イラッとする

location:福岡県糸島市二丈鹿家(二丈パーキングエリア)

糸島からお届けしています

世の中「イラッ」とすることがたまにあります

そのイラッとの根底には何があるのか考えたことがありました

色々と調べてみた結果、最終的に次の言葉に辿り着きました

「イラッとするのは、他人を自分に都合よく変えようとしている証」という言葉です

結果自分というのは自己中なんです

自分に都合良くないからイラッとするんだと思います

相手の気持ちや相手の都合を尊重していけばイラッとはしなくなるはず

それが自分の中で最終的に出た考えです

そう考えているけど時には「イラッ」としてしまうこともまだあります

いかん、いかん、まだ自分に都合良く変えようとしている

これじゃ、まだまだダメだなぁ~

ボクはまだまだ修行が足らんです

今日のお話しもまた宗教っぽくなってしまってすみません

それではまた

役員のあだ名

location:福岡県糸島市二丈鹿家(二丈サービスエリア)

糸島からお届けしています

今日は一日寒かった~

天気も悪かったので余計に寒く感じました

こんな寒い日はいつも会社内でブルゾンを着て「寒い~寒い~」と言っていた役員のことを思い出します

今はもう退任しているのですが大の寒がりで、大のゴルフ好きの人でした

その人はこんな寒い日には必ずゴルフ用のブルゾンを会社で着てウロウロしてるんです🚶‍♂️あだ名が「コメリさん」

そのあだ名が付いたのはゴルフ用のブルゾンで「le coq(ルコック)」というメーカーのものをよく着ていたのですが、そのメーカーのロゴがホームセンターの「コメリ」のロゴに似ていたからなんです

ある日そのブルゾンを着ていたときに年配のパートさんから「そのジャンパーはコメリのやないの?」とたくさん人がいる前で言われて以来「コメリさん」になりました

しばらくしてコメリさんは新しいゴルフ用のブルゾンを手に入れたのですが、今度のブルゾンは「アドミラル」というメーカーのものです

その後また同じパートさんからアドミラルのブルゾンを着ているところで「そのジャンパーはミツカンやないの?」と言われそのあとは「コメリさん」から「ツカンさん」にあだ名が変わりました

なぜ「ミ」が外されたのかは分かりません

おそらく年配のおばちゃんは長い名前が呼びにくいんでしょう

それ以来うちの会社でその2つのメーカーは着て会社に行けない2大メーカーになりました

名付け親のパートさんはもう退職されているのですが、その意思を受け継いだパートさんがまだ複数いると思っています

また誰かにあだ名がつく

それではまた

週末は寒い

location:福岡県糸島市二丈鹿家(二丈パーキングエリア)

糸島からお届けしています

今週末の福岡の天気予報を見ていたら日曜日は最高気温が「3℃」になってました

3℃?と二度見したけどやっぱり3℃でした

最高で3℃ってことは当たり前のように日中も0℃とかあるってことかぁ~

やばい凍死する

極寒で何も出来~ん

寒いの大嫌い人間としては緊急事態です

ヒートテックに暖パン履いてセーターにダウンジャケット

さらにマフラーと手袋して背中にカイロ貼ってコタツで鍋を食べる

最低でもこれくらいの備えをしておかないと日曜日は乗り切れんなぁ

買い物は前日までに済ませて日曜日は不要な外出はしないようにしなければカラダが凍ってしまう

ただ、せっかくの日曜日なので海に撮影は行っときます

カメラと三脚抱えての撮影は動きにくいから薄着で行こ~っと

それではまた

冬の海

location:福岡県糸島市二丈鹿家(二丈パーキングエリア)

