中○○端

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

先日うちの娘様からちょっとしたクイズを出されました

その時の問題をちょっと書きます

それでは問題です

次の「○」で隠された四文字の言葉は何でしょうか?

「中○○端」

良かったらちょっとだけ頭の中で答えを想像してみて下さい

ボクが答えたのは「中洲川端」です

このクイズの答えを福岡の人は9割近くの人が「中洲川端(なかすかわばた)」と答えるそうです

中洲川端は福岡の夜の町「中洲」があるエリアの名前で市営地下鉄の駅名にもなってます

福岡では超有名なので「中○○端」ときたら「中洲川端」と答えちゃうんです

それが他の県の人の多くは「中途半端」と答えるそうなんです

もし東京や大阪で「隠れ福岡人」を探す時はこれが使えます

福岡の人ならほとんどの人が「中洲川端」と答えますので~

それではまた

ケンタッキーがな~い

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日は28日

ケンタッキーの「にわとりの日」です

糸島にはケンタッキーフライドチキンが無いから隣町の店舗へ買いに行ってたけど、そこの店舗は11月まで改装中

にわとりの日なのにお得なケンタッキーが買えない~

食べれな~い

他にもメジャーなお店でいうとモスバーガーもな~い

前は糸島市にもあったけどなくなった~

食べれな~い

それにミスタードナツもな~い

前は糸島市にもあったけどなくなった~

食べれな~い

でも糸島市内のイオンに移動販売で小さなショーケース置いて売りに来てるからかろうじて食べれ~る

食べれるけど種類が少な~い

糸島市は前より人口が増えているのにメジャーなお店がなくな~る

なんでや~

これを考えると糸島は田舎だなぁ~と思ってしまします

お願いだからマクドナルドまでなくならないでね~

それではまた

50年に一度

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

昨日の情報番組を観ていたら「50年に一度の大雨」と言ってました

去年の豪雨の時も「50年に一度の大雨」と言ってました

実は一昨年も「50年に一度の大雨」と言ってたのを覚えてます

普通に解釈すると計算が合わんのやけど~

昨日テレビで言ってたのを加えると「50年に三度」なんやけど~

それとも「50年に一度」という言葉は「大変な状況」や「とても危険な状況」という比喩的な表現方法なんやろうか?

それとも「その場所では50年に一度」ということなんやろうか?

ちびっこやボクみたいな人は、どストレートに言葉を解釈するので悩んでしまいます

別の表現方法はないんでしょうか

日本語はようわからん言い方するから難しいです

それではまた

シルバー川柳

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

サラリーマン川柳というのが面白くてたまにネットで見ていたりします

その老人版の「シルバー川柳」というのがこれまた面白いんです

いつかボクもそうなるんだろうなぁ~と思いながら読んでます

その数あるシルバー川柳の中でかなりツボにはまって面白かったのを3つだけ紹介したいと思います

それでは

「なぁお前 はいてるパンツ 俺のだが」

「大事なら しまうな2度と でてこない」

「ひ孫の名 読めない書けない 聞きとれない」

この3つがボクの中ではツボでした

これらを書いた方の名前と年齢も公表されているのですがかなり年配です

その歳でこれだけユーモアがあることを書けるのがスゴイです

身体は老いても脳のある部分が新鮮なんだろうなぁ~

ボクもそんなユーモアがあるジジイになりたいです

それではまた

スポーツ刈り

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

会社で小学生の子どもが髪を短くしたがらないという話を聞きました

寝ている間にバリカンで刈ってしまおうかと話てたから「絶対にやめとけ」とアドバイスしました

ボクも子どもの頃は短くするのが嫌でずっと長めの髪型にしてました

小学生のころ父上から少し短くしてみたらどうかとよく言われたけどいつも拒否していました

そんな頃に父上から「スポーツ刈り」にしてみたら?と言われたことがありました

「スポーツ刈りってどんなん?」と父上に尋ねると「スポーツ選手みたいに爽やかでカッコイイよ」と言われました

当時はバカの完全体だったボクが頭に浮かんだのはアニメのスポーツキャラでした

キャプテン翼の大空翼、日向小次郎

がんばれ元気の堀口元気

ダッシュ勝平の坂本勝平

みんな少し長めだし悪くないなぁ~と勝手に想像しました

そして父上が提案した「スポーツ刈り」というのにしてみることに

数日後、父上に連れられ理容店に行って髪を切り始めました

すると思っていたよりはるかに大量に髪をバサバサ切っていくんです

「え~~~!どういうこと~~~!」

しまいにはバリカンが登場してウィーーーーーーーーーンとガンガン刈っていくんです

「ちょちょちょちょ~~~~~!」

その時は頭の中が真っ白になって声に出して「STOP」と言えなかったです

自分なりに気に入って長くしていた髪が無残にもバリカンで刈るというより削り取られて行き出来上がったのはほぼ坊主にお近い状態

そして切ってしまったのはどうすることも出来ない

完全に父上から騙されたと思いました

勝手にキャプテン翼を想像したボクがいけないのですが

それから父上に「うそつき~~」と泣きながら文句を言い続けたのを覚えています

父上は「よく似合ってる」と言ってたがその時の父上は悪魔の帝王だったので絶対に信じられません

それから考えたのが「明日学校に行けない…」でした

学校に行ったら友達から「一休さん」やら「磯野カツオ」やら「キャプテン翼の石崎」やら言われると思うと名古屋のおばあちゃんの家に行って新たな小学校生活を始めたいと思うほどでした

