マニュアルのススメ2

location:福岡県福岡市西区大字西浦

糸島からお届けしています

昨日に引き続き「カメラのマニュアル撮影のススメ」です

今のカメラはオートでも十分綺麗に撮れます

十分に綺麗に撮れるというよりは、カメラが勝手に綺麗に撮ってくれています

これはスマホでも全く同じです

そして最近のスマホはカメラ機能の性能が素晴らしく、一眼レフやミラーレスで撮った写真を見比べても全く区別が付きません

なのでせっかくカメラを手に入れたのにスマホと同じ程度ではもったいない

カメラにはもっといろんなことができる能力があるんです

例えば「絞り」で「F値」という数値を変えて写真のボケの度合いを変えてみたり、「シャッタースピード」を変えて速い動きのものをピタッと止めてみたり

オートではなかなか出来ない写真の表現をマニュアルでカメラを操りいろいろな表現で写真に出来るんです

そこで絞りの「F値」を小さい数字にするとボケの度合いが大きくなります

それと同時に写真が明るくなります

状況によっては写真が真っ白になります

そこで写真を少し暗くするためにシャッタースピードを速くしてカメラのセンサーに取り入れる光の量を減らしてあげます

そうすることでセンサーに適正な量の光を取り込み綺麗な写真にします

カメラのオートはこの光の調整を自動で感知して適正な明るさの写真を撮ってくれるんです

でもそこの光の調整がマニュアルで撮るカメラの醍醐味でもあるんです

カメラのマニュアルは光の量を自分で自在に操ることなんです

お花の写真を撮るときにオートで撮ると誰でも同じように写せます

それをマニュアルでお花をふんわり明るく柔らかくするようシャッタースピードを調整して光の量を操るんです

そうすることで人とは違う自分だけのお花の表現が出来るんです

真っ白な画用紙にオートは絵のハンコをボンと押すような感覚がボクの中にあります

それと違ってマニュアルは同じ画用紙に筆で太い線、細い線、淡い色、濃い色を自分で描くような感覚があります

実際に撮る写真の線を太くしたり細くしたりするのではないですが…

オートは写真を「撮る」、マニュアルは写真を「描く」という感じに思っています

そんな感じで是非マニュアルの撮影で自分の感性と感覚で写真を撮ってみませんか

きっとオートで撮っていた時よりカメラを操っている感覚が出来始め、どんどん撮ることが楽しくなってくると思います

カメラのマニュアル撮影

是非オススメします

二日に渡り長くなりましたが読んでくれてありがとうございました

それではまた

常に先のことを考えておきたい

location:福岡県糸島市志摩小富士

糸島からお届けしています

今日の写真は稲刈り前の夕暮れを撮ってきました

刈ってしまったら撮れないので今のうちに撮ってきました

そして話は変わりますが

今日は常に先の事を考えておけというお話です

これは高校時代のお話ですが、受験間近になると体育の授業はほとんど遊びです

先生からも「職員室にいるからグランドでカラダを動かしとけ」みたいな状態でした

言われた通りにカラダを動かさないボクらバカ5人はグランドの端でボケ~っと雑談してました

その雑談の中で「学校の裏山にイノシシがいるらしく捕まえて売ったら結構いい金額になる」という話をしていました

ボクが通っていた学校の裏山は結構スケールがデカい山で本格的に登山をする人が訪れるような山でした

そんな話をしているうちに「次の体育の授業の時にイノシシ捕まえに行こう」ということが決まりました

ただイノシシはとても危険で突進してくるから防具が必要と打ち合わせをキッチリするほど真剣でした

なんせイノシシがどえらい強いらしいから命が掛かってましたもんで

そして次の体育の時間になりました

さっそく打ち合わせ通りに防具の準備を始めました

頭はラグビー部から借りた「ヘッドギア」

胴体は剣道部から借りた「胴」

ヒザはバレー部の「ヒザパット」を借り、スネにサッカー部から借りた「シンガード」(スネのプロテクター)