糸島からお届けしています

前はよく冬の海をどうやって撮ったら夏っぽくみえるかなぁ~と考えながら撮ってました

冬の海は空が白っぽくなって海の色も青さが無くなるんですよね~

なのでヤシの木など夏をイメージするものを入れて夏っぽさを出してました

本当は冬の雪景色の撮影をしたいのですが糸島は雪は降ってもほとんど積もらないんです

今年はどんな冬の景色を撮ろっかなぁ~

ガッツリ暗くて灰色っぽい風景を撮ってみようかなぁ~

それまで秋の色をいろいろ撮ってみたいです

それではまた

糸島の地域おこし協力隊

location:福岡県糸島市加布里

糸島からお届けしています

ちょっと糸島のローカルネタになってしまうのですが今日は紹介したいインスタグラムのアカウントがあり書くことにしました

「おうち時間@糸島つながる市場」 @itoshima_ichiba というアカウントです

糸島の「地域おこし協力隊」が糸島市内の事業者へテイクアウトや通販の実施状況をヒヤリングし「糸島つながる市場」というサイトで掲載しています

その掲載された内容をインスタグラムで紹介しているんです

その「地域おこし協力隊」とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。(ウィキペディア引用)

2009年度から総務省によって制度化され全国の1,000をこえる自治体で5,000人以上の隊員が活躍しているそうです

その地域おこし協力隊から緊急事態宣言が出ている最中に連絡をもらいストーリーズで拡散してからのお付き合いなのですが、今回はアカウント自体を紹介したいと思います

連絡をもらったときにコンセプトを伺うと「緊急事態宣言下で苦境に立たされている事業者さんと外出自粛が続く中でおうち時間の楽しみ方を探している方をつなげる」というコンセプトで運営しているそうです

そして緊急事態宣言が解除になったこれからや、今後コロナが終息してからは糸島市内の飲食店や商品を発信していくアカウントとしての運用を考えていくそうです

インスタグラムのアカウントを見るとわかるのですが、既にたくさんのお店等が紹介されています

ボクが行ったことがあるお店もボクの知り合いのお店も、またボクが知らなかったお店の情報もたくさん紹介されています

そして今後もまだ紹介されていない糸島のお店も次々に紹介されていくと思います

役立つお店の情報元としてよかったら観てみてください

お店の場所を地図でわかりやすくしてくれたり、色んな情報も掲載されています

これからも糸島を盛り上げるために日々頑張っている地域おこし協力隊を応援していきたいと思います

それではまた

マージーのハンバーグ

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

先日お昼ごはん時に「マージーのハンバーグ」というものを少しもらいました

魚のすり身のハンバーグのようで色んなスパイスで味付けしてあってちょっと変わった味でした

マズくはない

マージーのハンバーグの「マージー」って何?と聞くと「私もマージーのハンバーグと言われて、もたっらからよく分らないんです」とのことでした

ボクにマージーのハンバーグをくれた人は中国の人で、日本に住む中国の友達からたくさんもらったそうです

冷凍庫で保存していてフライパンで焼くだけで簡単にお弁当のおかずにもなるそうです

そして気になるのが「マージー」

中国語でマージーという魚がいないか聞いてみたら「いままで聞いたことがない」そうです

ネットで「マージー」を調べてみたけど全く出てこないんです

もしかしたら「マージー」というメーカーのハンバーグかもと思って調べてみたけどマージーというメーカーは無いようです

結局いろいろ調べたけど全く分らなかったので今度マージーのハンバーグをもらった人に会ったらマージーって何か聞いてくるということになりました

そして昨日マージーをくれた人と会ってはないですがメールでやり取りすることがあってマージーを聞いてみたそうです

そしてボクはマージーの意味がやっと今日解りました~

マージーとは何と!「真アジ」のことでした

「マアジ」「マージー」

なんじゃそりゃ~~

あれだけ必死に「マージー」を調べたのに~

と、まぁそういうことでした

それではまた

フィーカ

location:福岡県糸島市二丈鹿家(二丈パーキングエリア)

