM」と検索して動画を見てみたら永遠に観ていられるほど面白い

今時のCMと何かが違うんです

90年代に流れていたコカコーラのCM集を見てみたら正にトレンディードラマの世界でした

よかったら観てみてください

ずっと観ながらニヤケてしまいますよ~

今から30年近く前のCMなのですが今見てもイイ感じです

今の時代に流れているCMは30年後にどうみえているのかなぁ~

ワクワク感はあるのかなぁ~

30年後に生きてたら検証してみます

それではまた

最短焦点距離

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

今日もちょっとだけカメラの話です

先日DMで質問があって意外と知られてないんだ~と思うことがありました

DMで質問をくれた方に許可を得て質問の内容を書きます

質問の内容は「花を撮影するときに近寄るとピントが合わないのですがどうしたら合うようになりますか?」とのことでした

そこで分ったのですがその方はこのことを知らないと思ったんです

それはレンズによって「最短焦点距離」というものがあるということです

それはそれぞれのレンズによって違うのですが、被写体に近づいて撮れる距離が決まっているんです

例えば最短焦点距離が「100センチ」というレンズであれば、撮りたいものへ100センチより近づくとピントが合いません

最短焦点距離「25センチ」となっているレンズは25センチまで近づくことが出来ます

ここて間違えてはいけないのが最短焦点距離はレンズの先っちょから撮りたいものまでの距離ではないということ

カメラのセンサーから撮りたいものまでの距離のことなんです

それじゃカメラのセンサーはカメラの中のどの辺りにあるんじゃい?となりますがそれはちゃんとカメラに表記されています

カメラのボディーの上面にだいたい表記してあるのですが「φ」みたいなマークがあると思います

音符の「ド」みたいなやつ

それが表記されている辺りのカメラの中にセンサーがあります

そこと撮りたいものまでの距離が最短焦点距離です

カメラの先っちょから撮りたいものまでの距離を「ワーキングディスタンス」といいます

マクロレンズなどは最短焦点距離が「20センチ」というものもあります

センサーからの距離か20センチなのでレンズの先っちょからの距離「ワーキングディスタンス」はほんの数センチ

そこまで近寄れるレンズもあります

ですのでレンズによっては近づける距離が違いますので是非お持ちのレンズの最短焦点距離を把握しておくことをオススメします

レンズに最短焦点距離が書かれているものもありますが書いて無いものもあります

レンズの説明書には間違いなく書いてます

もしくはレンズのメーカーを種類をネットで検索すると調べられると思いますので是非それぞれのレンズの最短焦点距離を把握しておきましょ~

今日はレンズによって決まった最短焦点距離があるよ~という話でした

それではまた

ここ最近のテレビ番組

location:福岡県糸島市志摩芥屋

最近のテレビ番組がイマイチ面白く感じないです

昨日今日という訳ではなくだいぶ前からずっとです

面白く感じないのはボクだけかもしれませんが…

「うぉ~~これ観たい」という番組がなかなか観れないです

ここ最近では番組のヤラセ問題で取り上げられるから真面目になりすぎて面白くないのでしょうか?

昔よく観てた「水曜スペシャル川口浩探検隊」なんてガッツリのヤラセだったけどめちゃくちゃ面白かったです

頭が二つあるヘビを追え~!とか、首刈り族は存在した!みたいなの面白くてたまりませんでした

ほとんどヤラセと分っていてみんな観てたんですけど

テレビってそんなものと思っていたし、それだから面白かったのに

あの頃に観たテレビのワクワク感をまた味わいたいです

テレビって夢の世界のかたまりなんですけどね~

それではここ最近のテレビを今日も観て寝ま~す

それではまた

スポーツ刈り

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

会社で小学生の子どもが髪を短くしたがらないという話を聞きました

寝ている間にバリカンで刈ってしまおうかと話てたから「絶対にやめとけ」とアドバイスしました

ボクも子どもの頃は短くするのが嫌でずっと長めの髪型にしてました

小学生のころ父上から少し短くしてみたらどうかとよく言われたけどいつも拒否していました

そんな頃に父上から「スポーツ刈り」にしてみたら?と言われたことがありました

「スポーツ刈りってどんなん?」と父上に尋ねると「スポーツ選手みたいに爽やかでカッコイイよ」と言われました

当時はバカの完全体だったボクが頭に浮かんだのはアニメのスポーツキャラでした

キャプテン翼の大空翼、日向小次郎

がんばれ元気の堀口元気

ダッシュ勝平の坂本勝平

みんな少し長めだし悪くないなぁ~と勝手に想像しました

そして父上が提案した「スポーツ刈り」というのにしてみることに

数日後、父上に連れられ理容店に行って髪を切り始めました

すると思っていたよりはるかに大量に髪をバサバサ切っていくんです

「え~~~!どういうこと~~~!」

しまいにはバリカンが登場してウィーーーーーーーーーンとガンガン刈っていくんです

「ちょちょちょちょ~~~~~!」

その時は頭の中が真っ白になって声に出して「STOP」と言えなかったです

自分なりに気に入って長くしていた髪が無残にもバリカンで刈るというより削り取られて行き出来上がったのはほぼ坊主にお近い状態

そして切ってしまったのはどうすることも出来ない

完全に父上から騙されたと思いました

勝手にキャプテン翼を想像したボクがいけないのですが

それから父上に「うそつき~~」と泣きながら文句を言い続けたのを覚えています

父上は「よく似合ってる」と言ってたがその時の父上は悪魔の帝王だったので絶対に信じられません

それから考えたのが「明日学校に行けない…」でした

学校に行ったら友達から「一休さん」やら「磯野カツオ」やら「キャプテン翼の石崎」やら言われると思うと名古屋のおばあちゃんの家に行って新たな小学校生活を始めたいと思うほどでした

