インスタ離れ

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

昨日の夜のことですがインスタのDMで「お世話になりました」との一報が

数年前から風景写真のことでいろんな情報交換をしてる方からでした

同じNikonのカメラを使って風景写真を撮ってる方でフォロワー数は3万人もいるとても美しい風景写真を撮る方でした

お互いいろんなレンズの情報交換をしたりして仲良くお付き合いさせてもらってました

その方から「そろそろインスタを抜けます」との連絡が

話を聞くとインスタ運営が求めてるインスタの方向性と自分とが合わなくなったとのことでした

「いいね」の数は下がる一方、フォロワーさんも減る一方

ハッシュタグ検索のトップ画像も「なぜこれがトップ画像?」と思うような画像が並んでいて本当に綺麗な写真を撮ってる人の画像はどこにもない

これじゃ~インスタで頑張って綺麗な写真を紹介しても意味がないとのことでした

それはボクも同感

フォロワー数や「いいね」の数を気にしすぎるのはどうかと思うけどモチベーションが下がるのは理解できます

その人はいろんな名所を撮影に回りインスタで紹介してました

撮影して回るにはそれなりにお金もかかります

費用をかけることもメリットを感じなくなったんでしょう

そんなこともありそろそろ抜けるとのことでした

「また何かのSNSで出会えること願ってます」を最後にアカウントも消えてしまいました

インスタのDMだけで連絡取り合ってたのでもう連絡するすべもなし

同じような「お世話になりました」の連絡は今年に入って10人近くになります

どなたもみんな素晴らしい技術を持った写真家さんたちでした

間違いなく写真家さんがインスタ離れしてますね~

インスタって昔と大きく変わってしまった気がします

なんだかとても寂しいです

それではまた

エルメスの靴下

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

お店に行って衝動買いしてしまうものの中に靴下とハンカチがあります

昔は靴下といえばユニクロと思ってたのですが最近ではちょっとだけ良い靴下を選ぶようになりました

スーツなどと違い靴下やハンカチは有名ブランドのものでも貧乏なボクでも何とか買えるくらいなんです

そして履き心地もなのですがスーツの裾からチラッと見えるお気に入りの靴下を眺めるのを楽しんでます

先日、街中に出た時に靴下を色んなお店で眺めながらブラブラしてました

そんな中、あのお店の前をたまたま通りかかったんです

エルメス

せっかくだし一つエルメスの靴下でも買ってみようかと思いお店に入りました

さすがエルメス

店内も気品の高さが漂ってました

そしてエルメスの靴下を手に取って触れてみると生地がすごく滑らかでイイ感じ

お値段も3,300円とあったので「エルメスなら、まぁ~アリかなぁ~」と思って一足ゲットすることに

種類はそれほど多くなかったけどお気に入りの色柄を見ている時にある事に気づきました

「み、見間違え~」

3,300円と思ったら33,000円やった~

エルメスなめとったわぁ~

靴下一足33,000円

やっぱりボクみたいな者が足を踏み入れるお店ではなかった

お仕事頑張ってお金持ちになれたら出直してきま~す

それではまた

まんぼう明け

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

福岡県は「まん延防止等重点措置」を期限の6日で解除されました

今日からある程度の制限はあるけど少し自由に動けそうです

だけど、まん防が解除になったからといってなりふり構わず遊び回るわけにはいかないなぁ~

でもさすがにそろそろ飲みにも行きたいなぁ~

まん防解除とはいえ、なかなか人を飲みに誘えない感じです

おそらくボクだけじゃ無くみんな同じなんだろうなぁ~

お互いに声かけてにくく様子を見てる気がします

飲み会なんてすごく貴重な「会」になってしまったなぁ

こそ~っと誰か飲みに誘おうかなぁ~

こそ~っと飲みに誘うことは世間の目もあるので誰にも言わないどこうと思います

誰にも言わずボクだけの内緒にしとこ

バレませんように

それではまた

年末年始のテレビ番組

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

毎年大晦日に放送されていた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」が今年は休止されるそうです

毎年楽しみにしていただけに非常に残念

そして元旦には「芸能人格付けチェック」のGACKT連勝記録を毎年楽しみにしていたけど、先日無期限の活動休止を発表しただけに観れなさそう…

今年の年末年始はネットフリックスとアマゾンプライムとUネクストのお世話になろうかなぁ~

今年の年末から年始にかけての過ごし方はいつもと違う過ごし方になりそうです

それではまた

ひっかけ問題

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

今うちの息子様が運転免許を取得するため自動車学校に通っているんです

その学科試験でめちゃくちゃムカつく問題があるんです

ボクが免許を取ったときもひっかけ問題はあったけどあらためで見るとめちゃムカつく■例えばこんな問題

「夜の道路は危険なので気をつけて運転しなければならない」

「〇」か「×」か

正解は「×」

「昼も夜も問わず気をつけて運転しなければならないから」だそうです

その他にも「赤信号では必ず停車しなければならない」

「〇」か「×」か

正解は「×」

「救急車、パトカー等の緊急車両はその限りではない」だそうです

こんなのはもはや学科の問題ではなく趣味の悪い嫌がらせとしか思えない

