綺麗な裏地

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

ボクは昔からTシャツや肌着などの首の後ろに付いている「タグ」が大の苦手です

首の後ろ辺りがチクチクした感じがしてカイカイ~ってなって気持ち悪いんです

でも最近のユニクロのTシャツのようにタグが無く生地に印刷されているものがありますが非常に助かってます

そしてホントはTシャツなど直接肌に触れる服の縫い目も無い方が嬉しい

Tシャツを裏返しにしたときに見えるミシンで生地を縫い合わせた部分です

Tシャツを着ていて違和感がある訳ではないのですが出来れば無い方が着心地がイイ

前に試したことがあるのですがTシャツの首の後ろのタグがチクチクして気持ち悪かったので、わざと裏返しにTシャツを着たことがあります

それで分ったのですが裏返しに着るとめちゃくちゃ着心地がイイんです

思い起こせば子どもがまだ赤ちゃんだったときに赤ちゃん用の肌着を見て肌に触れる部分に縫い目が来ないよう全部裏返しに作られていたのを思い出します

赤ちゃんのデリケートな肌に縫い目が当たらないように作られていたということはTシャツも裏返しの方が着心地イイはず

今の季節はTシャツや肌着だけで過ごすことはないのでTシャツは裏返しに、その上に着るものは通常の着方をすると一番着心地がイイはずです

実際に首の後ろのタグがチクチクするTシャツは裏返して着てます

それともう一つメーカーに頑張って欲しいものがあります

それは靴下です

靴下自体を表側から見るととても綺麗なつくりになっています

売り場で見てもどの靴下も綺麗に出来ています

だけど裏返しにしてみると結構つくりが荒い

裏側なので見えることはないのですが肌に触れるのは裏側なんです

靴下もモノによっては一日履いて脱ぐと裏側の縫い目の跡が足にくっきり付いてます

なので裏側も表側同様に綺麗にしてくれたらすごく履き心地がイイのに~

そんなこと気にするのはボクだけかもしれません

なにせボクはバカ、だもんで~

それではまた

マニュアル撮影のススメ

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

最近カメラの質問をちょくちょくいただきます

「一眼レフはマニュアルがやっぱりいいですか?」「いつもオートで撮影してるけどマニュアルを勉強すべきですか?」といった感じの質問が多いです

今までボクはカメラのことはほとんど書いたことがありません

ボクはプロではないし、うんちくを語れる程でもないです

ですがもしボクが書いたことを読んで「よし!マニュアル頑張ってみよう」という方がいたらと思い少しだけカメラ(一眼レフ・ミラーレス)のことを書きたいと思います

このカメラの話は今日と明日で書きたいと思っています

それでは、まずストレートに言うと絶対にマニュアルで撮ったほうがイイです

そしてマニュアルは全く難しくないです

車の運転や料理のほうがボクは難しいと思っています

そしてマニュアル撮影は全てを手動で操作する訳ではありません

ピントを合わせるのはシャッター半押しのオートフォーカスです

たまに特殊な撮影で手動でピントを合わせますが基本はオートで合わせます

では何をマニュアル(手動)で行うかというと「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つだけです

細かく言うと他にもありますがこの3つの動作がマニュアルの基本です

さらに言うと「ISO感度」は暗い場所での撮影時に補助的にセンサーの感度を上げるものなので時と場合によって手動で切り替えます

このISO感度に関してはマニュアルに慣れるまで「ISO感度オート」に設定していいと思います

ですの先ずは「絞り」と「シャッタースピード」の2つだけです

この2つをマニュアルで設定するようになるとオートでの撮影に比べて驚くほど撮影の幅が広がります

そしてオートに比べて比較にならないほど撮影が楽しくなります

最初に一眼レフやミラーレスを手にしてオートで撮影した時すごく楽しかったと思います

だけどマニュアルで撮影するようになるともっともっと楽しくなってカメラにハマルことは間違いありません

そしてオートの撮影は撮影する構図を自分で決めてシャッターを押して写真を撮るというスマホの撮影と同じで「撮影に関する設定」のほとんどのことをカメラがやってくれてます

