父上の焼きそば

location:福岡県糸島市志摩桜井

糸島からお届けしています

この写真の海は志摩桜井の海岸通りから撮影しました

夏が終わっても綺麗な青い海はまだ健在です

夏に比べてこれからの季節は少し青さが減るけどまだまだ青いです

これからも青い海を撮りに行こう

そして今日は父上の焼きそばの話です

いきなりですが海でのBBQを観るとあることを思い出します

それは「焼きそば」です

ボクがまだ小学生だったころ父親の会社のイベントで海でBBQをしたことがありました

大きなテントにゴザ敷いて結構な人数でワイワイしてたの覚えてます

そのBBQ中に父親から「ケンイチ、焼きそば食うか?」と聞かれました

もちろん「うん」です

少しして手渡されたのか「日清焼きそばUFO」でした

驚きました

でも何が驚いたかと言うとBBQの鉄板で作った焼きそばと思ってたからではなく、UFOを食べるのが初めてだったのです

一口食べると衝撃が走りました

「なんじゃこのめちゃくちゃ上手いのは」

母親が作ってくれた焼きそばとは全く違う新鮮でスパイシーでとにかくめちゃくちゃ上手かった

その後、小学生のとき土曜日は半日で学校が終わるから母親に「UFO買ってきて」と頼んでお昼にUFOを作りました

そしたら何故かボクが作るとクソまずい

「なんでこんなに味が違うのかな??」と言うくらいクソまずい

その翌週も母親に頼んで土曜日のお昼ごはんはUFOにしてもらって作って食べたけど、やっぱりクソまずい

なんであの時はあんなに美味しかったのか理解出来なかったです

そして父親に「あの時みたいに焼きそばが美味しくならん」と相談したら父親が作ってくれました

そして一口食べたら「あの味やぁ」

この美味い作りかたを聞いたら美味さの秘訣がわかりました

父親は普通にUFOを作っただけということ

ボクはカップに熱湯を線まで入れて「ソースをかけて」3分後にお湯を捨ててました

それを食べてたのです

当然クソまずいUFOというより味がない薄~いソースの麺の食べ物です

ボクはバカだからちゃんと作り方も読まずに適当に作ってたからでした

今では少し賢くなったので美味しくUFO食べてます

そして友達から教えてもらった「UFOにカツオ節パックの全部かけ」が最高に美味いです

ダマされたと思って是非お試しを

そしてこれが父上の焼きそばの話です

それではまた

気になるお部屋

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家の海岸からの撮影です

秋になるにつれここの海岸での夕暮れは太陽の角度がイイ感じになってます

ここの海岸はこの角度からの眺めが一番好きです

そしてまた話は変わりますが

昨日久しぶりにちょっと怖いことありました

会社であるサンプルが必要になりサンプル保管室という部屋に取りに行くことになりました

そのサンプル保管室という部屋が実は前からあまり好きじゃない部屋です

サンプル保管室なのに何故か洗濯機がおいてある部屋なのですが

その部屋に行くときにいつも嫌な感じがするけど実際に何かあった訳ではないんです

そしてサンプル保管室に行きサンプルを入れているダンボール数個をしゃがんでゴソゴソあさっていました

お目当てのサンプルを見つけて「おっ、みっけ」と思った瞬間ボクの腰のあたりを後ろから誰かに両手でピタッと触られた感じがしました

「えっ」と思ったのですが振り向くのがちょっと怖かったので振り向かず手で後ろをフリフリフリフリとしました

もちろんそこには誰もいません

でもまた腰を触られている感覚が残っています

勇気を出して「えいっ」と後ろを見ました

