事前告知は大事だ

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

糸島では定番の夕暮れスポット福の浦海岸から撮影しました

一年を通してここの海岸からの夕暮れはハズレなしです

一番糸島では安定した夕暮れが観れる所と思います

話は変わりますが

今日は「事前告知」は大事だという話です

ボクがまだ20代だったころ先輩とお酒を呑んでいるときに先輩から「この後カラオケに行かないか?」と誘われました

後輩のボクからの返事は「OH YES」のみです

選択肢はありません

そして先輩に連れて行ってもらったのは個室のカラオケ店ではなくてステージがあって人前で歌わなければならないお店でした

「うぁ、マジか」と思いましたが先輩に連れてきてもらったので文句も言えず

お店に入った瞬間やたらと盛り上がっていると感じました

店内は少し暗い雰囲気で先輩とボクは席に着き飲み物を頼んで先輩は曲を選び始めました

先輩は矢沢永吉の大ファンでいつもカラオケは永ちゃんです

そしてその時ももちろん矢沢永吉

ただボクは矢沢永吉の曲をほとんど知らなくて何を選曲したかは分かりません

そして先輩が歌い始めると他のお客さんがすごくノリノリで掛け声かけたりしてるんです

その時は「すごくノリがいいお客さんなんだなぁ~」と思いました

その後で他の人がステージに立って歌い始めると同じようにお客さんがノリノリになってます

何となくお客さんの一体感を感じて「すごいお店を先輩は知っているんだなぁ~」と思いました

すると先輩から「お前も歌え」と言われて適当に選曲しました

ボクが選曲したのは今でも忘れはしないSMAPの「青いイナズマ」です

しばらくして青いイナズマが流れ始めたので先輩に「ボク行ってきま~す」とステージに上がりました

そしてお客さんの席の方へ振り返った瞬間ボクはやってはいけないことをしていると一瞬で悟りました

お店が暗かったのでお客さんが今までよく見えなかったのですがステージからはすごくよく見えます

そして見えたのはお客さんが全員「矢沢永吉」なんです

後で先輩に聞いたのですがそのお店は永ちゃんファンが集まるカラオケ店で夜な夜な永ちゃんの歌でみんなが盛り上がっているところでした

ボクは矢沢永吉の曲を知らないのでみんながずっと矢沢永吉の曲を歌っているとは知らなかった~

それをステージに上がった瞬間に悟って青いイナズマを途中で止めれず根性で歌い上げてやりました

歌っている間は拍手や手拍子は無し

掛け声ももちろん無し

あるのは殺気立った冷ややかな視線とボクは完全に無視された状態でそれぞれ会話していました

正直死ぬかと思った

曲が終わり席に戻って先輩に「前もって矢沢永吉ファンのお店って教えてくださいよ~」と言うと先輩は「気にせんでいいよ」とのことでした

「この状況で気にしないなんてボクには無理~」と思ってその後は貝になりました

やっぱりどんなお店かの事前告知って大事です

それではまた

最高のご褒美

location:福岡県糸島市二丈福井

糸島からお届けしています

今日の写真は二丈福井の海岸から撮影しました

ここの海岸を下りるとカッコイイ岩がごろごろしてていい風景です

たまに釣りをしてる人がいるけどほとんど人がいないからのんびりするにはいい場所

また見に行ってきます

そして話は変わりますが

今日はお仕事で海外企業の査察がありました

一日中あったのでめっちゃ疲れた~

一生懸命対応してプレゼンテーションしたおかげで海外との取引が進みそうでよかった

アメリカとの取引は既にあったのですが今度はブラジルと取引できそうです

そして今日帰宅して奥様に「新規でブラジルの企業と取引できることになったよ」と話すとすごく喜んでくれました

仕事の内容はほとんど話してないけど無条件に喜んでくれるんです

前に読んだ本にあったのですが「ボクの喜びを自分自身の喜びと感じてくれる人、ボクの悲しみを自分自身の悲しみと感じてくれる人」それがよき伴侶だ

そんなことを読んで納得してたことが感じられました

今日は仕事で新規の取引が始まることより奥様が自分自身の喜びと感じて喜んでくれたことが嬉しかったです

また明日も頑張ろうと思いました

もの凄く疲れたけど最高のご褒美をもらえました

それではまた

だんだん夏色に

location:福岡県糸島市志摩新町

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩新町の海岸沿いから撮影しました

海がだんだん夏色になってきました

この色になるのを待っていた~

冬とは全く違う色なんです

あとは草木が緑でいっぱいになったら完璧だ~

今日はちょっと短いですがこの辺で

それではまた~

ノートルダム大聖堂が~

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は福の浦の海岸通りから眺めた夕暮れです

いきなり話は変わりますが

今朝目が覚めて何気にスマホを見たらインスタにDMが来ているマークが付いてました

DMを送ってもらうことはちょくちょくあるのですが、いつも出勤前は何かと忙しいので朝の準備が終わって落ち着いてから読ませてもらってます

だけど今日に限って何故か朝目覚めてからすぐにDMを見ました

