フォトグラファー紹介

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩芥屋の黒磯海岸からの撮影です

この日は全体的に雲が多い日でしたが夕暮れ時になって写真のようにパーッと明るくなりました

ここの海岸はいつも何かを見せてくれるんですよね~

感謝です

そして話は変わりますが今日は世界の写真家の紹介です

今日紹介するのはDaniel Kordanです

https://www.instagram.com/danielkordan/?hl=ja

元科学者という経歴を持つフォトグラファーです

そのせいか撮る写真の構図が理系を感じさせる緻密な構図ばかりです

最高の風景写真家のTRIERENBERG SUPER CIRCUITなど数多くの受賞もしています

Danielの撮る写真は自然界の色を鮮やかに表現し、その撮影場所はいつが最も美しいかを熟知し撮影しているのがよくわかります

またDaniel自信が風景写真のワークショップ(体験型講座)を開き数多くの風景写真愛好家へ写真を教えています

いつかボクも参加してみたいけど、まず言葉が通じない

写真の勉強の前に言葉を勉強しなければ

ということで今日はDaniel Kordanの紹介でした

それではまた

この時期に風邪っぽい

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は芥屋海水浴場から撮影しました

この時期になると毎年盛り上がるのがこの海の家

ここの海の家はかなり立派で海水浴シーズンになると建設が始まり、シーズンが終わると跡形も無く全部撤去です

そしてまた来年のこの時期になると同じように建設して立派な生みの家に

そしてここの海の家は数件並んでいるけど、どれもリゾート感があって演出が上手い

ここの海の家は芥屋の旅館がやっているから食べ物も美味しいはず

食べたことが無いから分らないけどきっと美味しい

糸島への海水浴はここの海の家オススメです

そして話は変わりますが

今日は朝起きてから何故か体調が良くないです

ここ最近の朝晩が冷えてるからかなぁ~

鼻と喉の奥に何となく違和感がある感じです

昨日の夜は寒くて2:00ごろに目が覚めたりしたしなぁ~

ここ最近は仕事が忙しくて疲れで体力が落ちてたから風邪を引いたかもしれません

今日はごはん食べて、お薬飲んで、ユンケル飲んで、撮りだめしたドラマ観て、ビール飲んで、おつまみ食べて、焼酎飲んで寝よ

皆さんも風邪にはご注意ください

それではまた

location:福岡県糸島市志摩芥屋

久家の海岸は穴場です

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家の海岸沿いから撮影したものです

ここ久家の海岸は知らない人が多いです

糸島のことをあまり知らない人はまず訪れないと思います

ここは大きな通りに面している訳でもなく案内表示が道路にあるわけでもないので知られていません

ただここは昼間の海が綺麗なのは言うまでもないのですが、糸島でもトップクラスの夕暮れスポットです

その夕暮れでも夏場より冬のほうが太陽の角度がイイ感じに日が沈みます

ですので一度行ってみてください人も少なくてイイですよ

この写真を撮った場所への行き方を説明しときます

まず加布里漁港付近からが分りやすいのでそこから説明します

加布里漁港付近から志摩小富士を通って加布里湾を左手に芥屋方面へ向かいます

その小富士あたりの左手に海岸に面した鳥居があります

その鳥居を通過したら50メートルほど先に左へ入る道があります

そこを左折

その後は左手に加布里湾、右手に用水路になっていると思うのでそのまま直進

1キロほど進むと湾に面しながら左のほうへ進んでいきます

そのまま道なりに行くと石屋さんが見えます

そこをそのまま通過し今度は道なりに進むと右のほうへ進むようになります

その後、畑や民家のある道を直進すると「玄海マリーナ」というマリーナがあります

そこを道なりに右へ進んだらこの写真を撮影した場所に着きます

ナビでこの玄海マリーナを行き先に設定するのもいいです

少し分りにくいですが、その分人も少ないということでここの場所はオススメです

是非夕暮れ時に行ってみてください

それではまた

location:福岡県糸島市志摩久家

黒磯海岸への行き方

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩芥屋にある黒磯海岸から眺めた芥屋の大門です

ここ最近は糸島に訪れる人も増えてこの芥屋へも多くの人が観光に来るようになりました

ただその中で芥屋の大門を黒磯海岸から眺めることは意外と知られていません

ほとんどの人は芥屋の大門公園に来て北側の海岸からの眺めを観るだけで帰っちゃう

ですので簡単に黒磯海岸へ行ける方法を書いておきます

まず芥屋の大門公園を目指します

有名な二見ヶ浦からは車で15分ほどで着くと思います

そして芥屋の大門公園に着いたら隣接する駐車場に車を停めます

ちなみに駐車場は無料です

その後ほとんどの人は駐車場から北側に歩いて海岸まで行きます

そして海岸にある鳥居のところから芥屋の大門を眺めています

その鳥居のところから展望台に上れる道があるのでそこを上ると道が二手に分かれます