糸島からお届けしています

スウェーデンには「フィーカ」というコーヒーブレイクの文化があるそうな

フィーカとはスウェーデン語で「甘いものと一緒にコーヒーを飲む」という意味があるらしい

そのフィーカはスウェーデンでは最も大切にされている時間らしいです

会社で仕事をしていてもフィーカの時間になると全員が仕事の手を止めコーヒーブレイクをするんだそうです

そのとき甘い焼き菓子やケーキなども一緒に食べてみんなで集まってコーヒーブレイク

スウェーデンでは10時と15時にフィーカするのが一般的だそうでスウェーデンのほぼ100%の人がフィーカの時間を一日に何度かするそうです

日本人もそれくらい気持ちに余裕をもって仕事したほうがいいような

逆にフィーカがあった方が気持ちをリフレッシュ出来て仕事も効率化できるような気がします

そしてフィーカで仕事仲間が集まってコミュニケーションも取れるし情報交換もできる

素晴らしいスウェーデンの文化だと思います

うちの会社でもそんな文化が当たり前に行われたらいいなぁ~

ちょっと会社で進めてみようと思いました

「フィーカ」ってイイ言葉やなぁ~

それではまた

すごい敬語

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家の二丈パーキングエリアからの撮影です

この日は風もあり波もありサーファーがいっぱいでした

海水浴シーズンが終わったのでこれからはサーフシーズン

またサーファーたちのカッコイイところを撮りたいです

そして話は変わりますが

前にボクの会社に車を置き忘れて盗難届まで出した人のことを書きましたが、その人と会話をしていると、ちゃんとした言葉が分からなくなるお話です

その人はボクの取引先の人でダイナマイトパンチャーと心の中で呼んでいます

すごく人が良くおっとりした感じの人で、やたら丁寧な話し方をするのが特徴です

ですが敬語がほぼ間違っています

よく出てくるのが「私が持ってきてくださった、こちらのサンプルでございますが」とか「当社で扱ってらっしゃる製品です」とか自分にも敬語を使う人です

他にも「御社のお盆休みはもうお決まりでござるか」と武士になったり、「それはありがとうございますです」と訳の分からん日本語になったりもします

毎回「また出た」って思ってニヤケながら商談をしてますが、今回はさすがに声に出して笑ってしまう言葉が出てきました

先日商談の中でボクが「発注するのを忘れててヤバかったんですよ~」ってダイナマイトパンチャーに話をしました

商談で「ヤバかった」という言葉を使ってしまったボクも悪かったのですが、返ってきた言葉にとうとう声に出して笑ってしてしまったのです

その返ってきた言葉は………..

「それはヤボウございましたですね」……

さすがに耐えれませんでした

それからというものボクが話している言葉が正しいのか間違っているのか不安でしょうがないです

それではまた

救急車のやりとり

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家にある二丈パーキングエリアから撮影しました

ここはサーフスポットで有名なのですが風がある日はウィンドサーファーもやってきます

観ててすごく気持ちイイ

サーフィンとはまた違った写真も撮れてイイ感じです

そして話は変わりますが、通勤中の出来事です

車を運転中に遠くのほうで救急車のサイレンが聞こえてきました

そのサイレンはどんどんボクの方に迫ってきているようでした

そしてミラーで後ろを見ると赤いピカピカが近づいてきています

その時ボクは車が離合出来ないくらい細い一方通行の橋の上で信号待ち

しかもその橋でボクの前に20台ほど信号待ちをしていてボクは最後尾でした■ついにボクの真後ろに救急車がピタリと停まりました

大音量でピーポーピーポーと鳴りながら真後ろにいます

「ゲゲゲ~、ボクが車を端に寄せても救急車通れんや~ん、何でこの救急車はここを通ろうとする~」と思いました

どうすることも出来なくて微妙に気まずい感じに

するとボクの前に並んでいる車がみんな一応少しだけ車を端に寄せ始めました

救急車が全く通れないのに

「一応気持ちだけ端に寄せとくね~」って感じです

ボクも気持ちだけ端に寄せました

救急車は絶対通れないのに

ボクも含めて信号待ちしている車みんな気まずい感じだったと思います

すると救急車自身も気まずい感じになったのかサイレンの音量をめちゃ小さくしました

小さい音でピ~ポ~ピ~ポ~と鳴ってます

何故だかひ弱な音でイ~ノ~イ~ノ~って聞こえます

そして信号が青に変わったのですが先頭の車は「救急車が来てるみたいだから端に寄せて停まっておかねば!」という感じでじっとしてます

なので青信号なのに全く進まず更に気まずい感じに

並んでいる車が何も動かない訳にもいかないと思ったのか更に端に寄せ始めました

全く救急車が通れないのに

すると救急車がスピーカーで「端に寄せなくていいから進んでくださ~い!」と言い出しました

先頭車にまで聞こえていないようでまだ端に寄せてじっとしてます

救急車は聞こえるように更にでかい声で「端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!」と連呼してます