グーでくらそうごたぁ~~~

この問題をつくった人は相当ひねくれてるよなぁ~

他に道交法に則った問題があるだろうに

昔から運転免許の学科問題はよく分からん世界です

それではまた

ふたたび緊急事態宣言

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

またもや福岡県は緊急事態宣言であります

事態を収めるためには仕方がないのですが

なのでこれから撮影も控えていかなければなりません

人が全くいない場所を探して、また時間も考えて撮影には行こうとは思っています

それでもおそらく紹介していない写真の在庫はすぐに無くなっちゃう

なので事態が落ち着くまで過去に紹介した糸島の写真も交えながら投稿を続けていきたいと思います

二度目の写真の紹介にお許しを

そんな感じで糸島の風景を今後も紹介していきますので是非観てやってください

これからもよろしくお願いします

皆様と一緒にこのコロナの状況を乗り切りましょう

それではまた

鬼滅の刃の作者

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

今では一日のどこかで何らかのものを目にする鬼滅の刃

その作者の名前は「吾峠呼世晴」

最初は何て読むかわかりませんでした

「ごとうげこよはる」と読むそうです

そしてボクが居る福岡県出身と知って「へぇ~~」でした

さらに驚いたのが作者は30代前半の女性ということ

たしかに鬼滅の刃に登場するキャラクターの着物がやはり女性目線のような綺麗さがあります

作者が女性だと知ってなるほど~と思いなら先日マンガ本を読みました

今度はどんな目線で鬼滅の刃のマンガを読もうか検討中です

それではまた

卒業式

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

先日発表があったのですが、うちの娘様が通う大学の卒業式がコロナウイルス拡散防止のため中止になったそうです

卒業式の後である謝恩会も中止らしいです

卒業式で着る袴や謝恩会で着るドレスも早々用意していたのですが残念です

娘様本人は「こんな世の中の状況だからしょうがないよ」とあっさりしております

その反面ボクの方が残念がっている感じ

でもこればかりはしょうがない

卒業式の中止以上にいろんなことの中止で深刻な問題になっている人がたくさんいます

なので自分だけ残念がっていてもしょうがない

とにかくこの状況が一日も早く終息することを祈るばかりです

それではまた

コロナの影響

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

日の昼のPOSTに少し書いたのですが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため卒業式や入学式を中止する学校が出てきています

うちも娘様と息子様がもうすぐ卒業式があるのですがどうなるんだろう

娘様が通う大学はマンモス大学で学生もとてつもなく多いから感染予防で中止になるのかなぁ

うちだけじゃなく卒業式に着る袴や美容院の予約ってどうなるんだろう

それに卒業式の後である謝恩会に着るドレスも買ってたからどうなるかなぁ

できれば何事もなく行わせてあげたいのですが…

4月になると息子様が娘様と同じ大学に進学するのですが入学式もどうなるんだろう

エンタメ界ではいろいろなアーティストが軒並みライブなどを延期や中止の発表しています

今までボクはコロナウイルスにかかわることをほとんど触れてきてなかったけど流石にとんでもないことになってきています

これからどうなっていくのか見えてこないのが不安です

一日でも早く収束しますように

それではまた

イリコ嫌い

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

ボクが小学校のころよく父上から「イリコ食え、イリコ食え」と言われていました

カルシウムを取れということだったのでしょうが…

言われるだけならまだイイのですが、行動に移されるんです

晩御飯の時にしょちゅうイリコが出てきて食べさせられたんです

それがとんでもない料理

というか料理なんてもんじゃないです

うちの家はお味噌汁をイリコからダシを取って作っていました

その時にダシを取ったイリコの残骸に酢醤油をかけて小鉢に入ったのがボクの晩御飯の一品に入っているんです

正直言ってクソマズです

それを晩御飯の時に父上から「イリコ食え、イリコ食え」って言われて食べさせられるんです

まぁ~にがいの、すっぱいの、まずいのったりゃありゃしません

よくもあんなクソマズいものを考えてボクに食べさせてたなぁと思います

ほぼ毎日のように出てくるのですが、いつも「食べたくない」と言ってました

でも食べさせられるのですが…

母上からは「食べたくないのに食べなくてイイ」と言ってもらってたのですが父上からは「ダメ、食べなさい」と言われて食べさせられるんです

そんなやり取りが毎日のようにあって嫌々食べてました

おかげさまで今になって骨が強くなったとも思えず、単純にイリコが嫌いになりました

そしていつものように「食べたくない」から始まり、「ダメ、食べなさい」のやり取りの時に「ホントに美味しくないから一度食べてみて」と父上に言ったことがあります

それで父上が食べたかどうかは覚えてないのですが、その反乱からイリコが晩御飯に出てこなかったのは覚えてます

きっと父上はイリコ食べてクソマズかったんだと思ってます

そんな経験からボクは子どもに食べものを強制したことは一度もありません

今でもスーパーでイリコを見るたびにあのクソマズい味を思い出してます

ホントにクソマズいかどうか信じるかはあなた次第です

それではまた