そしたら何とノートルダム大聖堂が火事になっているニュースをフォロワーさんが添付してくれてました

最初は「どこかでテロ事件でもあったのかなぁ」と思って内容を見てみると「ぎょえ~ノートルダム大聖堂が燃えてる~」

ビックリでした

その後すぐにテレビを見たら朝の情報番組で速報してるのを見た時から相当ショックを受けました

ボクはノートルダム寺院のことは特別詳しいわけでもないし、めちゃ興味を持っているわけでもないです

ただ歴史的建造物が火事で燃えているとなると話は別でテレビを見ながら約1000年ほど前に建てられたものが燃えて無くなることにショックを感じました

それからネットニュースを読んでいたらノートルダム大聖堂の中央にある高さ96メートルの尖塔(せんとう)という先がとんがった塔の改修工事が昨日始まったばかりだったみたいです

その尖塔を改修するために9ヶ月も前から足場を取り付けていたらしくすごくスケールの大きな工事です

本来は尖塔を後世に残すための改修工事があっという間に燃えてポキッと折れて無くなっちゃいました

1000年前の建物があっという間にです

フランスも再建するということですが出来上がった尖塔は見た目は似ているかもしれないけど1000年前から残されているものとは歴史が違います

他にも世界中に歴史的建造物はたくさんあるけど火事などで焼け落ちることなど無いことを祈りたいです

それではまた

いわしみず

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

今日の写真は福の浦海岸から撮影しました

4月に入ってから海の青さが増してきました

ここの海は特に青く見えて海の色のグラデーションがすごく綺麗です

夏場は空が青くなるにつれ海も青さを増すのでこれからが楽しみです

そして話は変わりますが

今日会社で昔うちの会社で働いてたパートのおばちゃんの話になりました

そのパートのおばちゃんは、とにかく世話焼きでした

ボクが若いころお世話になったパートのおばちゃんで今頃はもう70歳くらいになってると思います

すごく世話焼きなおばちゃんで「もうウザイ」というくらいでした

ボクに子どもが生まれたときもあれやらこれやら自分の孫でも出来たかのようにいろんなものを買ってきてくれたりしました

今から20年ほど前のことですが仕事が忙しくて休めない状況の時に熱を出して具合が悪い中で仕事をしていたことがありました

そのパートのおばちゃんは、そんなボクを見て「大丈夫ね、大丈夫ね」と声をかけてくれました

そしてお昼休みにちょっと机で寝とこうと思ったらまたパートのおばちゃんが声をかけてくれました

「今からお昼休みでスーパーに行くけど何か欲しいものはないね?」と尋ねてくれました

せっかく気を使ってくれた訳だしさっぱりした飲み物をお願いすることにしました

当時さっぱりしてよく飲んでいたグリコの「高原の岩清水&レモン」という清涼飲料水がありボクはいつも「いわしみず」と呼んでいました

そしてそれをお願いしようと思い「いわしみずを買ってきて」とお願いしました

するとパートのおばちゃんはチャリに乗って買いに行ってくれました

少しして帰ってくると「ごめ~ん、いわしみずが無かった」と言ってあるものを手渡されました■それはリポビタンDと缶詰です

「えっ」と思って「これ何?」とパートのおばちゃんに聞くと「サバの水煮しか無かったんよ~、イワシ探したんだけどね~」と言われました

どうやらボクが言った「いわしみず」とは「イワシの水煮」と思ったらしく変わりにサバの水煮を買ってきてくれたようです

そのころのボクはガキだったのでせっかく買ってきてくれたのに「具合が悪いときに生臭い水煮なんか食べれるか」と言ってしまったのをすごく覚えてます

その時のパートのおばちゃんが悲しそうな顔をしたこともすごく覚えてます

すぐに「わざわざありがとな~」と言って水煮を受け取らなかったことに後悔してます

思いやりで世話を焼いてくれたのに、思いやりで返せなかった自分が情けなかったなぁ~

あれから約20年、どれだけ人に思いやりを持って接することが出来てるかなぁ~と思いました

今のボクなら「そうそう、これこれ、ってオイ~、これ水煮や~ん」と返せたかなぁ~

昔のことを思い出すとともに、思いやりの精神を思い直した一日でした

それではまた~

何をしようか考えただけの日

location:福岡県糸島市志摩桜井

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩桜井にある大口海岸からの撮影です

ここの防風柵を内側から撮ってみました

隙間から見える青い海もなかなかよろしいのじゃないかと

そして話は変わりますが

今日は朝から天気がイマイチで肌寒くてスカッとしない一日のスタートでした

今日は特に予定は無かったから天気が良ければ撮影に行ったり洗車したりすることも出来たけど天気がイマイチだとどちらもだめ

そして朝から「今日は何をしようかなぁ~」と考えてたらお昼前になったのでお昼ごはんを買いに行きました

その後帰ってきてお昼ごはんを食べて少ししたら雨まで降ってきちゃいました

「ありゃ~雨まで降ってきちゃった~」と思って更に何しようかなぁと考えたけど全く思いつかず...