だけどやっぱりそこには誰も居ません

そして後ろを見る時に立ち上がった瞬間、腰に感じた手で触られた感覚が無くなっていました

「やっぱり気のせいだったのかなぁ」と思いサンプルを持ってその部屋を出ていこうとしました

それから部屋を出るときに部屋の照明のスイッチを切った瞬間に洗濯機をグーでたたくような音がしたんです

「ドンドン」←こんな感じ

「えっ」と思って部屋の照明を付けて洗濯機を見たけど何も変わった様子はありません

怖くなって「早よ戻ろ~」と思いまた照明のスイッチを切った瞬間、部屋の奥の方で鈴が床に落ちたような音がしたんです

「カリ~ン」←うまく表現できないけどこんな感じ

それからめちゃ怖くなって急いで事務所に戻りました

事務所に戻って部下に「サンプル保管庫になんかおる~~」と言ったら見に行ってくれました

しばらくして部下が戻ってきて「何も変わった感じは無かったですよ~」とのこと

でも確かにドンドンとカリ~ンが聞こえたんです

これからあの部屋にはちょっと行きたくないです

あれは一体なんだったんだろう

オバケを見たわけではないけどめちゃ怖かったです

それではまた

かみ合わない

location:福岡県糸島市雷山

糸島からお届けしています

先日雷山に紅葉の偵察に行ってきました

まだまだ紅葉は先のようです

そして話は変わりますが

先日奥様と娘様と福岡のパスタ屋さんの話をしてました

そのパスタ屋さんの「○○がすごく美味しい」とか、「ボクは○○がすごく美味しかったから次に行ってもまたそれを食べたい」などと話していました

その話しからパスタ屋さんの系列のお店の話になってボクが「系列のお店が空港の近くにもあったよ」と話しました

するとその場に一緒に居た母上が「あった、あった」と言うんです

ボクは「母上もそのお店知ってるのかなぁ~」と思いました

そのまま「空港の近くにあるよなぁ~」と話し出そうとした時に母上の方を見た瞬間、会話がかみ合ってないことに気づきました

ボクが「空港の近くにあった」と話した後いかにもその話で母上が「あった、あった」と言ったと思いました

でも違ってて母上はワールドカップバレーを観ててボクの会話にタイミングよくタッチネットが「あった、あった」と独り言を言ってただけでした

その後、母上に「なんや~パスタ屋さんじゃないんかい」と話すと母上は「パスタ屋さん?何が?」とのこと

ボクが「あったってパスタ屋さんのことかと思ったの」と話すと母上は「いや、タッチネット絶対あったって」とのこと

ボクが勘違いしたことを話しても全くかみ合いません

いつもこんな感じです

まるで外人です

それではまた

検証失敗でした

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

ここ最近日が沈むのが急に早くなった気がします

実際には急にじゃなく同じペースで早くなったのだろうけど

なんとなく秋を感じます

そして今朝ネットニュースを観てたら「301円問題」というのが取り上げられてました

どういうことかというとセブンイレブンの税率計算方法の変更で不思議な現象が起きているそうです

今までは税込価格の合計がレジの価格になっていたのですが今月16日から税抜き価格の合計に消費税を加算しレジの価格になるそうです

そのことでニュースに上がっていたのは例えばセブンイレブンのアイスコーヒーSサイズが100円で1本買えば100円だけど3本買うと税率計算上301円になるらしい

税込み100円を税抜きに戻して3本合計し8%分の税を足すと301円になっちゃうそうなんです

正直納得いかない計算方法なのですが

そこでどうしても本当にそうなるのか検証したくなりました