右へ進むと展望台

左へ進みと黒磯海岸です

そして左へ進んで下っていくとこの写真の場所に着きます

しかしこの方法でこの黒磯海岸へ行くと駐車場から10分近くかかってしまいます

なのでこの写真の風景への最短は駐車場から真逆に歩きます

その駐車場の一番西側の端に行くと人がひとり歩けるほどの山道の階段があります

その階段を上って約1分ほど進むとこの写真の風景の場所に出られます

あっという間に着くのですが意外とみんな知らないです

せっかくなので芥屋の大門公園へ行ったら是非その道を通って黒磯海岸へ出てみましょう

天気がいい日はすごく爽やかな気分になれますし、夕暮れ時は綺麗な夕日が望めます

是非行かれることをオススメします

それではまた

location:福岡県糸島市志摩芥屋

ブログ開始から40日目

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

写真の海岸は志摩野北の海岸です

ここ野北の海岸通りはロンドンバスカフェで有名なジェラート屋さんがあるところ

その海岸通りを西に向かって走っていくとこの写真の海岸が見えてきます

福岡方面からロンドンバスカフェを目指して車を走らせてジェラートだけ食べて福岡方面へ戻るのは非常にもったいない

そのままロンドンバスカフェを西に車を走らせると綺麗な海岸通りが見えてくるので是非そこまで走って海を見たほうがいいです

ここ野北の海岸も春から夏にかけて海の青さが増してきます

無条件に綺麗なのでこちらへお越しの際は是非見ていってください

そしてブログを始めて今日で40日目です

いまだにアクセスは毎日ごくわずか(笑)

今までのPV数は1,640

一日に平均して41PVしか見られていません

まだ始めてから1ヶ月ちょっとですのでこれだけしかアクセスがないのは想定内です

そして観てくれているのはどうやら海外の人のようです

日本人にはほとんど見られていないようなので全然ネット検索も上位に出てきていないんだと思います

いろいろとブログ開始時の状況をネットで調べているとスタート時はボクと同じようにほとんど見られていないのは当たり前のようです

ここでほとんどの人が全然見られないからブログを書くことを断念するらしく全体で8割以上の人がやめるらしい

ただここから書き続けないと検索上位には出てこないのでボクは誰一人見てくれ手ない状況でもずっと書き続けます

書き続けるというより写真を見て欲しいから続けます

それではまた

糸島 芥屋の大門公園の森

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今回は芥屋の大門公園から黒磯海岸へ行く道を紹介します

芥屋の大門公園から森の中へ行ける小道があります

芥屋の大門公園の駐車場に車を停めて北に向かって歩いていくと小さな広場があり、そこを通り過ぎると大祖神社という神社があります

さらにそこを通り過ぎると先の方に海に面した鳥居があります

鳥居をくぐって目の前に広がる海はなかなかのものです

なんとなく「ここに神様いるなぁ~」と思ってします風景です

コンクリートで出来た段々の岸壁から下に下りていくことも出来るけど波が高い時が多いから要注意

そして前に人から教えてもらったのですが海岸にある石は神様が宿っているから絶対に持ち帰ってはいけないそう

持って帰ったらどうなるかは聞いてないけど(笑)

そんでもってちょっと話は戻ります

その海岸に面した鳥居の手前から左の山を眺めると森の入り口が見えてきます

そこの入り口から森の道のスタート

その入り口から見た風景はまるでトトロの森のような雰囲気です

ちなみにこの写真がその入り口から見た眺めではありません

その森の入り口から道を登っていくと途中で分かれ道があります

その分かれ道で上に登るルートへ行くと展望台に行けます

下へ下る道に進むと黒磯海岸と呼ばれている海岸に出ます

その海岸へ行く途中で撮った写真がこの写真です

この写真のような道が海岸まで続いており神秘的な森の中を歩きながら海岸まで進んでいきます

その道を下りきったところが黒磯海岸

黒磯海岸は名前の通り黒い石が海岸を埋め尽くしており砂浜とは違った海岸の風景を見ることができます

そして海岸からは芥屋の大門を横から眺めるように見えて天気がいい日はとても清々しい

それと波が一年を通して非常に高く荒々しい海を見れます

前に台風が接近しているときにその黒磯海岸へ行ったことがあるのですが、すごく波が高くて飲み込まれたら助からないと思ったほど荒れます

できるだけ台風の時は黒磯海岸へは行かないほうがいいと思います

それと書き忘れましたがこの芥屋の大門の森を歩くとき天気がいい日は大丈夫ですが雨上がりのときは靴が赤茶色の土でドロドロになるので汚れていい靴で言ったほうがいい

赤茶色の土がたくさん付いたまま車に戻りそのまま乗るとフロアマットが真っ茶っ茶になるのでご注意を

是非この芥屋の大門の森はおすすめスポットですので行ってみてください

それではまた~

ブログ始めました

location:福岡県糸島市志摩芥屋

明けましておめでとうございます。

インスタグラムで福岡市の西隣にある「糸島市」という小さな町を紹介していますが、このたびブログを開設して紹介していくようにしました。

インスタグラムともどもどうぞよろしくお願いします。