実際に母上におばあちゃんの家に引っ越してとお願いしたのも覚えてます

まぁそんなことしてもらえる訳もなく翌日学校へ嫌々行きました

すると自分が思っていたほどいろいろ言われることも無くスポーツ刈りデビューとなりました

でも凄く嫌だったのを覚えています

もし会社の小学生の子どもが朝起きたら坊主になっていたとしたら全く心の準備が無いまま登校することになります

それは子どもにとって間違いなく地獄です

だから絶対にしちゃダメ

ちゃんと話して切らなくちゃ

そして髪が長めのちびっ子達に教えたい

親から「スポーツ刈り」という魔の提案をされたら騙されるなよ

スポーツ刈りって相当短け~ぞ

それではまた

最強の変顔

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日は今までで一番くだらないお話かもしれません

笑わないことで有名なラグビー日本代表の稲垣啓太選手でも笑うであろう表情の作り方です

最強の変顔の作り方です

その表情の作り方を部分的に説明します

まず目を全開に開きます

人生でこれ以上開いたこと無いというくらい全開にします

そして次は鼻です

鼻も、とにかく鼻の穴を全開に開きます

人生でこれ以上開いたこと無いというくらい全開にします

最後に口です

この口もアゴが外れるかというくらいに全開に開きます

人生でこれ以上開いたこと無いというくらい全開にします

そしてこの目、鼻、口に全神経を集中させて同時に全て全開にしたときの顔は最強です

恥ずかしがって全開まで開かないと最強にはなれません

とにかく全開です

この表情は目鼻立ちが整っている人ほど爆発的な攻撃力を発揮します

是非身近な人へお試しください

それではまた

クリスマスプレゼント

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから眺めた風景を撮ってきました

ここの海岸はいつも人が少ないので落ち着いて撮影できます

人が多いと落ち着かないわけではないのですが人が写真に写らないようにするのが結構大変です

でも人が少ない場所は人が居なくなるのを待たなくていいから撮影しやすいです

なので人が少ないスポットへ撮影に行きがちです

人が多い糸島の有名スポットへも今度行かねば…

そして話は変わりますが

ジジイになるとクリスマスはワクワクするものの一大イベントからどんどん遠ざかっている気がします

でもボクもまだ若い頃はクリスマスを楽しみにしていた一人でした

まだうちの奥様と結婚する前にクリスマスプレゼントを何にするか必死に考えてたのが懐かしい

10月くらいからいろんなショップを回り11月くらいにはいつもプレゼントを用意していました

でもクリスマスまで買ってからかなり日にちがあるので早く渡したくてしょうがなくなるんです

プレゼントを渡したときの奥様の表情が早く見たくて11月くらいにプレゼントをあげちゃってました

ただそうなるとクリスマスに何もプレゼントが無いのは寂しい思いをさせてしまうと思いまたクリスマスプレゼントを考え始めるんです

そしてクリスマス用のプレゼントを再度用意してました

それからクリスマスまでまた数日あるのですがプレゼントをあげたときの表情が早く見たくてまたあげちゃうんです

結局クリスマスの当日にまた寂しい思いをさせないようにクリスマス当日用のプレゼントをまた探すんです

そんな感じでクリスマスプレゼントは3回くらいあげてたのを思い出します

今となっては大昔の出来事なのですがそんな頃が懐かしいです

今日も一日お疲れ様でした

Merry Christmas

それではまた

誰にも話せない話

location:福岡県糸島市島久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから撮影した風景です

この日の雲はすごく綺麗だったので空を目いっぱい入れてみました

なかなかイイ感じの雲に出会えないからこんな雲に出会えるとテンション上がります

また会いに行こう

そして話は変わりますが

ボクは子どもの頃に「タケノコ」は「竹の子ども」で大きくなったら竹になると思っていました

そんな感じで「キノコ」は「木の子ども」で大きくなったら木になると思っていました

「○○ノコ」というのは全部そうだと思っていたので「カズノコ」も「カズ」って魚の子どもと思っていました

子どもの頃は本当にバカやった~

あまりに恥ずかしくてこのことは一生誰にも話せない

あっ...