用事があって外出するときにセブンイレブンのアイスコーヒー飲むのも久しぶりだし検証しようと思いました

昼食後に外出しセブンイレブンに寄ってアイスコーヒーSサイズを3本持ってレジに並びました

ワクワク、ワクワク

そして小銭が無かったので千円札と一円玉持って待ちました

ボクのレジの番になりました

ワクワクの結果、レジのお姉さんから告げられた価格は「324円になります」でした

えっなんで

そこで冷凍カップを手にしちゃってるし、やっぱりいりませんとは言えず

千円札で324円払いました

そして大量の小銭でおつりがジャラジャラ

ガ~ン

その後車に戻りネットでアイスコーヒーのことを調べてみたら四国、九州、北海道は7月1日から税込み100円が108円に値上げしているらしい

なんじゃそりゃ~

ボクはいったい何がしたかったんじゃ~

多分あのネットニュースの記事書いたのは東京の人のような

九州は100円で買えんのよ~

その後車にカップホルダーが2個しかないことにも気づきオーマイゴット

そして301円問題の検証もできず、このコーヒーどうするん

1本だけずっと持っとくのもと思い一気に1本飲み干しました

お昼ごはん後ということもありお腹はパンパンです

でも後2本残ってる

会社に戻るまではまだ時間あるから会社の誰かにあげたいけど氷が全部溶けてしゃびしゃびになっちゃうし

知らない人に「よかったらどうそ」とあげても不審者と思われそうだし

しゃびしゃびになる前に結果3本飲み干しました

結果301円問題の検証も出来ず単純に108円のコーヒーを3本買って一気飲みしただけ

どうせ一気飲みするなら301円問題の検証してしたかったな~

ということで九州のコーヒーは8円高いのとボクはやっぱりバカだということが分った日でした

それではまた

いまだに気にする都市伝説

location:福岡県糸島市志摩野北

糸島からお届けしています

今日の写真は野北海岸から撮影した風景です

ここも裏切らない夕暮れスポット

撮影に行くと誰か必ずガッツリとカメラ機材持って撮影に来ています

ボクはかなり軽装で行くので差が激しいです

そして今日は、いまだに気にしている都市伝説の話です

子どもの頃の話です

まだ小学生だった時に、いとこの兄ちゃんから言われて気をつけていることがあります

それは「ガムを飲み込むな」から始まった話です

子どもの頃よく週末に母方のおばあちゃんの家に泊まりに行ってました

ボクの母は6人姉妹でその子どもたち、つまり「いとこ」がその時に集まりよく遊んだのを覚えています

ある日ガムを食べながら遊んでいたら思わず飲み込んでしまったことがありました

いとこの兄ちゃんに「ガム飲み込んじゃった」と言うと恐ろしいことを教えてくれました

「ガムを10回飲み込んだら死ぬ」と言われました

いとこの兄ちゃんが言うには「ガムを飲み込んだら心臓にくっ付いて10個分のガムでちょうど心臓が動かなくなる」ということでした

その話を聞くまでにおそらく10個近くは飲み込んだ記憶があったから、さっき飲み込んだのが最後の「とどめのガム??」だったかもしれない

心臓にガムがくっ付いたらすぐ死ぬのか聞いたら「夜寝てる間に心臓が固まる」らしいです

いとこの兄ちゃんには「さっきので10個かもしれない」と話しました

いとこの兄ちゃんは今までに5個くらい飲んだらしいからまだセーフです

でもボクは今日の夜で終わりのようです

それからみんなで遊んで、いとこ達から沢山の最後のさよならのお菓子をもらいました

ご飯食べて、お風呂に入ってとうとう寝る時間がやってきました

食べきれなかったお菓子は全部弟にあげました