それもボクの真後ろで大音量スピーカーで叫んでいるので鼓膜がやぶれそう

この状況で不謹慎ですがボクは車の中でこのやり取りに大爆笑してました

その後やっと先頭の車に状況が伝わって前に進み出し橋を渡り終えました

救急車はそれから猛ダッシュでボク達を抜き去り消えていきました

そのどうすることも出来ない状況で社交辞令的にみんなが端に寄せたのに、その社交辞令を蹴り飛ばすかのような救急車の「端に寄せなくていい」という言葉があまりにおかしくて

今朝の救急車よ~面白すぎるぞ~

それではまた

今では懐かしい友達のはなし

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家の二丈パーキングエリアからの一枚です

夕暮れ時のサーファーは何ともいえないほどカッコイイ

日が沈むギリギリまでサーフィンをしているサーファーを見て「この時間のサーフィン気持ちよさそ~」といつも思ってしまいます

上手く波に乗れる人は最高の時間なんだろうなぁ~

そして話は変わりますが

昔ボクがまだ20代のころ車を当て逃げされたことがあります

ある日ボクが当時借りてた月極駐車場へ行くと運転席側のドアがベコっと凹んでます

最初は目の錯覚かと思ったのですが手で触れてみるとお見事にボコッと凹んでました

ショック~

数日経ってある友だちに「車のドアを当て逃げされちゃってショック~」と話したところ友達が「俺にちょっと見せてみ~」と言いました

ちなみのその友達は自称「車のプロ」のようなことをよく言ってました

すると友達は「これならいけるかも」と言って車のエアコンにある外気導入のスイッチを内気循環に切り替えました

そして助手席側のドアを開けてその次に思いっきりドアをズドーンと閉めるのです

本人曰く「車内の空気圧でドアの鉄板が外に押されて凹みが治る」とか

それを数十回繰り返しても凹みは治らず最後に友達は「あ~一日遅かった~」とのことでした

い、一日

まあ治そうとしてくれた気持ちはありがたかったです

他にもその車のプロはボクの車のフィルムを貼ってくれたことがありました

当時フルスモークという窓ガラス全部を真っ黒にしたかったけど運転席と助手席はフィルム貼ると違法なので業者が貼ってくれませんでした

なのでその2枚の窓は自分達で貼ってました

そしてその車のプロはフィルムを貼るのもプロと言うのでお願いしたことがあります

もちろんタダでしてくれました

ありがたい

友達から「一日車を預からせてくれ」とのことだったのでフィルムを買って車と一緒に渡しました

そして翌日フィルムを見事バッチリ貼って来てくれました

後部座席に貼ってある業者が貼ったフィルムよりすごく黒が綺麗でビックリ

そにかく感謝でした

それから数日して別の友達を車に乗せて走っていると「ん?なんか変だぞ」と言い出しました

「えっ、何が変なん?」と聞くと「このフィルム外側から貼ってあるよ」とのことでした

どおりで外側から窓を見たら綺麗なはずです

その時車に乗ってた友達と車のプロは共通の友達なので「警察に止められてフィルムはがされたことにしとこ」ということになり外側からフィルムを二人ではがしたのも懐かしいです

ここ何年もその車のプロには会っていないけど元気にしてるかなぁ

風の噂では沖縄へ移住して中古車屋さんで働いているとか

今でも外側からフィルムを貼ってなければいいのですが

それではまた

location:福岡県糸島市二丈鹿家