そうしてたら夕方前になって奥様が買い物に行くのでボクが運転手と荷物持ちで着いていきました

そして帰ってきて更に何しようかなぁ~と考えてたら費も暮れてきたのでお風呂に入って「今日はなにしようかなぁ~」と考えたけど全く思いつかず...

その後晩御飯になって買ってもらったお刺身を食べながら晩酌してます

そして今も「今日は何しようかなぁ~」と考えながらテレビ見てお酒を呑んでます

ちなみに今日の鉄腕ダッシュは糸島が映ってます

寝るまであと数時間

さてさて今日は何をしようかなぁ~

残り時間が少なくて焦ってます

それではまた

相変わらず方言かわからない

location:福岡県糸島市志摩芥屋

糸島からお届けしています

昨日は東京から来たお客さんを接待するのに久しぶりに料亭で一席設けました

一部上場企業の重役を接待するので前からお世話になっている料亭で食事をしたのですが料理が出てくるタイミングが絶妙

部屋は個室でボクたちしかいないのにカメラで見てるかのようにタイミングよく食事が出てくるんです

そしてお酒もちょうど無くなる前にお酒の注文の確認に来てくれる

居酒屋のコースと出てくるタイミングがあまりにも違うので驚きました

やっぱり料亭って凄いです

そしてその接待の中の会話でボクが普通に使っている言葉が方言と思わず使ってることがありました

ボクによくあることで恥ずかしい

ちょうど小学校の入学式シーズンという会話で「新入生がランドセルからって行く」と言ったら東京のお客さんに通じなかったです

「からって」というのは標準語と思ってたら九州の方言だったみたい

こちらの方で「ランドセル背負う」ことを「ランドセルからう」と言うんです

他にも方言と思わず使っている言葉がボクにもあると思うけど今の時点では何が方言なのか分からない

方言を使って話すことは何も悪いことじゃないけどボクって田舎もんだなぁ~といつも思ってしまいます

ご愛嬌ということで

それではまた

もうそんな時期です

location:福岡県糸島市高祖

糸島からお届けしています

今日の写真は高祖の畑から撮影しました

こんな感じで畑の上にロープを張って鯉のぼりを泳がせる光景がいかにも糸島の田舎っぽいです

最近ではなかなか見ることも少なくなった鯉のぼりですがこの泳いでる光景を見るたびにいい気候になってきたと思います

もうそんな時期になってきました

今日はちょっと短いですがこの辺で

それではまた

ブラックホールかぁ~

location:福岡県糸島市前原

糸島からお届けしています

今日の写真は糸島市前原にある泉川の川沿いから撮影しました

普段はよく糸島の海を撮影するのですが今日の写真は川です

川も悪くないです

海と言われれば海にも見えるし(笑)

話は変わりますが

ブラックホールの撮影に成功とニュースで見て「お~なんかすごいなぁ~」と思ってブラックホールの画像を見ました

そしてブラックホールの画像を見た第一印象は「んっ?何これ」でした

世界で初めての出来事なのにすみません

黒いところにオレンジ色の光の輪みたいなのが写ってるけど、それがブラックホールなのかよく分りませんでした

実際にボクが想像してたのは黒い穴が開いていて色んなものが吸い込まれていく絵を想像してしまいました

アニメで見たのをそのまま想像してたボクはかなりバカです

また「強大な重力で光さえも外に出られない」という説明の意味が頭が良い人にしか理解できないようでボクには意味が分りません

言葉のとおりに頭の中で映像化してみるけど、どういう状況なのか想像ができないです

そういうことも含めて宇宙ってすごいなぁ~と思ってしまいます

いずれ人類も当たり前のように宇宙に行けるようになるんでしょうね~

ボクが生きている間にシャーが乗っていためっちゃ速い赤いザクが完成するのを期待してます

それではまた

季節はずれの極寒

location:福岡県糸島市志摩久家

糸島からお届けしています

今日の写真は志摩久家にある香月(かつけ)のバス停から撮影しました

ここのバス停は全編糸島でロケをした映画「糸」のロケ地にもなった場所です

ここへ行くと昔にタイムスリップしたかのようなのどかな雰囲気になります

糸島が田舎だなぁ~と思う瞬間に出会えます

そしていつもの如く話は変わりますが

昨日は関東地方すごく寒かったみたいです

東京のお客さんと電話で話しているときは「すごく寒くて雪が舞ってるよ~」と言ってました

他にも知り合いから送られた写真を見てたら車の外気温表示が4℃だったり、雪が積もっている風景だったり何かすごいことになってました

こちら福岡の方は天気がイマイチで気温もあまり上がらず肌寒かったです

でも気温が一桁にはならないなぁ~

関東の方は草花や虫とかたまらんでしょうね~

暖かくなったから花開いたけど雪が降り出して「お~い、なんじゃ~い、開いた花はどおするんや~」って怒ってると思います

虫はきっと「あ~もう無理」って土の中にもぐっていったと思います

4月に雪が降るのはちょっと勘弁して欲しい

やっぱりどんどん日本の気候が壊れてきている気がします

今年の夏はどうなることやら

それではまた