いとこ達や親や弟や親戚達ともさよならです

寝たら死ぬと思って必死に起きていたけど、いつの間にか寝てしまっていました

そして翌朝になって目が覚めると無事に生きてます

生きてる事をいとこの兄ちゃんに話しに行くと「たまにガムが心臓にくっ付かんで、うんことして出てくることがある」らしい

たぶん今までのが9個心臓にくっ付いて昨日のガムは素通りしたのではないかとのことでした

それから大人になるまで何度かガムを飲み込んだけど全部心臓にくっ付かず素通りしているようです

でもあと1個心臓にガムがくっ付いたら死んじゃうので飲み込まないように気をつけて生きています

それではまた

絶滅危惧種の人

location:福岡県糸島市加布里

糸島からお届けしています

今日の写真は加布里漁港からの撮影です

この日は気温が高かったけど結構風がありその風がとても気持ちのイイ日でした

そして今日は大事にしたい絶滅危惧種の話です

先日知り合いの年配の人から聞いたのですがレトルトカレーの定番「ボンカレー」の姉妹品があったと言ってました

その姉妹品の名前が「ボンシチュー」

「ウソやろ~」と思いましたがその話を聞いて後からネットで検索してみたらホントに昔あったようです

その人は前からいろんな昔あった商品のこととかを話してくれて聞いてて面白いです

ただその人は趣味なのか分らないけど普段の会話にしょっちゅうダジャレを入れてきます

要するにオヤジギャグです

「そんなことはあたり前田のクラッカー」というのは今までに100回以上聞いてます

「電話しても誰もでんわ」もたまに言います

「そんなバナナ」は常に言ってます

そんな中でその人から始めて聞いたのが出ました

それは「なんちゅうか、本中華」です

何か聞き覚えがあったので聞いてみたら本中華という袋ラーメンのCMのフレーズで言葉の意味は無いらしいです

ボクが子どもの頃聞いた記憶があるけどCMの映像が頭に出てきませんでした

そんな変なダジャレを言うおじさんが前はそこら中にいたけど最近は少なくなりました

なのでその知人は昔の商品を教えてくれて今でもオヤジギャグを使う希少な存在です

絶滅危惧種です

大事にしなければ

それではまた

iphoneの機能

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は福の浦の海岸から撮影しました

こんな爽やかな風景を観ると写真撮りたくてたまらなくなってしまいます

久しぶりに天気がスカッとして穏やかな波で海が青くなるタイミングをゲットできました

これからの季節こんな感じの風景がなかなか観れなくなってしまうんですよね~

そして今日はiphoneの意外と知ってたら便利な機能の話です

今回はメールなどで文章を書いているときに意外と役立つ文字を挿入するときに楽に挿入できる話です

ボクはインスタのキャプションを書く時ほとんどがパソコンであらかたの文章を書いてスマホにメールで飛ばしてスマホで文章の微修正をしてキャプションを書いています

その時に文字と文字の間に「この言葉を追記しよ~」と思うことがしばしば

その時は書いている文章の挿入したい文字を指先で長押ししてカーソルを移動させて追記します

これがまたやり難い

上手く思っている文字と文字の間にカーソルが言ってくれなかったり、自分の指で挿入する文字の場所が隠れてやりにくかったりします

そんな時にこの機能を使うと結構楽チンに挿入できます

やり方は文字を打っているときに薄いグレーの文字入力キーボードが立ち上がっていると思います

そして書いている文章の言葉を挿入したい場所の近くのどこでもいいのでカーソルを指でタップして移動させておきます