この「撮影に関する設定」がカメラの一番楽しいことなのですが全部カメラに楽しいことを取られちゃってます

オートから一歩進んで「絞り優先モード」や「シャッタースピード優先モード」など絞りかシャッタースピードのどちらかを自分で設定してどちらかをカメラが合わせているモードもあります

オートからステップを踏んでいくのはもちろんアリです

いずれは「絞り」も「シャッタースピード」も両方マニュアルで設定してカメラを操っている実感が持てると何倍も撮影が楽しくなると思います

というところで、続きはまた明日書きたいと思います

それではまた

結構大人な子どもの頃

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の一枚は芥屋の黒磯海岸で撮ってきました

波に紫の空が写ってとても綺麗な風景でした

これから秋になるにつれてもっと綺麗になりそうです

そしてまた話は変わりますが

先日、息子様がルービックキューブで遊んでいるのを目にしました

思わず懐かしいと思ってしまいました

そんなルービックキューブですがボクが小学生の時にブームが起きて買ってもらったのを覚えています

そのころのボクは今考えると意外と大人だったと思えるルービックキューブの出来事がありました

当時ルービックキューブを買ってもらった最初はグチャグチャにするのが出来ませんでした

グチャグチャにしたら二度と6面にすることは出来ないと思っていたのでただひたすら眺めていただけです

ボクと同じようにグチャグチャに出来ない友達が数人居てその友達の家に遊びに行くとやはり綺麗に6面そろって飾ってあります

そしてその友達の家に遊びに行く時にボクも6面そろったルービックキューブを持っていってただ置いてるだけでした

完全なオブジェです

そこに別の友達が「グチャグチャにしないから遊ばせて」と言ってきました

「絶対に6面に戻せるようにしかしない」ということで貸してあげてました

最初1列を横にずらして、戻す

そしてまた1列横にずらして、戻る

1列横にずらして、もう1列横にずらして、また6面に戻す

こんなことをずっと繰り返していたら「あれ!」と友達が叫ぶのです

嫌な予感がしてボクのルービックキューブを見てみると1ヶ所ずれている

戻し方を間違ったみたいです

「ゲ~~~なんじゃこりゃ~~」と言うと友達が「ボクの兄ちゃんは6面に出来るから一日貸して」とのことでした

「それじゃ兄ちゃんに6面にしてもらってね」と一日貸すことにしました

そして翌日学校で「ちゃんと兄ちゃんに6面にしてもらったから帰ったら持って行く」と聞きホッとしました

その後友達がボクの家にルービックキューブを持ってきてくれました

ですがその姿を見て唖然

なんとちゃんと6面そろっているのですが明らかに色のシールを貼り替えて6面にしてあるんです

それを見て子どもながらに瞬時にあることを考えました

「貼り変えたのは兄ちゃんで弟に6面そろえれると言った手前こうするしかなかったのか」

「兄ちゃんの立場も考えてここはそのまま受け取るべきか」

などと考えてしまい結果気づかないフリをして受け取ったのを思えています

意外と子どものころって大人なんですよね

逆に大人になってからそんな対応が出来ていただろうかと思ってしまいます

それがボクのルービックキューブの思い出

結構大人びたガキでした