そして軍手をした手に武器の金属バットです

今になって想像しただけでバカです

それらの防具は各部活に仲がいいのがたくさんいたのですぐ集まりました

そしていざ出陣です

山に入りどんどん奥に進んでいくといかにもイノシシがいそうな場所に着きました

「これはマジで出るぞ」と確信したころに目の前に立派な「キジ」がいました

色も綺麗ですごく立派だったのを覚えています

仲間の一人が「キジはハク製屋さんに売ればイノシシより高い」と言い出したので全員でキジ捕獲に計画変更

必死にキジを追いかけました

でもキジはピョンピョン跳ねるように動き回るのでなかなか捕まりません

そうこうしてるうちにキジはどっかに行っちゃいました

そしてみんなで残念がっていた時にふと気づくと今どこにいるのか全く分かりません

そうです山中で遭難してしまいました

東西南北も分からず来た方向も全くわかりません

だんだんと日も暮れてきて寒くなってもきました

「ヤバイ」しかなかったです

そんな中、学校ではバカ5人がいなくなったと大騒ぎになり、変な格好をして山に入っていったとの目撃証言から先生たちが山の捜索もしたらしいです

ボクらは何とか自力で山から脱出してかなりの時間をかけて学校へたどり着きました

するとたくさんの先生が集まってて「お前ら何ばしよったとか~??」とたくさんの先生から激怒されました

しかも防御用の装備を身に着けていたので「なんかその格好は~!」「お前らはどこまでのバカか~!」とさらに激怒されました

そして先生たちの事情聴取が個別で始まりそのうちの一人が「イノシシを売ってお金にしようとした」と話て先生たちの怒りは頂点に達したらしく次の日から一週間職員室の前の廊下で昼休みに防御用装備のまま正座の刑に処せられました

今となっては防御用の装備の格好のまま学校に戻らなければあそこまで激怒されなかったような気がします

体操服のジャージのまま学校に戻ってトレーニングで山に入ったら遭難したと言えばよかったです

あれだけ打ち合わせをしたんだから非常時のことも打ち合わせとけばよかった

なんでも先のことを考えないといけないというお話でした

それではまた

糸島はなかなか夜景が...

location:福岡県北九州市若松区修多羅

糸島からお届けしています

この夜景は糸島ではありません

先日北九州の友人のところへ行ってきました

そのときに行った高塔山公園の展望台から眺めた夜景です

久しぶりに高いところからの夜景を撮ってきました

高いところからの夜景は何年ぶりかなぁ~と思うくらいに久しぶりです

というのも糸島には高いところから眺める夜景スポットが無いんですよね~

一貴山の「はろ展望台」というところがあるのですが昨年の豪雨で通行止めになっていて今は行けないらしいです

復旧はいつになるのかちょっと分りません

ただ復旧したとしてもそこまで夜行くのがめちゃくちゃ怖い...

街灯なんてほとんどないし真っ暗できっとオバケだらけです

山賊も出るかもしれない

方言で言うと「バリえず」です

もし根性出してそこまで行ったとしても「おぉ~~!」というレベルの夜景ではないので怖い思いしてまでは行かないかなぁ~

はろ展望台に行くなら昼間に行って海を眺める方がイイです

そんなわけで糸島には夜景スポットが無いのでいつか高いマンションの上の方に住んでいる人と仲良くなって夜景を撮らせてもらおうと思います

ということで、それではまた

ところ変われば

location:福岡県北九州市若松区

糸島からお届けしています

今日の写真は実は糸島ではありません

北九州の友達のところに行って夕暮れを撮影しに行った岩屋海水浴場です

ちなみに写真に写っている女性はボクの奥様

今回はモデルになってもらいました

そして夕暮れを撮影していて思ったのですが、糸島と距離で70kmほどしか離れていないのに夕暮れの雰囲気が違うと思いました

太陽の光の質というか光の量というか

糸島はもっと光がギラギラした感じに見えるけど、ここ北九州の岩屋海水浴場では光が優しく感じました

たまたまこの日だけかとも思ったがそれとは違う感覚があります

長年夕暮れを撮っているとそれぞれの場所の夕暮れの個性があります

言葉で説明するのは難しいけどかなり違います

この感覚の違いを求めて世界中の夕暮れを撮っている「夕暮れハンター」がいるんだなぁ~

でもボクはずっと糸島の夕暮れをとるかなぁ~

糸島の夕暮れを撮ることがボクの使命に感じています

この世界には定年制度は無いからずっと歳をとっても糸島を取り続けようと思いました

それではまた~