その状態で先ほどの薄いグレーの文字入力キーボードの一番下のほうにグレーの何も使われていない余白のようなところがあると思います

そこを親指でぐっと押し込むんですよ

すると文字入力キーボードの文字が消えます

そのまま押し込んだ親指を左右上下にスライドさせると先ほどのカーソルが簡単に移動できるんです

その状態で文字と文字の間にカーソルを移動させれば簡単に目的の場所に挿入するカーソルが動かせます

しかも指で文字が隠れないから見やすいです

ボクはこの機能を頻繁に使っています

もちろんインスタのキャプションだけじゃなくメールを打っているときにも使えますので是非お試しを

それではまた

救急車のやりとり

location:福岡県糸島市二丈鹿家

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈鹿家にある二丈パーキングエリアから撮影しました

ここはサーフスポットで有名なのですが風がある日はウィンドサーファーもやってきます

観ててすごく気持ちイイ

サーフィンとはまた違った写真も撮れてイイ感じです

そして話は変わりますが、通勤中の出来事です

車を運転中に遠くのほうで救急車のサイレンが聞こえてきました

そのサイレンはどんどんボクの方に迫ってきているようでした

そしてミラーで後ろを見ると赤いピカピカが近づいてきています

その時ボクは車が離合出来ないくらい細い一方通行の橋の上で信号待ち

しかもその橋でボクの前に20台ほど信号待ちをしていてボクは最後尾でした■ついにボクの真後ろに救急車がピタリと停まりました

大音量でピーポーピーポーと鳴りながら真後ろにいます

「ゲゲゲ~、ボクが車を端に寄せても救急車通れんや~ん、何でこの救急車はここを通ろうとする~」と思いました

どうすることも出来なくて微妙に気まずい感じに

するとボクの前に並んでいる車がみんな一応少しだけ車を端に寄せ始めました

救急車が全く通れないのに

「一応気持ちだけ端に寄せとくね~」って感じです

ボクも気持ちだけ端に寄せました

救急車は絶対通れないのに

ボクも含めて信号待ちしている車みんな気まずい感じだったと思います

すると救急車自身も気まずい感じになったのかサイレンの音量をめちゃ小さくしました

小さい音でピ~ポ~ピ~ポ~と鳴ってます

何故だかひ弱な音でイ~ノ~イ~ノ~って聞こえます

そして信号が青に変わったのですが先頭の車は「救急車が来てるみたいだから端に寄せて停まっておかねば!」という感じでじっとしてます

なので青信号なのに全く進まず更に気まずい感じに

並んでいる車が何も動かない訳にもいかないと思ったのか更に端に寄せ始めました

全く救急車が通れないのに

すると救急車がスピーカーで「端に寄せなくていいから進んでくださ~い!」と言い出しました

先頭車にまで聞こえていないようでまだ端に寄せてじっとしてます

救急車は聞こえるように更にでかい声で「端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!端に~寄せなくて~いいから~進んでくださ~い!」と連呼してます

それもボクの真後ろで大音量スピーカーで叫んでいるので鼓膜がやぶれそう

この状況で不謹慎ですがボクは車の中でこのやり取りに大爆笑してました

その後やっと先頭の車に状況が伝わって前に進み出し橋を渡り終えました

救急車はそれから猛ダッシュでボク達を抜き去り消えていきました

そのどうすることも出来ない状況で社交辞令的にみんなが端に寄せたのに、その社交辞令を蹴り飛ばすかのような救急車の「端に寄せなくていい」という言葉があまりにおかしくて