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の一枚は志摩芥屋の黒磯海岸からの夕暮れです

ここの海岸は夏になると岩の上に緑が茂ってじゅうたんのようになります

なので夏にここへ行くとこの草を踏まないように歩かなければ

ここの海岸もやっぱり夏がイイ感じです

そして梅雨が明けたと思ったらいきなり30℃オーバーの暑さでした

でもめちゃくちゃ夏を感じて暑さが心地いいです

水分も塩分も何も取らずに暑い中にいたら流石にヤバイけどしっかりとそこさえちゃんとしてたらほぼ大丈夫です

夏の暑さが好きになれば楽しくてしょうがない

暑いをどれだけ好きになれるかで夏の楽しさは激変します

逆に冬の寒いときに日差しもなく気温が低く風なんか吹いてたら小さくなって笑顔も消えて生気が全くなくなります

寒さを好きになろうと頑張っても頑張っても無理でした

どうしても冬が苦手です

想像してる今も笑顔が無くなってます

だからやっぱり夏

古いですがTUBEの曲が流れただけでニヤケてしまいます

他にも杏里や杉山清貴、米米クラブにZARDも全部夏のイメージでニヤケます

あまりこの辺の曲を話すとジジイになるので止めときます

そんな夏が今年もやってきました

今年の夏も明るく楽しみましょ~

それではまた

パプリカ糸島でも踊ってみた

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は芥屋の黒磯海岸からの撮影です

ここはたびたび夕暮れ写真を撮りに行くけど雲の雰囲気だけでいつも表情が変わるから面白い

行くときに毎回「今日はどうかな」と思いながら向かってます

だいたい期待はずれだったことが無いほど高確率で綺麗な夕暮れが拝めます

また近いうちに行こ~

そして話は変わりますが

「パプリカ」という曲をご存知でしょうか?

NHKが「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」の応援ソングとして米津玄師の作詞・作曲・プロデュースにより作成された楽曲です

東京オリンピック・パラリンピックの公認プログラムとしても認証されているそうです

その「パプリカ」を歌っているのは小学生5人で結成された「Foorin(フーリン)」というユニット

このFoorinの命名も米津玄師だそうです

その「パプリカ」が今では保育園、幼稚園そして小学生の間ですごい人気だとか

そしてその「パプリカ」を糸島の綺麗な海とともにPRしている人たちがいます

「『パプリカ』NHK2020応援ソング 踊ってみた 糸島 クマと愉快な仲間たち ver.」と題してPV作ってます

踊っているのはみんな糸島の人で、実はほとんどがボクの知り合いです

かつての「恋するフォーチュンクッキー」にいろんな地方バージョンがあったように全国の児童クラブ編や保育園編というように広がっていけたらという願いからPV作成したそうです

PVの撮影地は志摩桜井にある二見ヶ浦公園聖地

ここからの糸島の海も絶品です

是非糸島のパプリカを綺麗な風景と米津玄師の曲ともに見てみてください

この曲の最後のサビのところで米津玄師も一緒に歌ってます

2020年に向けて、この糸島のパプリカから全国のいろんな人たちに広がっていくのを楽しみにしています

今日はNHK2020応援ソングプロジェクトの糸島バージョンの紹介でした

それではまた

location:福岡県糸島市志摩芥屋

インスタグラムの新機能による不具合かな?