実際に母上におばあちゃんの家に引っ越してとお願いしたのも覚えてます

まぁそんなことしてもらえる訳もなく翌日学校へ嫌々行きました

すると自分が思っていたほどいろいろ言われることも無くスポーツ刈りデビューとなりました

でも凄く嫌だったのを覚えています

もし会社の小学生の子どもが朝起きたら坊主になっていたとしたら全く心の準備が無いまま登校することになります

それは子どもにとって間違いなく地獄です

だから絶対にしちゃダメ

ちゃんと話して切らなくちゃ

そして髪が長めのちびっ子達に教えたい

親から「スポーツ刈り」という魔の提案をされたら騙されるなよ

スポーツ刈りって相当短け~ぞ

それではまた

サルの卵

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

ボクが小学5年生のとき面白い転校生がいました

名前は忘れましたが、あだ名は覚えています

「ミッピー」と呼んでいました

転校してきた初めのころは何故か「ミシシッピ」と呼ばれていて呼びにくいから「ミッピー」になったのを覚えています

そのミッピーが転校してきてクラスの中で同じ班になりました

ボクが小学校のころはクラス内で6つくらいの班に分かれていて同じ班の人と机を合体させて6つの島のようにして授業を受けていました

何をするにも班行動で給食の時間も班で食べていました

班のみんなも転校生のミッピーに興味があっていろいろミッピーと話をしていました

その中でミッピーが妙なことを言い出したんです

「うちの家にはお父さんが外国で買ってきたサルの卵がある」と言うんです

みんな「サルって卵から生まれるんだっけ?」と話していると誰かが「ドラマの西遊記が始まるときに卵みたいな丸いのから孫悟空が生まれてた」と言いました

ミッピーに学校に持って来てとお願いしたけど卵が割れたらいけないから持ってこれないとのこと

それじゃ家に行って見せて欲しいとお願いしたら「お父さんから人に見せたらダメと言われている」とのことでした

でもサルの卵が班のみんな見たくて何とかこそっと見せてとお願いしたら「班の人だけね」ということで家に行って見せてもらうようになったんです

そして学校が終わってからミッピーの家に観に行くことになりました

班のみんなで集まって家に行ってミッピーの部屋に行くと小さな箱があってその中に卵を入れているとのこと

ミッピーから絶対に触らないのと揺らしたりしないことを言われてミッピーがそっと箱のフタを開けました

ワクワクしながらみんなで箱の中をのぞき込むとタオルに包まれている何かがある

そのタオルをミッピーがゆっくりめくるとサルの卵が見えてきました

みんなで「ウォ~~~~」となってサルの卵とご対面です

そのサルの卵を見てボクの第一印象は「こ、これ、キウイやん」です

まんまあの毛むくじゃらのキウイでした

その頃ミッピーが転校してきて間がないので「これキウイやん」とも言えずみんなで「すごいね」と言って帰ってきました

その帰りの道中に班のみんなで「あれキウイだよね」と話しました

そしてサルの卵を見たことは班の人以外には内緒です

後日ミッピーに「サル生まれた?」とちょくちょく班のみんなで聞いてたけどなかなか生まれませんでした

だってキウイやし

それから数ヶ月もしないうちにミッピーは転校していってしまいました

あのミッピーって何だったんだろう

今ごろ何してるんやろう

鮮明に覚えているサルの卵の話でした

それではまた

干渉しない

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

ボクは人と接するときに常に念頭においていることがあります

それは「干渉しない」ということです

決して人に興味を持たないということではありません

逆に興味を持ちすぎるほどです

その「干渉」という言葉を辞書で引くと「他人のことに立ち入って、口出しをしたり自分の考えを押しつけようとしたりすること」とあります

そんなことされたらやっぱりボクは嫌だし、誰でも嫌なはずです

なので仕事でも部下に対して絶対に「干渉」しないように心がけています

ただ部下に対しては「助言」や「指導」はします

「助言」を調べると「助けになるような意見や言葉を、そばから言ってやること」

「指導」は「ある目的・方向に向かって教え導くこと」とあります

「干渉」とはやはり違います

前に上司から「部下は道具じゃない、一人一人ちゃんと人格を持った協力者だ」と教わりました

なので決して干渉しないと決めています

そしてうちの奥様にも絶対に「干渉」しないようにしています

もちろん興味ないから好き勝手にしてちょうだいということではなく、「干渉せず見守る」という表現が適切かもしれません

そして奥様からもボクは「干渉」されません

ボクの場合は奥様から相手にされてないだけかもしれませんが…

ただその「干渉しない」をなかなか実行できない場面があります

それは自分の子どもに対してなんです

ついつい心配するあまり「干渉」してしまいます

子どもに干渉するたびに「あ~また言っちゃった~」といつも反省

「干渉したらいかん、したらいかん」と思いつつも干渉してしまってます

族に言う「ダメ親父」という奴です

今年の春からうちの娘様は大学を卒業し社会人になります

息子様も高校を卒業し大学へ進学します

ちょうどイイ節目なので「干渉しない」を実行しなければ

ダメ親父から普通の親父に1階級上がれるよう頑張ります

それではまた