それではまた

検証失敗でした

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

ここ最近日が沈むのが急に早くなった気がします

実際には急にじゃなく同じペースで早くなったのだろうけど

なんとなく秋を感じます

そして今朝ネットニュースを観てたら「301円問題」というのが取り上げられてました

どういうことかというとセブンイレブンの税率計算方法の変更で不思議な現象が起きているそうです

今までは税込価格の合計がレジの価格になっていたのですが今月16日から税抜き価格の合計に消費税を加算しレジの価格になるそうです

そのことでニュースに上がっていたのは例えばセブンイレブンのアイスコーヒーSサイズが100円で1本買えば100円だけど3本買うと税率計算上301円になるらしい

税込み100円を税抜きに戻して3本合計し8%分の税を足すと301円になっちゃうそうなんです

正直納得いかない計算方法なのですが

そこでどうしても本当にそうなるのか検証したくなりました

用事があって外出するときにセブンイレブンのアイスコーヒー飲むのも久しぶりだし検証しようと思いました

昼食後に外出しセブンイレブンに寄ってアイスコーヒーSサイズを3本持ってレジに並びました

ワクワク、ワクワク

そして小銭が無かったので千円札と一円玉持って待ちました

ボクのレジの番になりました

ワクワクの結果、レジのお姉さんから告げられた価格は「324円になります」でした

えっなんで

そこで冷凍カップを手にしちゃってるし、やっぱりいりませんとは言えず

千円札で324円払いました

そして大量の小銭でおつりがジャラジャラ

ガ~ン

その後車に戻りネットでアイスコーヒーのことを調べてみたら四国、九州、北海道は7月1日から税込み100円が108円に値上げしているらしい

なんじゃそりゃ~

ボクはいったい何がしたかったんじゃ~

多分あのネットニュースの記事書いたのは東京の人のような

九州は100円で買えんのよ~

その後車にカップホルダーが2個しかないことにも気づきオーマイゴット

そして301円問題の検証もできず、このコーヒーどうするん

1本だけずっと持っとくのもと思い一気に1本飲み干しました

お昼ごはん後ということもありお腹はパンパンです

でも後2本残ってる

会社に戻るまではまだ時間あるから会社の誰かにあげたいけど氷が全部溶けてしゃびしゃびになっちゃうし

知らない人に「よかったらどうそ」とあげても不審者と思われそうだし

しゃびしゃびになる前に結果3本飲み干しました

結果301円問題の検証も出来ず単純に108円のコーヒーを3本買って一気飲みしただけ

どうせ一気飲みするなら301円問題の検証してしたかったな~

ということで九州のコーヒーは8円高いのとボクはやっぱりバカだということが分った日でした

それではまた

ネット記事の表現

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸通りから撮影してきました

ここ最近夕暮れ時に雲が多くて夕日が拝めないことが多かったけどこの日はよく見えました

これから夕暮れが綺麗さ季節なので楽しみです

そして、台風ファクサイは関東にとんでもないことしてどっか行っちゃいました

被害状況をネットで見ていたらかなり被害が大きいところもあって大変です

そして鉄道の運休などで通勤や通学に大きな影響が出て駅ではすごい数の人たちが足止めに

タクシー乗り場も大混雑のようでした

そんな状態のことで「ここまでして通勤しなければならないのか」「これが日本の社蓄の姿だ」などと書かれたネット記事を今回多く見かけました

確かに「こんな日は何とか休みに出来ないのかなぁ」と思うのも分ります

前にうちの会社も台風直撃だったことがありその日はほとんどの従業員を自宅待機にして出社しないよう連絡しました

通勤中の事故などを考えると身の安全を第一に考えてのことではありました

ただそれはうちの会社の事業内容が休みに出来る内容だったからです

当時うちの奥様は銀行員で台風直撃の中でも銀行に出勤しました

「え~こんな日でも行くのか」と思ったけど暴風雨の中、車で銀行まで送ったことを覚えています

話を聞いていると「銀行はどんなことがあっても時間通りに開店しなければいけない」と言っていました

通勤が絶対に出来ない状況と分っていたら誰かが支店に前日から泊り込んででも開店させるそうです

理由を聞くと「どんなことでお客さんが来店するか分らないから」です

そのお客さんがその日じゃなければならない人がいるかも知れない

それは銀行だけではなく他にも絶対に営業しなければならない企業もあると思います

そういう何とかして出社しなければならない会社の内容の人たちで今の日本が成り立っているのも事実です

そんな人たちを一概に「社蓄」とネット記事に書くのはいかがなものかと

そういう人たちがスムーズに出勤が出来るよう休める会社は休みにしたり会社レベルで考えていけたらいいと思います

いつもネット記事は災害や事故があった後で書きたい放題書いているのを見るけど災害が起きる前に同じこと書けるかと考えたら書けない気がします

後から非難したことを書くのが仕事だからしょうがないけど全部は「そうなんだぁ~」と思って読んではいけないと感じた一日でした

そして今回の台風の被害が一日でも早く復旧することを願っています

それではまた