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は芥屋の黒磯海岸から眺めた芥屋の大門です

ここの海岸からの夕暮れはやっぱり何度行っても綺麗です

毎回行くたびに表情が違うから全く飽きません

雲の形や空の色でいろんな表情を見せるので何度も行きたくなってしまいます

そして話は変わりますが

最近インスタグラムの不具合が連続して起きています

何らかの方法で回復出来ていてもまた同様の不具合が起きたりしています

数日前に「アクションがブロックされています」と表示されて「いいね」や投稿が出来なくなったりしていました

それらの解消方法や対策をいろいろ調べてみたところどうやらインスタグラムのある機能が関係しているようでした

それは「いじめに対応するための2つの新機能」というものらしいです

1つ目の新機能はAIを使って投稿するコメントの内容に不快を感じることが書かれている可能性がある場合に「ホントにこれ投稿するの?」みたいな表示が出てくるそうです

それにより今一度投稿すべきか考えさせて思いとどまらせようとさせる機能らしいです

そして2つめの新機能は「Restrict(制限)」という機能らしくブロックとはちょっと違う機能らしいです

ブロックするとブロックした相手の投稿も見れないし、相手も自分が見れなくなる

フォーローリストやフォロワーリストからも居なくなっているので今までフォローしていた人がいきなりいなくなるとブロックされたと何となく分ります

その結果後から嫌味を言われたり報復されたりということが起きているようでそれがいじめに繋がるとか

またいじめに合いたくないからブロックしたくても出来ないで不快と感じるコメントを投稿され続けるとか

新機能の詳しいことはまだ分りませんが相手に気づかれないように制限をかけることが出来るらしい

それをするとダイレクトメッセージの既読やアクティブかどうかも相手に表示されなくなるらしいです

そして相手のフォローリストなどからも消えないようなので制限かけられていると気づきにくいらしいです

それらの新機能の試験的なサービスが開始されたのと今回の「ブロックされています」という表示がでる不具合はどうやら関係しているらしい

そのサービスの何らかのことが原因で起きている可能性があるとか

このような人を助ける機能はどんどん進めてもらいたいけど不具合が起きないように何とかしてほしいものです

それではまた

location:福岡県糸島市志摩芥屋

GSでノリのいい兄ちゃんに会った話

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の一枚は志摩芥屋にある黒磯海岸から撮った一枚です

陽が沈んだころに撮りました

目の前にある山のようなのは芥屋の大門(おおと)という糸島の観光名所です

陽が落ちるとここは独特な雰囲気になって幻想的ですごく好きな場所

また撮りに行こ~

話は変わりますが

今日はインスタグラムで過去に書いた話で面白かったといわれた話を書きたいと思います

インスタグラムで同じ話をお何度も書く訳にもいかないのでブログで紹介したいと思います

【GSでノリのいい兄ちゃんに会った話】

今日はノリのいい兄ちゃんに会いました~

先日ガソリンをたまに行くセルフスタンドに入れに行ってたら給油中にお店の人が来て「次回こちらのチラシをお持ちいただいたらリッター5円引きとボックスティッシュを1個プレゼントしますので是非お越しください」と言われました

リッター5円引きは大きいしボックスティッシュももらえるなら次回も来ようと思いました

それで今日そのセルフスタンドにガソリンを入れに行きました

給油前にその場にいた店員の兄ちゃんを呼んで「このチラシ持ってきました~」と兄ちゃんに伝えるとすぐボックスティッシュを1個持ってきてくれました

その兄ちゃんに「自分でガソリン給油するからもう1個ボックスティッシュちょうだいよ~」と言ってみたら兄ちゃんは「ありがとうございます そうしていただけるなら喜んで」ともう1個ボックスティッシュをくれました

もちろんセルフスタンドなので自分でいれるのは当然ですが、このノリのいい兄ちゃんに完敗でした

それで今後当分このセルフスタンドで給油することを決めたのであります

ボックスティッシュがもらえたことよりこの兄ちゃんの返事が最高

あの兄ちゃんきっと日本を大きく変える偉人になると思います

素敵な一日の締めでした

また過去に書いた話を紹介します

それではまた

知らないところでの苦労

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

写真は芥屋にある黒磯海岸からの風景です

黒磯海岸というだけあって石が黒い(笑)

たぶんそこから名前を取ったんだと思います

そして今日はボクが知らないところで誰かが苦労してくれているという話です

久しぶりに博多の飲み屋の予約をしました

今週末の夜にお仕事の取引先の人と二人で食事をしながら打ち合わせをすることにしています

普段の接待のときは会社の誰かにお店を予約してもらってます

ただ今回は会社の人には知らせないで今後の取引の話をするので内緒で食事会をします

そのため自分でお店を決めて予約することに

数日前から「ここいいなぁ~」と見つけたお店3店決めていました

せっかくの食事会なので相手にいい気分でお酒を飲みながら食事をして欲しくて

そして「そろそろ予約しないと」と思い夕方になってお店に予約の電話をしました

まず一番お気に入りだったお店に電話

すると予約いっぱいでダメ

あら...

次にお気に入りのお店に電話

またもや予約いっぱいでダメ

あらら...

嫌な予感はしていたけど見つけていた最後のお店に電話

予感的中で予約いっぱいでダメ

あららら...

全滅です

それからというもの一気にネットで雰囲気がいいお店を検索して電話するものの全く空きがなく

「甘かった~、週末の雰囲気いい店は数日前くらいでは取れんのか~」

完全に甘く見てました

それから何とか希望の時間に予約が取れたのは、最初の3店を含めて27店目で予約が取れました

しかも個室は一切取れずテーブル席でやっとです

甘く見てたのもですが普通簡単に「お店取っておいて~」と、いろんな条件を付けて会社の人に予約してもらってたことに大反省

ボクが頼んだ条件でお店を取るなんてほぼ不可能ということがよく分かりました

それなのにちゃんと予約してくれてたんですよね~

相当な苦労だったと思います

心からゴメンねと言いたくなりました

これからはボクが思っているより世の中みんないろんなことに大変な苦労をしているんだと考えるようにします

今回すごく勉強になりました

それではまた