今朝の救急車よ~面白すぎるぞ~

それではまた

ガンプラ発見

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

糸島もとうとう稲刈り始まりました

新米の季節です

そして話は変わりますが、数日前に会社であることに気づきました

うちの会社の人がどうやらこそっとガンダムのプラモデルを机で作っているようです

数日前その人の机の前を通ったらガンダムのプラモデルらしき腕だけがパソコンのモニターの横にちょこんと置いてありました

まじまじと見るのも悪いなぁ~と思って通るときに一瞬だけガン見して通り過ぎているんです

そして今日それがガンダムのプラモデルと分りました

ガンダムに出てくる「ゲルググ」の顔が今日はパソコンの横にちょこんと置いてあったので確信しました

それもシャーが乗ってた赤いやつ

たぶんパーツの精密さからマスターグレードというクラスのプラモデルと思います

そのマスターグレードのガンダムのプラモデルは「素組み」といってボンドで接着しなくて作れるから会社の机で時間見つけてちょこっとずつ作るのにはもってこいかもしれない

その人はボクの部下なんだけどこそっとちょこっとずつ作っているところがまた可愛い

そんなことで怒るつもりもないし「息抜きにどんどんこそっとやっちゃって」って感じです

たぶんあのペースでは完成までに1ヶ月ほどかかると思います

昔ボクもガンダムのプラモデルを家で作って飾ってました

それも普通にガンダムのプラモデルを作ってリビングに飾っていたら、いかにもオモチャが飾ってあるようになるので全部のパーツをつや消し黒に塗装してました

そしたらガンダムのプラモデルでも真っ黒なオブジェのように見えてオモチャっぽく見えないんです

それを何体かリビングに飾っていました

奥様がリビングの掃除をするたびにパーツがぽろっと取れて無くなってを繰り返して、最後は原形をとどめなくてガンダムじゃなくなっちゃいましたけど

そんな感じでボクも作ったことあるから今のペースならどれくらいで完成するかおおよそ分ります

そろそろ完成するころになったらこそっと「こそっと見せて」と言って見せてもらおうと思います

カッコよく出来てたらいいなぁ~

それではまた

iphoneの設定は計画的に

location:福岡県糸島市二丈吉井

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈吉井の海岸沿いから撮影しました

岩場での撮影は一年ほど前に落っこちて血だらけになった経験があるので怖い

気をつけなければ

そして前にボクのiphoneの言語設定をベトナム語にしたら元に戻せず大変なことになったということを書きました

その後、ボクをはるかに上回る大変なことになった人の話です

先日取引先の人が新年のあいさつに大阪から来社してくれました

まあ「おひさしぶり」から始まり「ここ最近はどうだったか」などの話をして、ふとした話の流れからボクがiphoneの言語設定をベトナム語に好奇心で変えてみたら全部ベトナム語になって戻すのに苦労したという話しになったりしました

そしてボクが「変更するのに画面をタップしていった順番や場所を覚えておけばよかった」と言ってしまったことがきっかけで大変なことになりました

そんな他愛もない話を1時間くらいして取引先の人は帰って行ったのですが、その後とんでもないことになっているなど知る由もなく

その人はボクの会社から空港へ向かうタクシーの中でボクの言葉を真に受けて言語を変更する順番をメモしながら、なんと「ヘブライ語」という言葉に変更してみたらしいです(アホです)

そしてタクシーが空港につきタクシー代を払ったり領収書をもらったりしているうちにiphoneの画面がスリープ状態で真っ暗になり、画面を立ち上げたら訳が分からなくなって「えっ!」となってしまったそうです

しかもヘブライ語はベトナム語よりもっと文字に見えないほぼ「記号」みたいな文字らしいです

空港で元に戻そうと思っても何がどこにかいてあるか分からず、メモしたことも役に立たず、どうすることも出来なかったらしいです

「ここで焦ってもしょうがない」と大阪についてゆっくり戻そうと思ったらしく一度冷静になったそうです

その直後に「オーマイギャー~~~~」iphoneを使って航空チケットの予約確認や座席の確認をしたりiphoneを端末にかざして搭乗したりiphoneが必須ということに気づいたらしい

その後はもうとんでもないパニック状態で真冬なのに汗だくになるわ、手は震えるは、時間ばかり気になるわ、顔面蒼白だったらしいです

「神様ヘルプ、神様ヘルプ、神様ヘルプ、神様ヘルプ、神様ヘルプ、神様ヘルプ、ヘルプ、ヘルプ、ヘルプ、ヘルプ……………ヘーループーミー」こんな感じだったみたいです

そして搭乗手続きのタイムリミットが迫ってきたので自己修復は無理と判断し航空会社の受付に助けを求めたらしいです

すると航空会社の人も「なんじゃこりゃ~」って顔で相当焦ったらしくiphoneの周りにたくさん係員が集まってきて今度はどんどん恥ずかしくなって泣く寸前までいったらしい

結局ヘブライ語なんて分かる人はおらず身分証明などをして何とか搭乗は出来たらしいです

手続きが終わって航空会社の人に「どうしてこうなったんですか?」と聞かれて「iPhoneをヘブライ語で埋めてみたかった」とホントに言ったとのことでした

言語設定を変えてみたかった理由がボクと全く同じでお互いバカ丸出しです

10年以上も仲良くしてたら似てくるんですかね

それよりもそう言われた航空会社の人の顔を見てみたかったなぁ

心の中で「コイツ本物のアホや??」って思ったでしょうね

ということで、何か変わったことをするときのiphoneのご利用は計画的に

それではまた